ティロ・フィナーレ

仕事も遊びも子育ても。ゆるく斜め上へ向かって楽しむ為のブログです。

『会話が続かない時には”豆知識”がとても良い仕事をしてくれる』という豆知識。

f:id:noritama77777:20180730140014j:plain

 

 

 

 

 

どっちかというと人見知りの部類に入ると思います。

友達あんまり多い方ではないし、意味の無い大人数での集まりには興味ないし。

でも共通点とか考え方とか、そういう部分でちょっと心を開くと一気に仲良くなってしまうのです。

傍からみてたらメンドクサイ人間だと思うけど今更変えられないし別にいいかなって。

 

スポンサーリンク

 

 

まあまあの大人になってからでも、初対面の人と打ち解けるまでの時間が苦手なのです。
なんていうか、お互いに探り合ってる感が分かってるクセに駆け引きをせざるをえないっていう空気。分かりますかね?
合コンで待ち合わせ場所からお店に入って乾杯するまでの変な空気、といったらなんとなくお分かりだろうか。
意識してるのにしてない風を装って、先に意識してる感じを出した方が負けてるみたいなアレ。

グイグイガツガツ質問攻めをして一気に距離を詰めてくる人、それはそれでスゴイなと思うけど。 ぼくはちょっとね。
それも実際は話の突破口を探しているのが理由のグイグイガツガツじゃないかなと。

意識し合ってる感がお互いに分かってる気まずさがマジで苦手なのです。

そういう気まずい時に突破口となるのが豆知識とか雑学とか。

どちらのデメリットにもならずにちょっと興味をそそられてしまう小ネタとか。

いくつか仕込んでおくとその後の会話がスムーズになる、って言う事を大人になってからの10数年で学んできたのです。

 

という事で、別に知らなきゃ知らないでいいけど、もしかしたら相手との距離感が少しだけ近づくかもしれない豆知識を集めてみました。

運が良ければ食いついてくるかもしれないけど、ボクの経験上そこから話がブワーって広がる確率は20パーくらい。
過度な期待はしない方がいいけど、その20パーにかけてみるのもいいのかもしれないです。

ここからの内容については諸説あるので、必ずしも学術的な見解ばかりではないという事をご了承頂きたい。

御使用にあたっては自己責任でヨロシクです。

 

「豆知識」の由来

f:id:noritama77777:20180626174724j:plain

http://www.tonoichiba.com/SHOP/mitinoku0010.html

まずは「豆知識」っていう言葉の由来から。

「豆の様に小さな知識」

ではなくって

うんちくを語りまくってた人のテーマが「豆」についてだったからみたい。

 

『SOS』の意味

f:id:noritama77777:20180625145348j:plain

「Save Our Ship」の頭文字から。

ではなくって。

単純に打電しやすく聴き取りやすいモールス信号の組み合わせがコレだったみたい。

 

「きのこの山」「たけのこの里」にはもう1つ仲間がいた

f:id:noritama77777:20180625145714j:plain

1987~1988年だけ発売されていた「すぎのこ村」がそれ。ぶっちゃけ、小枝に棒がついたみたいなヤツ。

ちなみにその後名前を変えて復活しているらしい。

f:id:noritama77777:20180625150230j:plain

http://mognavi.jp/food/82424

 ▲すぎのこ村の面影が全くないネーミングとして生まれ変わった....

 

「額」は顔の一部ではない

f:id:noritama77777:20180625150617j:plain

解剖学的には、額は「頭の一部」なのです。

額が広いという事は頭がデカいって事なのか。

 

『ウザいガキ』というのは仏教用語

f:id:noritama77777:20180625151106j:plain

漢字で書くと「有財餓鬼」

金があるのに欲の深い人間の事。

「守銭奴」って言われるのと同義。
確かにウザいわ、こういうヤツ。

 

硬貨の原価

f:id:noritama77777:20180626173302j:plain

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/02/news002.html

1円玉を1個作るのには3円かかる。

5円玉を1個作るのには7円かかる。

完全に原価割れ。

 

タバスコをろ過したら透明になるけど

f:id:noritama77777:20180626174114j:plain

タバスコの辛みの素は「カプサイシン」。
あの赤いのは唐辛子の色素。ろ過したら色素は取り除かれて無色透明になるんだけど、カプサイシンそのものは元々が透明なので辛さには変わりがないのです。

最近流行りの透明なコーラとか透明な紅茶とかも同じ原理なのです。

 

富士山の高さ

f:id:noritama77777:20180626174511j:plain

https://www.jalan.net/news/article/195843/

富士山の高さは毎年2cmずつ低くなっているそうです。

 

感情で涙の味が変わる

f:id:noritama77777:20180626175340p:plain

悔し涙や怒りの涙はしょっぱい。

感動とか嬉しい時の涙は量も多く流れるので薄い味らしい。

舐めたことないけど。

 

抜いた歯を預かってくれる銀行

f:id:noritama77777:20180626180227j:plain

後々老化や事故などで自分の歯を失った時の為に、抜いた歯を預かってくれる銀行(ティースバンク)なる物があるのです。

保険もきかないし費用もそれなりだけど、義歯とかインプラントじゃなくてあくまでも自分の歯で食事が出来るので興味と経済力がある方はゼヒ。

 

かき氷で「頭キーン」

f:id:noritama77777:20180626180358j:plain学問的な正式名称は「アイスクリーム頭痛」

かき氷だって言ってんのに。

 

くしゃみの速度

f:id:noritama77777:20180626182339j:plain

 平均時速は320km。

大谷の最速ストレートの2倍の早さ。
東北新幹線「はやぶさ」のMAXスピードと同じ。

このスピードでウィルス飛ばされたらたまったもんじゃない。

 

身体がブルっと震える現象の名前

f:id:noritama77777:20180627173525p:plain

正式名称は「シバリング」と言うらしいです。
「しばれるなあ」

 

寝落ちした時に「ビクッ」ってなる現象の名前

f:id:noritama77777:20180627173844j:plain

正式名称は「ジャーキング」と言うらしいです。

なんか必殺技みたいでカッコいい。

「くらえ!俺のジャーキング!」

「ビクっ」

なんだこの茶番。

 

人間の顔にはダニが住みついている

f:id:noritama77777:20180627174307j:plain

そのまんま「顔ダニ」って呼ばれています。

ニキビの原因になる可能性があるくらいで大した害はないみたい。

 

ニコチンが体内に摂取されると

f:id:noritama77777:20180627175358j:plain

「コチニン」という名前の物質に変わるのです。

コレは受動喫煙の検査の測定の目安になります。
絶対適当に付けた名前だと思う。

 

「目くそ鼻くそ」⇒大正解

f:id:noritama77777:20180627175634j:plain

目頭から入ったゴミが涙のうから鼻孔へいったら鼻くそになる。

 

一人では絶対に爆笑は出来ない

 

f:id:noritama77777:20180712130611j:plain

爆笑の本来の意味は「複数の人が突然声をあげて笑う事」なのです。
「昨日の夜布団の中でyoutubeの動画見てたら爆笑しちゃってさー」←お前は何人で布団に入ってたんだって話。

 

 カメは生まれた瞬間に性別が決定する

f:id:noritama77777:20180712131131j:plain

https://organics.exblog.jp/4370763/

 ”温度依存性決定”と言って、産卵して孵化するまでの間、その場所の温度によってオスかメスかが決定します。

  • 28℃以下の場合・・・オス
  • 28~29℃の場合・・・オス・メス両方。
  • 30℃以上の場合・・・メス

なんか人間でも似たような都市伝説あった気がする。
♂が勢いよく動いてたら男の子ができる、とかなんとか。

 

フラミンゴが片足立ちでいる本当の理由

f:id:noritama77777:20180712131437j:plain

 フラミンゴの血管てものすごく細くて血流があんまり良くないのです。
要するに身体が冷えやすい。
「両足水に浸かってると寒いから」片足で立っているんです。

水からでろよ、って思った。

 

サイコロで1~6までの目が出る確率は一定じゃない

f:id:noritama77777:20180712132037p:plain

https://illustmansion.com/school/teaching-material/dice

 特に昔ながらのサイコロに当てはまるんだけど、サイコロの目は本体を彫る事で表現しています。
だからそれぞれの面で彫られている量が違うので微妙に重心がズレていて。

理論的に一番出やすいのは「五」。
逆の面の彫られている分量が少ない程出やすいのだとか。
「一」じゃないのは、一の目を思い浮かべれば分かりますよね。

f:id:noritama77777:20180712132603p:plain

 

タイという国

f:id:noritama77777:20180712132737j:plain

https://www.thailandtravel.or.jp/about/outline/

 ヨメにタイの正式名称知ってる?っていきなりフラれまして。
ボクはドヤ顔で「タイ王国」って答えたんだけど、「ブブー!」って言った時のヨメのしてやったり顔が今でも忘れられません。

正解はコチラ。

「クルンテープマハナコーンアモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタナラーチャタニーブリーロム・ウドンラーチャニウチェットマハーサターン・アモーンラピーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット」

 絶対覚えない。

 

カラオケで接待モード

f:id:noritama77777:20180712133253j:plain

カラオケDAMの裏コマンドっていうのがいくつかありまして。

【決定版】カラオケのDAM/デンモクの裏技まとめ|隠しモード・裏コマンド一覧 | 節約情報塾

その中で「8000-02」と入れると必ず90点以上が出る接待モードになるのです。

 

「指圧マッサージ」

f:id:noritama77777:20180712133712j:plain

英語で言うと「shiatsu massage」

ちょっと巻き舌で言ってみたい。

 

「シャープペン」の由来

f:id:noritama77777:20180712134021j:plain

家電メーカーのシャープが発明したのでこういうネーミング。
確かに「目の付け所がシャープ」ではあったけれど、「シャーペン」って呼ばれてしまっているので既にシャープ感がなくなってしまっているという悲しみ。

 

エイプリルフール

f:id:noritama77777:20180712135237j:plain

堂々とウソを付ける4月1日。エイプリルフール。
正式には午前中だけらしいです。
昼過ぎになって、納期遅れが分かっているくせに「大丈夫です!納期絶対に間に合います!」って言ってたボクはただの嘘つきだった模様。

 

安全第一

f:id:noritama77777:20180712135620j:plain

続きがありました。
「安全第一、品質第二、生産第三」

 

琵琶湖

f:id:noritama77777:20180712135852j:plain

琵琶湖=日本最大の湖。

コレ間違い。
河川法では琵琶湖は「淀川水系」に属する一級河川。

 

ドレミの歌

f:id:noritama77777:20180712140600j:plain

元々はミュージカルの中の1曲で、コレを3人の方が訳した物が存在します。

<ペギー葉山版>

ド-ドーナツ

レ-レモン

ミ-みんな

ファ-ファイト

ソ-青い空

ラ-ラッパ

シ-しあわせ

 

<宮城まり子版>

ド-ドロップ

レ-れんげの花

ミ-みなさん

ファ-ソファー

ソ-ソの次はラ

ラ-ライオン

シ-これでおしまい

 

<九重佑三子版>

ド-どこまでも

レ-れんげ草

ミ-みずうみ

ファ-ファンタジー

ソ-空遠く

ラ-ラララララ

シ-白い雲 

宮城まり子さん、「ソ」で困ったんだなあ。九重佑三子さんの「ラ」も。

 

セピア色

f:id:noritama77777:20180712141153j:plain

耐光性・耐水性のあるイカ墨由来のインクが漬けペン用として長く使われておりその味についてセピア色と呼ばれていた。 その後、イカ墨インクは粒子の粗さゆえに万年筆を詰まらせる事もあり消えていったが、初期の白黒写真の経年劣化が鶏卵紙由来の黄ばみと画像の退色が進むものでその味がセピア色であった。

セピア - Wikipedia

「セピア色のパスタ」とか頼んでみたい。失笑必至だけど。

 

アサリで水をろ過

f:id:noritama77777:20180712141516j:plain

アサリは海水中の微生物を食べてくれます。つまり海水を綺麗にしてくれるのです。
1匹のアサリで1時間0.6~1リットルの水をろ過することができる程。

って事は単純計算でいくと、20匹が10時間かければ200リットルの水ををろ過できるという事に。

コレはドラム缶1つ分に相当する水の量。

 

「ぴーぽくん」のテーマソング

f:id:noritama77777:20180727140652g:plain

警視庁のマスコットキャラ「ぴーぽくん」

テーマソングまであるという力の入れっぷり。

 

頭の上には アンテナ (アンテナ)

ぱっちりおめめを見開いて

大きなお耳で情報キャッチ 僕らの警察官

みんなのためにパトロール 街の安全守るため

正義のためにがんばるぞ 僕らの警察官

メトロポリタンポリス(ピーポ)

メトロポリタンポリス(ピーポ)

 

みんなの幸せ守るため

メトロポリタンポリス(ピーポ)

メトロポリタンポリス(ピーポ)

未来のためにパトロール

ピーポ ピーポ ピーポくん 警察官(けいさつかん)だよ (HA!)

困ったときには ComeHere(カムヒア)(ComeHere(カムヒア))

なんでも相談ひきうけて

大きな手足で警備をするよ 僕らの警察官

ベルトをひきしめパトロール 優しいほほえみ守るため

勇気を持ってがんばるぞ 僕らの警察官

メトロポリタンポリス(ピーポ)

メトロポリタンポリス(ピーポ)

みんなの信頼守るため

メトロポリタンポリス(ピーポ)

メトロポリタンポリス(ピーポ)

世界のためにパトロール

ピーポ ピーポ ピーポくん 警察官だよ (HA!)

メトロポリタンポリス(ピーポ)

メトロポリタンポリス(ピーポ)

みんなの幸せ守るため

メトロポリタンポリス(ピーポ)

メトロポリタンポリス(ピーポ)

未来のためにパトロール

ピーポ ピーポ ピーポくん 警察官だよ

「みんなに敬礼!」

ピーポくんの歌

 

個人的には「困ったときには ComeHere(カムヒア)(ComeHere(カムヒア))」のあたりが好き。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

「100人乗ってもだいじょーぶ」

f:id:noritama77777:20180727141231p:plain

イナバ物置|株式会社稲葉製作所

 おなじみのフレーズが有名な「イナバ物置」

屋根に乗っている人達って稲葉製作所の社員さんじゃないらしいです。

実は代理店の方々。
並び順は売上成績の良い順番だそうで。

後ろの方に座らせられる時の屈辱感は推して測るべし...........

 

はじめて発する言葉の音階は全人類共通

f:id:noritama77777:20180727141717j:plain

赤ちゃんの産声は全世界共通の音の高さで約440Hz。

全ての赤ちゃんが「ラ」の音でで泣き始めるらしいです。

 

 「考える人」は考えていない

f:id:noritama77777:20180730112946j:plain

考える人 (ロダン) - Wikipedia

ロダンの考える人。

超有名な作品ですが、何を考えている所をモチーフにしているのか。

答えは『考えているのではない』です。

「考える人」は「地獄に落ちていく罪人を上からじっとみている所」

を表現している作品。

だから正しい名前を付けるのであれば「見ている人」なんだろけど、コレだとなんか間抜けだから「考える人」でいいかな。

 

 

 

 

ノリスケは東大卒

f:id:noritama77777:20180712142817j:plain

http://chilitsumo.com/diary/sazaesan-norisuke-gomisuke

クズなエピソードに事欠かないノリスケさん。
実は東大卒の高学歴。
絶対タイコさんはそこに目を付けたと見た。
ちなみに波平さんは京大卒、マスオさんは早稲田卒。

なにこの高学歴、って思ったらサザエさんがちゃんとバランスを取ってくれていた。
サザエさんの最終学歴は「あわび女子学園」

なんかそっち系のお店みたい。

 

タラちゃんの妹

f:id:noritama77777:20180730115315j:plain

http://blog.esuteru.com/archives/6903138.html


1954年に長谷川町子さんによって描かれた漫画「サザエさん一家の未来予想図」という物がありまして。

サザエさん一家の10年後、みたいなスピンオフ的なストーリーだった様です。

この中に原作には登場していないキャラクターがいるのです。

「フグ田ヒトデ」ちゃん。

マスオさんとサザエさんの第二子。つまりタラちゃんの妹にあたります。

っていうか、タラちゃんの成長っぷり。

そんな感じになっていたなんて、ちょっとショック。

 

 ガリガリ君。必ず「あたり」を出す。

f:id:noritama77777:20180730131445p:plain

ガリガリ君|赤城乳業株式会社

 

ガリガリ君のあたりの確率は3%と言われています。

普通にバラ買いしているだけでは運に頼る所が大きいんだけど、ネット等で箱買いすると必ず1本あたりの物が入っているらしい。

検証はしていないので自己責任で。

 

シャア専用ザク

f:id:noritama77777:20180730131929j:plain

http://www.gundam.jp/tv/world/mecha/ze01.html

 

「赤い彗星」シャア・アズナブル。

世代的にはドストライクです。

シャア専用のモビルスーツは沢山出てくるんだけど、初めて採用されたのが「シャア専用ザク」。

赤い彗星という名の元になった様に、赤というかピンク系のカラーに統一されています。
特にこだわった設定があったのではなく、製作していた会社(サンライズ)にピンクの絵の具が大量に残っていたからこの色になったらしい。

軽く扱われる赤い彗星。

 

切手を舐める

f:id:noritama77777:20180730133227j:plain

最近はあんまり見なくなったけど、切手を舐めて貼るという作業。

切手1枚を舐めるのは2キロカロリーを摂取する事になるという事。

意外と高カロリーだった。

 

中国語で「手紙」

f:id:noritama77777:20180730133616p:plain

トイレットペーパーの事。

 

豆知識調べるの超楽しかったです。

実はこの記事にとりかかったのは2週間くらい前の事なんだけど、書きながらヨメとか周りの人達に「ねえねえ、これって知ってる?」とか「コレって○○らしいよ、スゴくね?」とか寄り道しまくったせいで遅くなってしまいました。

豆知識をまとめるのには2週間かかる

という最後の豆知識。

 

ではまた。

 

 

スポンサーリンク

 

 

2週間で10000フォロワー達成。毎ツイートが名言の「PVマフィア」氏に学ぶマーケティングマインドと少しだけ考察。

 

f:id:noritama77777:20180723120300j:plain

 

 

ここ最近、意識的にtwitterを使うようにしているんだけど、先週の半ばからものすごい勢いでTLに流れてくるアカウントがありまして。

 

よくある情報商材的なアレかと思って、最初はスルーしていたのです。
それが毎日の様に目に入ってくるのでちょっと気になりはじめて、少し読んでみた所。

なにこの名言集。

なにこの有料クラスのアドバイス。

なにこの カッコよさ

もうね、秒でやられまして。
気が付いたら新着ツイートを心待ちにしている自分がいたのです。10代のオトメかよ。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 PVマフィア(@pv_mafia)氏

f:id:noritama77777:20180719132616j:plain

PVマフィア (@pv_mafia) | Twitter

 

7/11に突如として表れた「PVマフィア」さんというアカウント。
名前の通り、PVを上げる事に対してのアドバイスとか心構えとか、時には実践的な事とか、惜しげもなく発信してくれているのです。

 

 

これが全ての始まり。

そして核心をいきなりブッコんでくるツイートの数々。 

twitter、ブログ、等々少しでもこの世界に足を踏み入れている人であれば一度はぶつかる壁みたいなものがあると思うんだけど、この方のアドバイスを実践したら半分以上はクリアできるんじゃないかなと思えるレベル。

例えばコレ。

 

 

初心者~ちょっと慣れた頃に出てくる迷い。
この先どうやって続けていったらいいのか、このまま同じ事を続けていて大丈夫なのか、そういう悩みを完全に一言でバッサリ。

周りばかり見るな、まずは自分と向き合え

やられましたね。完全に。

こうして一瞬で彼に心を奪われたオトメ属性のボクが、コレはやられたっていう名言を抜き出してみる事にします。

ボクが勝手に変換して受け止めたイメージも添えて。

 

「いいなぁ」君に未来はない。

 

結果を出している他人を羨んでいるヒマがあったら手を動かせ。頭を使え。
「いいなぁ」って思う前に自分が「いいなぁ」って思われる立場になった事を想像して立ち振る舞え、って思いました。

 

金の鉱脈は自分自身の中に必ずある。必ずだ。

 

フォロワーが1000人とかスゴイ事ではあるけれど、そこを最優先タスクにしてしまうと自分の軸がブレてしまう。
だから自分の中の大事な部分(金の鉱脈)を認識する事を最優先タスクにするべきだ、って思いました。

 

いいねをくれた人、RTしてくれた人、コメントしてくれた人、そういう人を蔑ろにしてないか?

 

SNSとかある程度使い慣れてくると、twitterで絡んでくれる方とかブログにコメントくれる方とかを数字として捉えてしまいがちで。
自分の外見(プロフィール画像とかアピール文とか)を着飾るのもいいけど、自分に反応してくれた方々へのリスペクトを蔑ろにするのはヤメた方がいい、って思いました。
逆の立場で考えたらすぐに分かるけど。

 

お前は、泥にまみれろ。

 

エラそうにしている部活の顧問に言われたら100パー反発してしまうけど、ここに至るまでの流れを理解していると「泥にまみれまくる」のも悪くない、って思いました。

 

 

 

 

1週間で0から4200フォロワー

f:id:noritama77777:20180719141205j:plain

なんと1週間で4200ものフォロワーを増やしたPVマフィアさん。
本人曰く「twitterは素人」らしいんだけど、マジかよ。ウソだろ。

そして7/18(水)にこんなツイートから始まるお祭りが開催される事に。

この1週間の魔法の様なフォロワー増加のテクニックを披露してくれました。

 

 

1.「Twitter 増やす」で検索

→どういったノウハウがあるかリサーチ

 

2.検索上位の記事を全部読む

→上位の記事をざっと読む。要素をスキャンするイメージ

 

3.書かれていたことを実践・・・。しない

→ノウハウを盗み、マフィアなりのアレンジを加える

 

4.2の記事の裏に潜む行間を分析

→なぜ、これらの記事が支持を集めているのか分析

 

5.4を元に仮想フォロワーとなるターゲット設定

→自分のフォロワーになってくれるものをイメージ。自分の知人と重ねることでより具体的なイメージを持つ。

 

6.5のターゲットが現状抱えている不満や不安を洗う

→何に対して不満や不安をもっているのかを想定する

 

7.6で洗ったことへの自分なりの解決方法をまとめる

→想定フォロワーがブロガーならば、PVが増えない、稼げないなどの不満をもっている?など

 

8.7を300文字程度で20個用意。

→解決策をツイートするために、ツイートの下書きを準備する。

 

9.8をスマホを想定し、140文字に縮める

→Twitterは300文字を140文字に縮めると濃度が増す。

※薄い内容のツイートは命取りになるぞ。

 

10.バズる為にインフルエンサー達に自然に根回し

→彼らが望む話題などを過去のツイートから分析

※彼らを神格化しないこと。

 

11.10の彼らから「絡んだら得」と思わせる仕掛けの設定

→お、なんか面白そうだ。絡んどけという思考に持っていく

 

12.固定ツイートの内容立案

→5で想定した相手に向けてメッセージを作る

 

13.固定ツイートはキャッチコピー化する

→こいつ、どんなやつ?と思った人間はトップを見る、そこで自分をPR

 

14.13に対するコメントを事前に想定

→絡みたくなる仕掛けを施す

 

15.初投稿

 

16.投稿後の広がり方を分析

→誰が反応したのか追跡

 

17.固定ツイートに対するコメントへのリプは特に注視

→リプはお前のセカンド名刺。自分を徹底してPRせよ。

※俺の固定ツイートのリプを参照すると分かる

 

18.フォロワーが集まったらアンケートを実施し、企画立案

→企画なんて立てられないよ。だったら、現場の声を聞け。それを元に立てろ

 

19.ヒアリング結果を元にツイートを行うことで外さないツイートが完成

→答えは、いつもタイムラインに落ちている

 

20.以上を数時間でやる

→ビビったよな。でも、ひるむな。あきらめるな。

 

PVマフィア (@pv_mafia) | Twitter

 

「魔法の様な」って書いてしまったけど、コレ全然魔法じゃなかった。
正確なリサーチ、綿密な計画、的確な戦略、そして勝負する時のスピード感という参考書的な正攻法ではないのかと。

別にツイッタ―のフォロワー増やしだけに通用するフローじゃなくて、ビジネスにも応用できる物。
ちなみにこの時点でフォロワー数4200オーバー。

 

 

スポンサーリンク

 

 

有益な情報を無料で流す事の意味

f:id:noritama77777:20180720175609j:plain

本人も言われていますが、この一連のノウハウは有料でもおかしくないと思います。

それを無料で、しかもツイッタ―という誰でも見る事の出来る所で大解放してしまうという所に器の大きさを感じてしまう人も多いのでなかろうかと。

しかもこの内容、好きなように料理して好きなように使えとまで言ってくれているのです。
これはPVマフィア氏の発信したノウハウを多くの人達がどの様に使っていくのかを試されているんだと思いますね。
売り上げがあったらそれは出来るだけ自分への投資とか次世代への支援に使って欲しいというのが唯一出された条件。

カッコよすぎるじゃんか。

絡んだ人たちに対して「意識の底上げ」を促進するという所にこの一連のノウハウを無料で流した意味があるのではないかと。

 

本人が証明してる

f:id:noritama77777:20180720181415j:plain

ここまででPVマフィア氏が提唱しているフォロワー増加の為のプロセス、彼のTLを見てれば簡単に証明ができているのがスゴイ。

 

 

 半日で倍増してる。

この時点で7000人オーバー。

なんでこんなに人を惹きつける事が出来るのか、エラそうに考察してみよう。

 

印象に残る自己ブランディング

口調を徹底して統一する事でキャラを確立。
「ククク.......。」という口癖的な部分も親しみやすく、マネしたくなるし。
ここで既に「なんか面白そう」と思わせる事に成功。

 

メリットの提示が分かりやすい

毎ツイートが有益な情報、というフォローする事で受けられるメリットが明確化されています。
さっきの20のノウハウに代表される情報だけでなく、言葉の端々に出てくる細かい部分も大事ってのはみんな思ってるハズ。

 

一方通行にしないスタンス

単なるセミナーになっていない事もフォロワーの増加につながっていると思います。
リプはちゃんと拾って返信、時には自身の人脈を使いつつ横へ広げていくテクニック。

ただ押しつけられてるんじゃなくて、きちんと対話出来ている感が嬉しいんですよ。末端の人間としては。

 

ギャップを上手に利用した親しみやすさ

 これだけ有益な情報を発信している時点で尊敬とか羨望とか、そういう目で見られる事になるんだけど、上から目線で押し付ける事がないのは重要な事で。

エラそうにしている人には、嫉妬だったり反発だったりマイナス方向の意見も出てくるのはネット界の定番。

だけどこの方には今の所アンチ的なコメントが1つも見当たらない。

なぜか。

エラそうにしていないから、ですね。

 

「PVマフィア」大喜利が開催された時のツッコミとか。

 

 

 スギちゃんとかぶると言われた時のノリツッコミとか。

 

「よぉ○○」「ククク.......。」って言ってるキャラとは真逆。
こういうギャップって一気に距離感が詰まってくるのですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そして大きなエンターテイメントが始まる予感

f:id:noritama77777:20180723094131j:plain

そして登場から10日程たったある日、PVマフィア氏の所に大きな動きを予感させる絡みが発生しています。

(この時点でフォロワー10000人オーバーしてる、もう驚かないけど)

twitterという、ある意味個人間のコミュニケーションをメインにしているツールから発信された情報が拡散されまくった結果、大企業からもコンタクトがあったようで。

 

大阪のパチンコ会社の公式アカウントがPVマフィア氏に絡む

売上高340億の大企業からのコンタクトに対して、なにやら思いついた模様。

 

 

 

 

フォロワー(=宣伝効果)の欲しい企業に対して、1週間1000万の短期契約で広告塔になってやる、という提案。

これは企業側の心意気が試される所かと。
っていうか、一般人(なのかどうか微妙だけど)を軽く利用してやろうと思ってしまった大企業が、逆に追い詰められてしまったという図式がなんとなく見えてきました。

10000人オーバーの目がある中でどのような対応をとるのか、完全にPVマフィア氏の手の平で躍らされてしまった感が見えてきます。

 

 

ちなみに、この大企業さんって少し前に炎上した事があるんですよ。
パチンコ打つ人なら記憶に残ってるかも

今書いてる記事の内容とは直接関係ないので、詳しくは書きませんけど「なんとかとなんとかで稼ごうや」とかなんとかが流出してしまってアレがアレになってしまった店舗さん(メチャメチャ歯切れ悪くてアレだけど) 

 

Xデーは7/25(水)

という事でぺラジオ側からの返答は、下記ツイートの通り7/25の20:00からPVマフィア氏のTLで行われるとの事。

事の大きさにビビッて逃げるのか、PVマフィア氏の目論み通りに進むのか、リアルタイムで鑑賞できる個人と企業の駆け引きゲーム。

ヘタな映画観るより面白そう。

 

 

勝手な推測をしてみる

f:id:noritama77777:20180723104936j:plain

とまあ、登場から2週間足らずでツイッタ―上に一大ムーブメントを巻き起こしたPVマフィア氏ですが、本当の目的がどこにあるのかはまだよく分からなくて。

最初の頃にご本人も言っておられましたが、ぶっちゃけココまでの一連の内容、有料化したって読みたい人は沢山いると思います。
なぜそうしないのか、ちょっとひねくれた見方をするとそこの部分が不思議で不思議で。

多分、そんな小さな利益を見ていないんだと思います。

ではどこを見ているのか?

もしかしたらそのヒントになる物が7/25に分かるのかもしれない、なんて考えていたりします。

 

あとコレは別にネガティブな意見としていう訳ではないのですが、かなり壮大な「ブロガー、アフェリエイターの囲い込み」を考えていてもおかしくないなって。

2週間で10000人オーバーのフォロワーを作った実績。
個別DMや個別リプへの丁寧かつ的確なコメント。
実績やアドバイスに裏付けされた人を動かすテクニック。

これに加えて、実際の企業から大金を引っ張ってくるという実績が出来てしまった日には、PVマフィア氏のカリスマ性はより強固な物になるハズで。

もう「サロン」とかいうレベルじゃなく、PVマフィア氏の周りに集まりたいと思う人たちが爆発的に増える事は簡単に想像できるのです。

ココまで来るとちょっとした「洗脳」に近い物があるような。
洗脳っていうとネガティブで揶揄しているようなニュアンスになってしまうので適切な表現ではないのかもしれないけど。

今回のツイート戦略によって集めた数字はハンパないから、何か仕掛けようと思ったら実行する事はそれ程難しくないという所まで来ているハズで。
そういう意味で、PVマフィア氏に賛同するブロガー、アフェリエイターが多いのはないかなと思った次第なのです。

↑コレは勝手で無責任な推測なので、サラッと流して頂ければ。

 

 強引にまとめ

現在進行形でPVマフィア氏のツイートは流れているので、どこかキリのいい所でまとめないと収拾がつかなくなる予感がしたので。

10000人のフォロワーを2週間弱で集めたPVマフィア氏。
発信する情報、生き方考え方、人脈の作り方と利用の方法、何もかもがカッコよろしくて。
名だたるブロガーさんともつながっている所も見受けられて、やっぱりタダモノではない感が満載です。

ボクもものすごく参考にさせて頂いたツイートは沢山ありました。
この場を借りてお礼申し上げます。

ただ、積極的にこのムーブメントの中に入り込んでいくつもりはないから、外側から動向を注意して見ていようかと思っています。

ズルい感じだけど、そういうスタンスが楽ってのを経験上知っているので。

 

ではまた。

 

 

「ブログは資産になる」という事の意味がわかりかけてきた今日この頃

f:id:noritama77777:20180710161756j:plain

 

 

 

さて、めでたくこの度プロブロガー(はてなブログProにしただけ)になったわけですが、ブログを書く事って、将来的な資産を作るっていう事と同義という事がなんとなく分かった気がします。

 

スポンサーリンク

 

 

 

自分の記憶からも無くなりつつあったんだけど、ブログを始める前にキュレーションの真似事をしていた時期がありまして。御存知「NAVERまとめ」。

なんでやろうと思ったのかよく覚えていないんだけど、おそらく「サラリーマン 副業」とか「簡単 副収入」とかでググってたんだと思います。今見返すと、まあ恥ずかしいのです。

記事の構成とか全く考えずに適当に調べたサイトさんから文章を借りたり画像を借りたりしてるだけ。
ネットでの常識とかマナーとか、そういうの全然知らなかったし気にもしていなかったし。

その後、他のキュレーションサイトがちょっとした問題で大きく取り上げられたあたりからボクも足が遠のいていたのです。

 で、ふと思い出して何か月かぶりにログインしてみたら。

f:id:noritama77777:20180710095838j:plain

▲あれ?なんか発生してるぞ。

 

当時は週1くらいのペースで「オレ、キュレーター、ヨロシク」みたいなスタンスで作業していたんだけど、1日一桁円くらいの結果しかなかったのですよ。ブログでも同じ事が言えると思うんだけど、こんなんだったら他の事やってた方がいいやって感じでフェードアウトしていたのです。

それが実は緩やかに動いていてくれたみたいで。

まあ、だからといって改めてキュレーションをするつもりは1ミリもありません。
コレってブログにも通用するんじゃんって気づいてしまったから。っていうかブログならもっとやり方がありそうだし。

この話からボクが得る教訓は

ブログはやっぱり資産になるぞ

って事だ。

 

 

キュレーションとブログ

f:id:noritama77777:20180711155237j:plain

NAVERまとめに代表されるキュレーションサイトって、あくまでも既存の材料の切れっぱしをいろんな所から集めてきて、それを分かりやすくまとめるといった作業がメインだと思うんです。

だからそこには「考える事」とか「自分の言葉で伝える事」とか「発信した事に対する責任」とか、そういう物があんまりないんじゃないかと。

それはそれで否定しないけど、あんまり面白くないかなって。

昔ながらの(ただ切れっぱしをまとめただけの)キュレーション的なサイトは今後無くなっていくと思います。淘汰されるって感じかもしれません。

なんでかっていうと、

個性がないから

情報があふれている状況の中で、薄っぺらい事の寄せ集めみたいなものは廃れていく様な気がしているのです。

 

対してブログ。

どんな記事であれ、きちんと考えて書かれている物には書いている人の熱量が感じられる。
熱量が感じられる物には感情移入ができる。
感情移入が出来る物は評価される。

同じ物を宣伝するにしても、コピーして1000枚作ったチラシと人がきちんと考えて書き上げた手紙、どっちが人の心を動かすのか、みたいな感じ。

エラそうに語ってしまいましたが、なんとなく1年チョイの期間ダラダラと書いてきたブログ、まあまあ生活の一部になって来ています。仕事しててもムスメと遊んでても、なんか面白い出来事とか気になる事とか出てきたら「コレはネタにできないかな」って考えてる自分がいるのです。

考え過ぎてハズカシイ思いをする事もあるけど、それもまた「次のネタにできないかな」って。ネタの無限ループですよ。ニヤニヤがとまりません。

 

ブログを『資産』にするために

f:id:noritama77777:20180711160529j:plain

適当にチョチョイって書いただけの物は「ブログ」という形態はとっているけど、それを『資産』とは呼べないと思います。

あくまでも継続していくことが大前提。継続する事でブログも成長するし、ひいては書き手のあなた(=ボク)も成長出来るのですよ。

そうやって継続していくブログが将来的に『資産』となるっていう事なんじゃないかなって思いますね。

 

書く時に少しだけ気を付けている事

こんな感じで普段からなんとなく書きたいネタとか使えそうなワードとか気にする様にしているんで、材料はそれなりにあるのです。

料理に例えるのが分かりやすいので、ボクはいつも頭の中で厨房をイメージしながら記事の原案を考えています。

これをどんな風に料理して完成させるか。

これはどんな人に食べて欲しいのか。

これを食べた人はどんな反応をするのか。

これを食べる事でどんな効果を与えられるのか。

集めたネタを1つの記事としてまとめる構成力、考えている事を的確に伝える文章力、読みやすい記事になる様にビジュアルにも気を使うデザイン力、そこらへんがブロガーとして必要なスキルなんじゃないかなって、最近考えてたりします。

そういう意味では、キュレーションの経験も少しは活かせているのではないかなと思ってたり思ってなかったり。

 

 

 

ブログを書く事のメリット

f:id:noritama77777:20180711160629j:plain

メリットっていう捉え方は人それぞれだと思うので、ココではボク自身がメリットって思ってる事を書きなぐります。        

 

頭の中を整理する訓練ができる

日々いろんな事を考えていると頭の中がワチャワチャしてしまいがちなんだけど、文章におこす事で整理が出来ると思います。アウトプットの重要性ってヤツです。ブロガーっぽく言うと。

バラバラになっていた点を繋いで筋道の通った内容に、みたいなイメージで。

どうしてこういう考えにいきついたのか、自分の言いたい事はなんなのか、今自分の頭の中にある物は相手にきちんと伝わる内容なのか、そういう思考の整理っていうのは日常生活でも役に立つと思いますよ。仕事でも恋愛でも、言いたいことを言いたいニュアンスで伝えるのって大事だけどメチャ難しいから。

ボクも比較的話の内容がいろんな方向に飛びがちだったんだけど、ブログを書くようになってからは少しだけ改善出来ているのではないかと。少しだけです、少しだけ。

 

生活に刺激が感じられる

なんとなく起きてなんとなく食べてなんとなく仕事してなんとなく寝る。

ボクもこんな感じの生活を過ごしていた時期があったのです。ダラダラと適当に波風立たない様に目立たない様に。それはそれで楽だったけどイマイチ面白みに欠けていたのではないかと今になって思っています。

今ではブログを書くっていう目的があるからなのか、そういうスタンスで行動している事が多くて。

普通に歩いてても新しい発見があったりして楽しいですね。今までは無意識でとっていた行動を意識的に捉える事が出来るから、なんでもない事でもありがたみを感じる事だって出来るのです。

なんでもネタ化して考えてしまうのはちょっと直さなければいけないとは思うけど。

 

当たり前にあるものの大切さに気が付ける

「当たり前にあるもの」っていうのはみんな違うと思います。

例えばお金。
後述するけどブログは収益という面でも資産価値のある物に育てる事が可能です。初めての収益が反映された時って、それが小銭程度だとしても嬉しい物。
なんせ自分がイチから始めた事がお金になるんですよ。この何十円を発生させるためにどれほどの労力を使ったか、それを考えるとお金の大切さっていうか重みっていうか、実感できると思います。

例えば時間。
ボクもそうなんだけど、本業を抱えながらのブログ運営って挫折しそうなポイントがいくつもあって。挫折してしまう一番大きな原因が「書く時間がない」っていう事なのではないかと思います。
まとまった時間を毎日ブログに充てる訳にはいかないので、どうしても細切れの時間を有効に使っていかないと継続する事って難しいのです。
これとこれの合間に30分あるから記事の下書きできるなとか、ここのお客さんの所までは電車での移動時間が1時間弱あるからネタ帳に次のテーマを書きまくっておこうとか。
クソツマラナイ会議が2時間あるから仕事してるフリして画像をガリガリ作っておこうとか。
タイムマネジメントっていったらカッコよすぎるけど、それだけで結構使えるスキルが自然と身についていたりしますよ。

 

普通に生活していたら接点なんてない様な人たちと繋がる事もできる

普通に暮らしてたら絶対に知り合う事が出来ない様な人たちと繋がれるのもブログならでは。
世代も性別もなんなら国籍だって飛び越えて交流が出来るってハンパなくないですか?
そういう同じ方向を向いている人たちと交流しているとメチャメチャいい刺激がもらえる事が多くて。
ボクのリアル生息エリアだけだったら、接点のある人って限られてしまうんだけど。
家族と会社と地元のツレ、80パーはそれで占められてしまう勢い。友達少なすぎだろって意見もありますが。アパレル業界のエライさんとかは割とレアな知り合いかもしれないけど。

自分の知らない世界にいる人たちからもらう情報とかパワーとか、すごく貴重じゃないですか。そういう所から刺激を受けてもっとがんばろうって思えるのはメリット以外の何物でもない。

あと、自分では大した事言ってないつもりなのにたくさんの人に共感してもらえるのって嬉しいことですよ。そうすると自分の向上心みたいな部分も刺激されるからどんどんレベルアップしていける。ブログすげーなってマジで思います。

逆にボクみたいなもんが誰かに刺激を与えられているのかもなんて考えたらニヤニヤが止まらない。

 

発信力ハンパない

ボクはまだまだなんだけど、この世界にちょっとでも絡んでる人なら知っている超有名なブロガーさんていっぱいいると思います。
所謂インフルエンサーって呼ばれる人たち。
こういう人たちの発信する情報っていうのはネットのスピード感をフルに活かして信じられない程の影響を世の中に与える物で。

若干ブログ以外のツール(SNSとか)も含んだ内容にはなってしまうけれど、そういう影響力のある人の発信によって多数の人間の行動を促進する事だってできるんです。

今回の豪雨で被害に遭われた方への支援とかもそうだし。
ものすごく世の中に貢献しているじゃないですか。ブログすげーな。

そういえばウチのムスメ、将来の夢が「インフルエンサー」だった模様。

 

収益化も出来る

大して出来ていないボクが言うのもなんなんだけど。
ブログを継続していくと収益化できる可能性だってあるのです。正直言ってブログ始めようと思ったきっかけってこの部分が結構大きいんだけど、まあそんなに簡単な物ではないから日々勉強です。
最初に書いたキュレーションと同じく、一生懸命書いた記事っていうのはいつか実を結んで収益という名の花を咲かせてくれる物だと信じたい。
(ウマい事言ったつもりだけど、そんなでもなかった)


なんか楽しい

今はぶっちゃけコレが一番大きいかもしれないです。
結局は上で書いた事をまとめると「楽しい」っていう事になるんじゃないかなって。
思考が整理出来てスッキリするから楽しい。
毎日刺激的で楽しい。
時間やお金の大切さが身に染みるから普段の生活にハリが合って楽しい。
色んな人達とお知り合いになる事ができてメッチャ楽しい。
発信する事で一個人でも何か出来るかもって考えたら楽しい。
収益化出来たらメチャ楽しい。

全ては「楽しい」に繋がっているんだって実感しはじめています。

 

スポンサーリンク

 

 

ブログがもたらす『資産』

f:id:noritama77777:20180711160821j:plain

大前提としては継続する事

その上で自分の考えとかスキル、発信する情報等、読んでくれる人が読んでよかったと思える内容を意識していく。
そういうブログっていうのはファンも付きやすいし色んなところからの評価も高い物。

ココまで書いてそもそも資産ってなんだって思ったので。

将来的に会社に収益をもたらすことが期待される経済的価値

資産 - Wikipedia

資金でもなければ資本でもない。要するに「長期的な収益が期待できる財産」っていう感じでいいと思います。
そして、この収益っていうのは必ずしもマネーに限った物ではないという事もポイント。

金銭的資産

これにはもう一つ前提があって。

収益化できるツールを利用している事が必須。

アドセンスだったりアフェリエイトリンクだったり。有料noteでもいいしココナラみたいなスキル販売だっていい。
教科書みたいな言い方でアレなんだけど、良質な記事を書き続けている事がそのブログを将来的な資産にしてくれるのは間違いない。

ここで注意したいのが「長期的」っていう部分。ボクが目指している資産になるブログっていうのはそんなに大きな金額じゃなくてもいいから、ある程度コンスタントに継続した収益を持ってきてくれる物ですね。

月に6ケタ万円とかをスポットで繰り返していきたいのならゴリゴリの特化アフェリエイトをやった方がいいと思います。
ボクはそこを目指している訳ではないので、雑食ブログを少しずつ育てていく事で資産化できたらいいなって感じ。

精神的資産

自分で考えて自分で書く、この作業の結果として生み出された記事に対して色々な反応を頂く。コレって何気にスゴイ事なんじゃないかなって思うのです。

有名人でもない一個人が発信した物が世の中に出ていく、それについて意見やアドバイス、時にはお叱りとか批評もありながら。
これを嬉しいと思える様になれば、そのブログは精神的な資産として自分自身に幸せをもたらしてくれるものになると思います。そういう反応の1つ1つが自分を成長させてくれるものになっていくハズだから。

技術的資産

どんなブログであろうが(完コピのパクリサイトは除く)、そこにはオリジナリティがあるわけで。
そこには自分の頭で考えて自分の手がで書き上げるというワークが存在しているわけで。
「自分の頭で考える」っていうのは、ネタの収集とか情報の裏付けを調べるとかのインプット作業、「自分の手で書き上げる」っていうのは分かりやすい言葉とか読みやすい構成に仕上げるとかのアウトプット作業になりますね。
カッコいい言い方をすると、マーケティングのスキルとかライティングのスキルとか、そんな感じのスキルがいつの間にか身についている事だって現実的にあり得ますよ。

POINT

ブログは金銭的、精神的、技術的な資産になるスーパーツール

 

 なんとなく始めてなんとなく続けていたブログなんだけど、なんとなく継続出来そうな気がしてきました。
「資産を作っている」って考えたら気合も入る事必至。まあ、あくまでも趣味の範囲内でしか出来ないんだけど、そこはウマいことバランスをとりながら行こうかと。

今回の内容は一言でまとめられる事に今気づきました。

ブログってスゲーな。

 

ではまた。

 

スポンサーリンク

 

 

はてなブログProにして3日。やった事、やりたい事、やってる事をまとめておく。

f:id:noritama77777:20180709140337j:plain

 

先日ノリと勢いでPro契約をしました。

やったらやったでいろんな所の設定というか、調整というか、まあ平たく言うとメンドクサイのです。自分で忘れない為、みたいな意味合いが強いのですが今現在でやった事、やりかけている事、やりたい事をまとめておきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

なんでProにしようかと思ったかは、前回書いた通り。

【報告】プロブロガーになりました。初心者でも「はてなブログPro」にしてみる価値があるのかもしれないと思いました。

ブログのデザインを変えたかったのが大きかったのと、ブログ自体継続出来そうなイメージが固まったから。

 

 

ブログテーマを『マテリアルぽっぷ』へ変更

f:id:noritama77777:20180709142716j:plain

マテリアルぽっぷ - テーマ ストア

 

なんとなくカード型のレイアウトがいいかなと思ってた所に偶然出会ったコチラのテーマ。

控えめに言って理想のデザインでした。カード型のレイアウトにマテリアルデザイン(っぽい)外観。ボクみたいなWebシロウトでもなんとなく形になってしまいそうなニオイがしたので即決。

早速インストールして、まず手を加えたのはこんな感じ。

  1. 本文のフォント変えた
  2. 装飾のカラー変えた
  3. プロフィール欄見直した
  4. ヘッダ部分を画像に変えた

これだけでも自己満足出来るに値するんだけど、まさかの作者様よりアドバイスを頂きまして。

確かに画像の背景色とデフォルトの背景色がマッチしていなかったんだけど、まあいいやくらいに軽く考えていたのです。ボクの作業を追い越すタイミングでのアドバイス、マジで感謝です。

豆ゴロ様

豆ゴロ@副業ブロガー (@asgard_yumu) | Twitter

この場を借りてお礼を。 

装飾のカラーの変更とかプロフィール欄のカスタムとかは、豆ゴロさんのサイトで書かれている事を参考にしたら簡単にできました。

 

 

 

少しいじった所

f:id:noritama77777:20180709191025j:plain

 基本的なアレンジは豆ゴロさんのサイトで賄えているんだけど、細かい所は自分で調べたりしましたね。

 SNSフォローボタン

 前から使わせてもらってるデザインをちょっと変えてみたりして。
参考にしたのはコチラも超有名なゆきひーさん。

www.yukihy.com

 

フォントのサイズ、行間の指定とか

基本的には前のままがよかったので、バックアップしてるのをそのまま。

太字を蛍光マーカー風に

こんな感じになるようにしています

今回少しだけ見え方が変わる様に設定。参考にしたのはコチラ。

www.ringocatnote.com

 カラーと太さだけ少しアレンジしました。

 

囲み枠の種類をいくつか

POINT

こんなのとか 

コチラもドウゾ

こんなのも

使い勝手がよさそうなのも

今まであんまり使ってなかったんだけど、読みやすさを考えたら適度に囲み入れていくのもアリかなと思いまして。

saruwakakun.com

全部コチラでお世話になりました。超有名人。ボクなんかが接するのが恥ずかしいくらい。

 

ブログ村のリンク外した

あんまり深い意味はないけど、少しスッキリしたのではないかと。

 

やりたいけど出来ていない所

f:id:noritama77777:20180709191244j:plain

まだ調べ方が甘いのと、そもそもボク自身の知識が足りていないのと。
直せる余地があるのなら直したい。ヘルププリーズ。

 

一覧画像のサムネイルが拡大されたままで

f:id:noritama77777:20180709185817j:plain

特にスマホで見た時が顕著なんだけど、せっかく一覧表示が出来るProなのにどうしてもアイキャッチの画像がしっくりこないのです。
豆ゴロさんも薦めてくれたサイトも参考にしたんだけど。

はてなブログ「一覧形式」の画像をオリジナルのものに変える - IMUZA.com

まあ、もう少しやってみます。

 

記事タイトルと見出しのフォント変えたい

f:id:noritama77777:20180709190437j:plain
f:id:noritama77777:20180709190447j:plain

テーマの作者さんには失礼な話なんだけど、この部分のフォントを変えたいのです。
CSSの優先順位なのでしょうか、どうしても変えられないのです。

まあ、もう少しやってみます(2回目)

 

「最新記事」にサムネイルをぶっこみたい

f:id:noritama77777:20180709190757j:plain

まあ、もう少し(3回目)

7/17追記

完全にボクの確認ミス。
「画像を表示」みたいな所にチェック入れ忘れてた。ああハズカシイ。

 

スポンサーリンク

 

 

絶賛進行中案件

f:id:noritama77777:20180710011642j:plain

やりたい事とかやらなきゃいけない事は山ほどあるんだけど、ある程度優先順位をつけていかないとワチャワチャしてしまいそうなので。

 

過去記事のリライト

リライトって簡単に言ってしまったけど、正しいリライトの方法自体よくわかっていない状態なのです。
「アクセスの多い記事を中心にしてとりあえず1記事目から順番にキーワードを洗い出しながら」みたいな正攻法をやるほどにデータがないので、とりあえず1記事目から見直して、言葉使いとか誤字脱字とかを見直しつつ、より読みやすい文章になるように修正していこうかと。
どうしようもない記事も初期にはあると思うので、リライトして修正するよりは思い切って一度削除してから新しい記事を書くベースとして使った方がいいのかもしれません。
記事の「リライト」っていうよりは「リサイクル」って言った方がしっくりくるな。

 

画像も見直し

最初の頃は記事の内容に合うかどうかはあんまり気にしないでアイキャッチの画像を選んでいた傾向があります。
なんでもかんでも「ぱくたそ」さんから。
正直に言うと、ゆかちぃさんカワイイなあって思いながらそればっかり使ってた。

kbd.hatenablog.com

 さすがに人気の画像ばっかり使ってると、どっかで見た事ある感がハンパないなあって最近特に思います。
今回使わせてもらっているテーマでは、なおさらアイキャッチの重要性が大きそうなので大掛かりに変えてしまうのも手かなと。

kbd.hatenablog.com

 

カテゴリー整理

「雑食ブログ」をうたっている以上、記事の内容にはこだわらずに面白そうなものにはなんでも食いついていくスタイルはそのままでいこうと思っています。
だけど、最低限のすみわけはしておいた方がいいかなとも思っていて、その為にはカテゴリーの見直しが必要なのではないかと。
特に推せるテーマがない時にやってしまいがちなのは、「雑記」とか「日常」とか読んでくれる人が困ってしまうようなカテゴリーにしてしまう事。ひどい時には「未分類」なんてつけてしまう事も。
考えてみたら、一般人の雑記なんて誰が読むんだよって。
細かく分けること自体は別に抵抗はないんだけど、そういうボヤっとした区分けはできるだけ避けようと思います。

例えば「コラム」とかにしたらどうだろうか。なんか知的なイメージが付かないだろうか。

100のやりたい事リスト

最近ブロガーさんの中でよく見るヤツ。最初は流行ってるからってみんなやってるな、的に斜め上からみていたんだけど、ちょっとだけ気にはなっていたので目についたブロガーさんのをいくつか読ませてもらったのです。

azu3.com

www.imokotohon.com

www.underground-mogura.com

 

ボクもやろう。

秒で決断しましたね。発表する事よりも100個のやりたい事をひねり出して書き出す事に意義、意味があるんだって。

 

ブログに真正面から向き合いたい

さっき思いついた事。
この記事書いている途中にビビビってきた。今までのボクのブログ書きスタンスとしては、仕事しながら気分転換に(仕事してるフリしながら)適当に書いていたレベル。

今のボクは肩書きに○○ブロガーなんてつけられる資格はないと思っています。

ちゃんと設計図書いて、読んでくれる人の事思い浮かべて、世の中に堂々と発信できるレベルの文章を心がける。ここまで出来て初めてブロガーのはしくれとしてプロフィールに書くことができるのではないかと。

改めてブログの事を考えてみると、メリットしかないなって思うのです。
ライティングのスキルもつくだろうし、発信力の訓練にもなるから本業にも役立つし、普通に生活していたら絶対に接点がないであろう世界の人たちとつながることだって可能で。
さらに1から自分で立ち上げたブログを試行錯誤しながら成長させていくという事は、一つの事業を育てていくこととなんら変わりがないのです。
プロジェクトの立案⇒仮設、検証⇒修正⇒完成⇒メンテナンス⇒継続した事業

リアルワークと全く同じ。
ちょっと真剣にやってみようかと改めて思った次第です。

こんな感じで新生ティロ・フィナーレは今まで以上にゆるい感じのヒマツブシメディアとして進んでいくと思います。

生暖かい目で見守って頂けるとニヤニヤします。ボクが。

 

ではまた。

 

 

 

【報告】プロブロガーになりました。初心者でも「はてなブログPro」にしてみる価値があるのかもしれないと思いました。

f:id:noritama77777:20180703133806j:plain

えっと、本日はお知らせというか業務報告というか戯言というか。

この度、ワタクシ、プロブロガーになりました。

 

スポンサーリンク

 

 

ウソです。
イヤ、ウソっていうか言葉のとらえ方というか、まあ平たく事実だけを言うとですね、

はてなブログのPro契約をしました。

って事。

 

 

前々から考えてはいたんだけど、お金使ってまでやる必要があるのか悩んでいたのです。
所詮趣味ブログ、コレ一本でメシ食っていこうなんておこがましい事は考えらないし、いつ飽きてしまうかも分からない。その上色々と設定変更するのもメンドクサイ。ネットの世界の端っこのさらに端っこでひっそりと生きていければいいや、みたいなスタンスで今まで書いていたのです。

「はてなブログ」に引っ越した理由も書いていたらしいです。あんまり覚えてなかったけど。

 

 

はてなブログProにした理由

f:id:noritama77777:20180704184323j:plain

さすがに有料だけあって優良な機能(韻ふんでみた)が盛りだくさんなのはすごく魅力的で。まあボクにはぶっちゃけ必要ないんじゃない、っていう物もあるけれど。

あえて理由を1つあげるとするならば、

意志表明

って事になりますね。

他人に、ではなく自分への意志表明。なんとなく始めたブログではあるんだけど、気が付いたら1年以上継続出来ていて、記事も100を超えていて、自分が何かを継続する事ってかなり珍しい事で。
せっかくここまで来たんだから中途半端に辞めるのはもったいないなと。あくまでも本業の傍らに自分の好きな事をダラダラと書いて、たまーに誰かにリアクションもらえたらそれで幸せ、くらいの対象だったんです、このブログ。

だけど、このまま無料で続けてたらフェードアウトする感じがしたので、自分を追い込む意味でも多少なりともリスク(課金)を負ってプレッシャーをかけていこうかなと。カッコつけてプレッシャーとか勢いで言っちゃったけど。事実はそんなに真剣に考えてはいないんだけど。
なんていうか、「お金をかけているんだからちゃんとやれよ自分」みたいなイメージで。仕事してメシ食ってムスメと遊んでヨメにいじめられて、っていう日常のルーティンの中に「ブログを書く」っていうフローが自然に入ってこれたらカンペキじゃんって感じ。

なんとなく儀式的に貼ってたアドセンスとかも、ちゃんと仮説と検証を重ねながら真剣に取り組んでみようかとも思ってたり思ってなかったり。
実はボクははてなに来る前は別の所でブログ書いていて、そこで独自ドメインをとってアドセンス申請をしていました。
だから無料の段階でもアドセンス貼れていたんだけど、はてなから始めるケースでは、そもそもProにして独自ドメインにしないとアドセンスの申請が出来ないんですってね。さっき初めて知ったというお恥ずかしい話もカミングアウトしてみたり。

 

 

 

はてなブログProにする事で得られる特典

f:id:noritama77777:20180705103201j:plain

そりゃあ大事なお金を払うんだから、それなりの特典っていうかメリットっていうか、それに見合う対価はあって然るべし。当然はてなブログProにする事で下記の様な特典がついてきます。

こんな感じで。

f:id:noritama77777:20180705105046j:plain


必要あるか?ってのも中にはあるけど簡単に解説しておきましょうか。

ブログが10個まで運営できる!

正直な所、そんなにいらないです。
無料でも3個まで運営出来るって事すらしらなかったし。そもそもボクはいくつも並行に管理できないからコレ1個にまとめた訳だし。それをカッコつけて『雑食ブログ』とか言ってるのです。全く浸透してないけど。
まあ先々の事は今は分からないけど、いつかこの恩恵が受けられる時がきたらラッキーかな程度で。 

重要度:

写真の保存容量がなんと10倍!

無料版だと毎月300MBまでしかアップロードできないのですが、Proになると3GB(=3000MB)まで容量が増やせます。
写真中心のブログを運営されている方には嬉しいメリットかもしれません。ただ、ボクの場合はステキ写真をメインにした物ではないし、そもそもGoogleフォトを使うケースの方が多いので、劇的なメリットはあんまり感じられないのかも。

重要度:

編集履歴がなんと50件までさかのぼれる!

はてなブログでは「編集履歴」機能っていうのがあって、ちょっとしたバックアップ的な使い方が可能です。無料版では5件前までの編集履歴を保存してくれるんだけど、これがなんと50件まで保存できるのです!

えっと、、、、、いらないかな、、、、

50回前の修正を確認しなくては、なんてシーンが全く想像できないです。正直どんな使い方をしている人がこの機能の恩恵を受けられているのか教えて欲しい。

重要度:

ブログメンバー機能(複数人で管理できる)

必要ない!次!

多分この機能を最大限に活かせるのって、外注ライターさんを抱えたメディア系のサイトとかではないかなって思います。だけどそういうサイトって、そもそもワードプレスで運営してる方が多いのではないのかなと。

重要度:

 

ここまで見てると全然Proにするメリットが無い様な気もするんだけど、もう少しお付き合いして頂きたい。

 

 独自ドメインが設定できる!

さっき書いた様に、はてなブログでアドセンスの申請をしようと思うのならコレは必須。だけど既にアカウントを持っているとか、そもそもアドセンスいらねーよって人だったら単純に好みの問題かと。独自ドメインとるのにもお金かかるし。
ボクはとりあえずは独自ドメインにするのは次の段階でいいかなって思っています。
思いのほかブログ熱が下がらずに「よっしゃWPいくか」みたいになった時に引っ越しがスムーズなので、そういう雰囲気になったらでいいかな。

重要度:★★★

 キーワードリンクの自動オフ

はてなブログを始めた頃には特に気になる部分、いくつかのワードに下線が引っ張ってあってコレをクリックするとWiki的な別ページへ飛ばされます。
無料版を使っていた時から感じていたはてなブログの一番のデメリット。なんの意味があるのか理解できなかったし、Proにすれば(お金払えば)外してあげますよって言われてるみたいで、あんまりいい気持ちはしなかった。
記事によっては半分以上のワードに下線が付いていて、記事が読みにくい物になっていたので、CSSを使って下線が見えない様にしていました。

重要度:★★★

ヘッダとフッタを非表示に出来る

f:id:noritama77777:20180705121008p:plain

コレは地味に嬉しい。
無料版だとどうしても「はてなさんの家に居候させてもらっています」感がぬぐえない所なんだけど、コレを非表示に出来ると「はてなさんに家賃を払って自分の部屋を借りています」くらいにはレベルアップする。
で、独自ドメインとればアパートの賃貸から戸建て(まだ借家だけど)へステップアップ。最終形態としてはワードプレス+自前でサーバー用意+独自ドメインのコンボで土地付き一戸建てに。
まだそこまで考えてませんけど。
ただ、このヘッダからダッシュボードにいくクセがついているので慣れるまでは戸惑うかもしれないなあ。

重要度:★★★★

広告非表示

コレな。かなり重要なポイント。お金払う価値があるってもんですよ。
どういう事かというとデフォルトで入っている広告を消せる⇒開いたスペースへ自前の広告を入れる⇒あわよくば収入に⇒幸せな世界、みたいなイメージ。
自分のブログに自分以外の広告が入ってるのって、すごくもったいないと思いますよ。さらにデフォルトで入っている広告スペースが一番いい場所らしいし。
あと、使用するブログテーマによっては、デフォルトで広告が貼られているとデザインが崩れてしまうものもあるとの事。
っていうか、ボクがProにしようと決めたのは、このテーマを使いたかったという部分が大きいのです。

マテリアルぽっぷ - テーマ ストア

重要度:★★★★★

スマホ版のカスタマイズ

最後にコレ。っていうか半分以上この特典が決め手。
Googleも「モバイルファースト」を推奨している事から分かる様に、今では大半の読者さんのアクセスはスマホからだと思います。なのにですよ、無料版だとカスタマイズの制限があるので、見てる人からしたら多少なりともストレスはあると思うんですよね。
今まではPCのデザインをレスポンシブして無理やりごまかしていたけど、ココはカスタム欲がムクムクと湧き上がってくる所でもありそうで。
自分では何にもできないからセンパイ方のカスタム術を頂くだけなんだけど。

重要度:★★★★★★★★★★

 

Proにするタイミング

f:id:noritama77777:20180705135232j:plain

これは人それぞれなので、自分のタイミングでいいと思います。別に永遠に無料版でも問題はないと思いますし。
ただ、ある程度ブログをストレスフリーで継続していきたいのならProに契約した方が便利だよってくらいのとらえ方ですね。
ボクが考えられる「Pro化するタイミング」はこんな感じ。

 

収益で元が取れる見込みが出来た時

1日あたりのPVが200~300で安定してきて、アドセンス等の広告収入とProにかかる経費とがペイする見込みがあれば、実質出費はそれ程負担にはならないです。
ボクも今ココです。

 記事数がある程度たまった時

「ある程度」が何記事なのかは自分で線引きをすればいい。
100記事で手応えを感じる人もいれば、300記事書いてもまだ不安がある人もいて当たり前。
この段階になると、リライトだったりSEO対策だったり考えてもいいと思うのでProの機能が便利に感じられると思います。

「ブログを書く事」が生活の一部になった時

ボクもこの状態になりつつあります。
街を歩いていたり、普通に仕事してたり、家でダラダラしていたり、普通に生活している時でも何かネタになりそうな物を探している自分がいて。
会社で書類作成をしているフリしながらブログ書いてたり、プレゼン資料を作ってるフリしながら使えそうな画像を集めたり、ブログに関わる事が日常の中で自然になっているのであれば、無駄にはならないと思います。
良い子(良い大人)はマネしない方がいいと思うけど。

 

これはごく一部の考えなので、必須ではないです。
一番大事なのは、自分で考えて自分で決める事。

Proにしたいと思った時がProにするべき時

ですよ。マジで。

 

スポンサーリンク

 

 

はてなブログとワードプレス

f:id:noritama77777:20180705143450j:plain

そしてブログが生活とか頭の中の大半を占める様になったのならば、はてなを卒業するのも選択肢に出てくると思います。
よく「はてなブログとワードプレス、どっちがいい?」みたいな比較がされているけど、個人的には別にどっちでもいいと思います。
最終的には記事の内容がよければ、正当な評価は得られるのでね。
何を目的としてブログを書くのかで使うべきプラットフォームは変わってくるって感じ。

はてなブログのメリット

・初心者でも割とスムーズに入っていけるやさしさ
・最初は無料で始められる
・「はてぶ」の存在は意外と大きい
・最初からドメインパワーの恩恵を受けられる(SEOに強い)

はてなブログのデメリット

・無料版のままだと制限多過ぎ
・気が変わってワードプレス等に移行する時にメンドクサイ
・あくまでも「はてな」から借りているだけなので、何かあった時の保障が無い
・人気のテーマを使っていると他人とかぶる事が多い=個性がだしにくい

ワードプレスのメリット

・カスタム楽しい
・100%自分の物になる
・WEBスキルがUPする(実際にWPでサイトを発信していた事をアピールして転職時に有利になった知り合いがいます)

ワードプレスのデメリット

・費用がバカにならない(サーバー、ドメイン、ブログプラットフォーム)
・最初の内はSEOがメチャメチャ弱い
・ある程度の知識が必要
・守ってくれる会社がないので全て自己責任

 

初心者でとりあえずブログってもんをやってみたい
カスタマイズとかはある物でいいので、記事を書く事をメインにしたい
という人ははてなブログ

まとまった収入をもたらすブログ、アフェリエイトサイトもやってみたい
デザイン、カスタマイズには絶対に譲れないこだわりがある
規約に縛られないで自由にやりたい
という人はワードプレス

がそれぞれ合っているんじゃないかなって思います。初心者的な意見で恐縮ですけど。

 

最後は自分のモチベーション

f:id:noritama77777:20180705143559j:plain

ボクはこの時点ではてなブログのProに移行しているんだけど、それがゴールだとは思っていません。唯一無二の正解だとも思っていないので、みんなに「なんではてなブログProにしないの?バカなの?」って言うつもりは1ミリもないです。
逆にワードプレスでゴリゴリのアフェリエイトやっている人におんなじ事言われたら「うるせー、人にはそれぞれのスタンスがあんだよ」って言ってやります。

要するに、ブログは誰に強制されて書く物じゃないし、その書き方とか運営の方法とかも好きにやればいいって事なんじゃないかなって思うのです。
自分のモチベーションが高いのなら経費をかけてでも気合を入れてやればいい。もしモチベーションが無くなっちゃったのなら辞めるのも自由だし。

モチベーションをあげて、そしてそれを維持する為には知識を増やす事も必要だし、孤独な環境に陥りがちな状況を打破するような仲間の存在もいいかもしれません。

ボクが今回はてなブログのProに移行したのは、ブログが楽しくなっている事に気が付いたから。

当面はコンスタントに記事を書いて、多少は外部との交流も視野に入れながら今以上に楽しんで行こうと思っています。

1日1記事はゼッタイ、とか変な縛りをつけないで自由にダラダラと。元々このブログにつけていた「知らなくても別にいいけど知ってたらちょっと嬉しいヒマツブシメディア」っていうキャッチコピーのまんまで進む所存でゴザイマス。

 

ではまた。

 

 

【DON部】ベルギー戦の前に丼2つ、そして決勝トーナメント初戦の感想とか想いとか知ったかぶったりとか

f:id:noritama77777:20180703120044j:plain

https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201807020000557.html

ロシアのデカさに改めて驚いています。同じ国で開催しているのに日本時間で最長10時間も試合開始の時刻が違うなんて。

 

スポンサーリンク

 

 

前回、賛否両論あってスッキリしない印象を持っている人もいるかもしれませんが、なにはともあれ決勝トーナメントです。

 

ベルギーは現時点でFIFAランキング3位の超強豪国。通称<レッドデビルズ

ヨーロッパ予選では敗けなし(9勝1分け)で本戦出場をしているほど。得点も43点とってたりするメチャメチャ攻撃力のあるチームなのです。今回のグループリーグも3連勝9得点というハンパない強さで決勝トーナメントに進出しているという所からも、日本にとってはかなり厳しい戦いになる事は簡単に予想出来ちゃうのです。

 

今日は先に丼の話から

f:id:noritama77777:20180703115714j:plain

コレを読んでくれている人は試合の結果を知っていると思うので、一旦サッカーの話は置いといて。

ベルギー戦試合開始、27:00って。夜中の3時って。さすがにこの時間にメシ食いながらの観戦は自殺行為なので、今回はその前の試合を観ながら丼ってました。

例によって、ムスメ達の食べた残りを寄せ集めてプチ丼2つ用意です。

 

「うな玉丼」WITH「回鍋肉丼」

まずは初出場のうな玉丼。通称ゴハンがススム君>

日曜日にヨメの実家から天然のウナギを頂きまして。ヨメが蒸して焼いてタレ塗ってくれた物、その日にほとんど無くなってしまたんだけどかろうじて残ってた1切れを溶き卵と混ぜてレンチン。残ってたタレと山椒を全部かけて完成。

www.kikkoman.co.jp

▲ホントはこんな感じに仕上げたかった

 

そして2品目は12大会ぶり2度目の出場のホイコーロー。通称<豚肉とキャベツの味噌炒め>(そのまま)

ムスメ2は中華系のメニューにハマっているらしく、毎日ヨメにリクエストしているらしい。そういえば、ついこないだマーボー食べていたし(【DON部】ポーランド戦を見ながらのマーボー丼、あと賛否両論あった試合の感想とか)その前の日はチンジャオ的な炒め物だった気がするし。

この企画をやる様になって初めて料理の写真を撮ったんだけど、メチャメチャ難しいです。せっかくのヨメの料理がボクのスキルの無さでウマそうに見えない事もしばしば。そう考えると意味なく自己マンで料理写真をSNSやらにあげてるキラキラ女子の方々って実は特殊なスキルを持っているんじゃないかなって思うのです。

あと、分かった事は中華料理はインスタ映えするって事。

 

 

 

運命の1戦

という事で27:00少し前に起床。ヨメにたたき起こされました。なぜかヨメの方が気合入っているのです。

日本のスタメンはコロンビア、セネガル戦と同じ。いわゆる基本のベストメンバー。先述の通りベルギーはバチバチでくるだろうから耐えて耐えてカウンターって感じの戦術だったと思います。前半はその通りの展開でガマンの時間が長かったんだけど、コレは後半の“日本ハンパない”への伏線だったのです。

さて、伏線の回収。

後半3分。相手の判断ミスがきっかけで転がってきたチャンスに原口が待望のゴール。そして立て続けに後半7分。乾の無回転ミドルで2点目。もうねボクも含めてコレはもらったと思ったハズ。乾君には間違いなく大会終わったらオファー殺到するでしょう。年齢的にはちょっとピークを過ぎている感もあるけれど、そこは晩成型という競走馬みたいな特徴をつけてウマいことやって頂きたい。

ちなみに乾君、高校サッカーの頃から見ているんだけど、野洲高校のスタイルってかなり特徴的だった記憶があります。要はリアル「シュート」って感じ。

これね。

 「ボールを持ったら観客全員が自分を見てると思え」

徹底的に個人技を追及して相手を圧倒するサッカー、あんまりサッカーに詳しくない人でも絶対楽しんで観れると思います。

そんな乾君の2点目で試合の結果はかなり期待出来る物になって、日本中がワクワクドキドキしていたのです。

 

ワールドカップの怖さと世界との距離

2-0でリードしていると言っても相手は世界3位のチーム、しかもノックアウトステージだから勝たなきゃそこで終わり。前回のポーランド戦とは意味合いが180度違うのです。ここからポーランドのガチ攻撃が襲ってくるんだけど、デカいし早いし、あと怖い。そんなイメージで見てました。

後半24分。クリアボールのこぼれをヘッドで流し込まれて1失点。ボクも昔サッカーをやってた頃「サッカーで一番危険なのは2点差を詰められる時」って教わったのを思い出してました。2-0が2-1になると、勢いは完全に1点差に詰めてきた方に傾く物で。ココで踏ん張れるのが世界のトップクラスなんだけど、先に言ってしまうと日本は残念ながらまだそこのレベルに達していなかったのです。

1点を失った直後の後半29分。またもヘッドで合わせられてしまい2失点目。同点に追いつかれてしまい、山口と本田を投入して流れをグイッと引き戻そうとします。この交代は延長戦も見据えての事だったと思うんだけど、その後はお互いにチャンスが1回ずつあって、だけどそれは残酷なチャンスでもあって。

日本のチャンスはアディショナルタイムに入った後半46分。本田のフリーキック南アフリカ大会での30メートル弾を思い出すような無回転のブレ球だったんだけど惜しくもセーブされてしまいます。

この時点でみんな延長戦の事、ヘタしたらPK戦の事すら考えていたかもしれないです。観てるボク達もピッチにいる選手も。だけどベルギーの選手はそんな事を考えていなかったんだと。日本が前半やりたかったカウンターからの速攻で終了間際の(もしかしたらラストプレーだったかもしれない)決勝点をあげる事になるのです。

カウンターの狙いもそうだけど、ゴール前のルカクのスルーはカンペキ。知った風な口で申し訳ないんだけど、アレやられたらしょうがないと思ってしまいました。

 

スポンサーリンク

 

 

日本の2018年ロシアワールドカップはココで終了

終結果は2-3で日本の敗戦。日本はベスト16という結果で今回のワールドカップを終えました。

思い返してみると、直前での監督の交代があったり、「歴代最弱の代表」って書かれたり、おっさんチームって揶揄されたり、過去の大会と比べても期待のされ方ってすごく低かったと思うんですよね。
西野さん自身も「目標は1次リーグ突破」なんていう控えめな事言ってたし。だけどフタを開けてみると初戦にいきなりコロンビアに完勝、身体能力の半端ないセネガルに五分の戦い、そして西野さんの史上最大のギャンブル采配によるフェアプレーポイントでのグループ2位通過。

全然過去の代表に劣ってないじゃないですか。むしろ次へ期待が山盛りな結果を出しているんじゃないでしょうか。

恐らく今大会でベテランと呼ばれていた主軸の選手は代表としては最後の大会になるのかもしれないけど、次へのバトンはかなりデッカイ物を渡している様に見えましたし。

寝不足続きではあったけど、いいもの見せてもらいました。メチャメチャ楽しかったです。やっぱりサッカー楽しいです。

f:id:noritama77777:20180703113905j:plain

はい!

(ボク、トシじゃないけど)

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:noritama77777:20170926141024j:plain

でもまあ、ワールドカップはまだ続くので楽しみな試合が盛りだくさんなのです。コレはしばらく寝不足が続きそうですわ。

ではまた。

【DON部】ポーランド戦を見ながらのマーボー丼、あと賛否両論あった試合の感想とか

f:id:noritama77777:20180702095306j:plain

ポーランドとマーボードン、なんとなく韻をふんでいるような気がしないでもない。

 

スポンサーリンク

 

 

マーボー的な料理って、麻婆豆腐か麻婆茄子の2択がメジャーだと思うんだけど、ウチでマーボー○○っていったら必ず両方入ってるのです。麻婆豆腐茄子って感じ。

ムスメ達はまだまだそれ程辛い物に耐性がないので、デフォルトではかなりマイルドな味付け。だからボクはいつもセルフでラー油をドバドバかける事がほとんど。なんなら七味もドバドバいってしまう事も。

試合開始は23:00だったので、家に帰ってからメシ食うのは少しガマンしてました。

 「ジンジャーハイボール」とかかっこつけた言い方しちゃってるけど、単純に炭酸買うの忘れたから冷蔵庫に残ってたヨメのジンジャーエールインターセプトしただけ。

 

グループリーグ2戦を終えて

f:id:noritama77777:20180702102148p:plain

日本は勝点4で暫定1位。同率でセネガルがいて、ポーランドは敗退が決まってる状況。日本は勝点を1でもあげれば自力での突破ができるんだけど、敗ける様な事があると向こうの結果に依存しなければいけない可能性もあって、ちょっと複雑なのです。

運命のポーランド戦。日本がグループリーグを突破する為の条件を5分で解説。

 

結論から言うと

f:id:noritama77777:20180702104927p:plain

日本はグループリーグを2位で突破しています。

ポーランドとの1戦は残念ながら0-1で敗けてしまったんだけど、同時にセネガルもコロンビアに0-1で敗戦しているのです。コロンビアが逆転で1位突破。コレはさすが強豪国だなと。

で、日本とセネガルの2位争いに関しては今大会から導入された判定基準が適用されています。

勝点、得失点差、総得点、全て一緒。当該チーム同士の戦績も引き分け。ここまで並ぶこと自体が結構レアなんだとは思うけど。

 

フェアプレーポイント

平たく言うと、カードもらっちゃった数が少ない方が勝ちって事です。

運命のポーランド戦。日本がグループリーグを突破する為の条件を5分で解説。

イエローカード⇒マイナス1

イエローカード2枚での退場⇒マイナス3

レッドカード⇒マイナス4

イエローカードをもらっている状態で更にレッドカード⇒マイナス5

日本は槇野がイエロー1枚もらってしまったんだけど、それでもセネガルの方が累計で上回ってしまっていたので、日本が勝ち抜けという事になりました。

 

 

 

ブーイング

f:id:noritama77777:20180702104940j:plain

もうご存知かとは思いますが、この試合の後半、終了間際の日本チームの戦い方は会場の観客席からはかなりのブーイングが出ていました。

日本は0-1で敗けている状況の中、セネガルも同じ得点で敗けているという事が伝わっていたため、リスクを冒す事よりも現状維持でフェアプレーポイントでの突破を選択したのです。

具体的には、「敗けてるのにボール回すだけで攻めていかない」という奇妙な戦術。ポーランドもこのまま終われば最低限1勝はあげられるという事になるので無理してボールを取りにこない、変な言い方だけどお互いの利害が一致していたのです。

確かに見てる方は面白くないと思います。だけどこの試合における日本の最優先ミッションは「決勝トーナメントに進む事」っていうのを忘れては」いけないのです。ピッチにいる選手自身もこの選択を西野さんがしたという事は意外だったのかもしれない、だからあのタイミングでの長谷部投入なんだと思っています。

攻めていくんだったら本田なり香川なりを3枚目のカードとして投入するハズで、長谷部のファーストタッチの瞬間にその場にいた全員が残り時間の使い方を理解したのではなかろうかと。

さらに、そもそもこの戦術には大きなリスクがあるっていう事も忘れてはいけないし。

セネガルが1点とったらその時点で絶望なんですよ。このシナリオはものすごく怖い。消極的な戦術をとった挙句、つかみかけていた勝利(試合には敗けるけど)をみすみす逃してしまうという事になるのです。

こうなったら西野さんはもうボッコボコに叩かれるのは必至。選手だってタマゴぶつけられる勢いで非難されるし。「あの時ああしてれば」とか「あそこのあれがなければ」とか、メディアお得意の手の平返しで、前2試合を蒸し返される事も。それこそ川島がセネガル戦でミスしなければ、とかね。戦犯探しがメインの報道になってしまう可能性だって大きかったのですよ。

まあ、結果はこのようになったのですが、無責任に外野でヤイヤイ言うのは身内で飲んでる時くらいにとどめておいた方がいいのではないかと思います。ここぞとばかりにSNSで戦術批判をしてみたり、海外メディアからの批判記事にのっかってみたり、なんか見ていて気持ち悪かった。

仮に、攻めて1点取るという選択肢で、カウンターくらって追加点とられたみたいな結果になったとしたら「そこは安全策だろ」とか「日本はもっとズルくならなきゃダメだ」とかそっち方面の批判があふれ出ていたと思うし。

なんていうか、この結果に対してああだこうだ議論するのは無意味じゃないかなって。どういう結果であれメディアはおもしろおかしく書くんだから。

 

 マーボーの事忘れてた

f:id:noritama77777:20180702111253j:plain

http://cookingforest.net/ma-bo-toufudonn.html

 

スポンサーリンク

 

 

ちょっとアツくなってしまってマーボーの事完全に置き去りでした。元々観戦しながらマーボー丼食べたっていう所から始まったんだった。

 

buchineko-okawari.hatenablog.com

イチから作ると自分好みの辛さにできるからウラヤマシイです。

 

kayanomi.hatenablog.com

 そうなんですよそうなんですよ。黒いマーボーってメチャ辛いんですよ。

 

pochagin.hatenablog.com

 最近外でマーボー食べてないなあ。

 

anh-muu.hatenablog.com

マーボーはインスタ映えします。絶対します。

 

やっつけ仕事になってしまって申し訳ないです。

 

決勝トーナメント初戦はベルギー

f:id:noritama77777:20180702112554j:plain

日本のワールドカップ最高成績はベスト16。決勝トーナメントでは一度も勝った事が無いのです。

今コレを書いている時点で、アルゼンチン、ポルトガル、そしてスペインですら脱落しています。なんか波乱の予感もする決勝トーナメント、コレはワンチャンあるんじゃないか。

という事で、ボクは今日は定時にあがって一度寝ます。27:00に起きるつもり。

 

ではまた。

 

 

2018年ロシアワールドカップ/グループリーグ結果のまとめ/通ぶる為の小ネタ

f:id:noritama77777:20180629191429j:plain

 

 

長い1か月のお祭りも前半戦が終わりました。

ここからはマジもんのガチもんの戦いが続く決勝トーナメントです。さすがにグループリーグ全試合は見られなかったけど、時間と体力の許す限り観戦したつもり。詳細な解説は専門のサイトさんにおまかせするとして、最低限のうわっつらの結果と考察、それと通ぶる為の小ネタをまとめてみました。

豆知識的な感じでドウゾ。

 

スポンサーリンク

 

 

グループA

f:id:noritama77777:20180629091924j:plain

1位:ウルグアイ

2位:ロシア

開催国ロシアの圧勝で幕を開けた2018年ワールドカップ。

前評判通りの2チームが無難に決勝トーナメントへ進出したっていう感じです。正直組み合わせに恵まれた感は否めないと思いますが、ロシアには開催国というプレッシャーもあっただろうし。

ウルグアイスアレスは所属するバルセロナではメッシと組む程の素晴らしい選手ですが、過去にはかなりのお騒がせ実績もあるのです。

www.soccer-king.jp

 

グループB

f:id:noritama77777:20180629091948j:plain

1位:スペイン

2位:ポルトガル

 初戦でいきなりスペインとポルトガルが対戦。3-3の引き分けでお互いに勝ち点1を分け合うという結果になりました。組織のスペインと個のポルトガルっていう印象でしたね。

ロナウドは1人で4得点の大活躍。順調に勝ち進めば得点王も見えてくる位置につけています。

アジアでは最上位のイランとアフリカ予選では無失点のモロッコ、この2チームがどんだけかき回せるのか注目していたんだけど、番狂わせはおきませんでした。

 グループC

f:id:noritama77777:20180629092014j:plain

1位:フランス

2位:デンマーク

フランスは2試合終了時点で無難に突破を決めていて、ペルーが2連敗していた為、2位争いはデンマークとオーストラリアに絞られた。という状況で迎えた最終節。

デンマークのフランスとの対戦は今大会初のスコアレスドロー(37試合目)でしたが、これによってフランスの1位突破とデンマークの2位通過が決定しました。

フランスの『10番』っていうのはプラティニジダンベンゼマがつけていた伝統的なエースナンバーなんだけど、今回10番を付けているムバッペは19歳という若さ。ペルー戦で決めた得点はワールドカップ史上最年少得点の記録なのです。

そして、アジアでは日本がしょっちゅう苦しめられているオーストラリアが1勝も出来ずに姿を消してしまいました。

グループD

f:id:noritama77777:20180629092029j:plain

1位:クロアチア

2位:アルゼンチン

クロアチアの強さが際だったグループでした。初戦でナイジェリアを2-0で下すと、そのままの勢いでアルゼンチンにも3-0の圧勝。突破が決まっている3戦目も2-1でアイスランドに勝利して文句なしの1位抜け。

逆にアルゼンチンのヤバみが話題になっていましたね。初出場のアイスランドにまさかの引き分け。そのままクロアチアに負け。3戦目の結果次第ではグループリーグ敗退の可能性も十分にある中、やっと出たメッシの得点等でなんとかナイジェリアに2-1の勝利。コレによってアルゼンチンが2位通過する事に。

個人的には、アイスランドの堅さ(メンタル的な事じゃなくて守備的な意味の)がスゲーなって。

 

 

 

グループE

f:id:noritama77777:20180629092044j:plain

 ブラジルの突破は確実視されていたんだけど、初戦のスイス戦ではまさかの引き分け。ブラジルは前回大会から連続して9試合連勝していたんだけど、この記録がここで途切れました。

注目は2位争いでした。スイスとコスタリカの試合は2-2のドロー。ブラジルがセルビアに勝利して1位抜けを決めた事によりスイスが2位で突破する事になりました。

ネイマールコスタリカ戦の後に号泣してたのが印象的でした。あの人クラスでも重圧みたいな物に苦しめられる事もあるんだなと。当たり前だけど。

 グループF

f:id:noritama77777:20180629092058j:plain

 組み合わせ決まった瞬間、「うわあ」って思いました。毎回必ず発生する”死のグループ”がここで登場。

ボクの優勝予想はスウェーデンなのです。【DON部】セネガル戦を見ながらの丼2つ(時刻は0:00をまわっております)

 順当にドイツ1位のスウェーデン2位かなと。っていうド素人予想は初戦でボッコボコにされることになるのです。

ドイツ、まさかのメキシコに0-1で敗戦。今思うとこの時点でドイツはちょっとおかしかったのかなと。「前回の優勝国はグループリーグを突破できない」というワールドカップの負のジンクスはまだまだ生きていたみたいで。2戦目には我がスウェーデンに2-1で勝利しますが、運命の第三戦、格下も格下の韓国に対して0-2で負けてしまうという大事件が勃発。ドイツは初めてのグループリーグでの敗戦となってしまいました。

2戦目まで見た感じだと「メキシコ半端ねえ」っておもってたんだけど、その半端ねえメキシコに3-0で勝った我がスウェーデンはもっと半端ねえのではなかろうか。

ちなみに我がスウェーデン(我が我がうるさい)が韓国と戦った際には今回から導入されたVRA判定で獲得したPKで勝利しています。

 グループG

f:id:noritama77777:20180629092405j:plain

 イングランドのハリーケインが2試合の出場にもかかわらず、5得点を挙げて現時点では得点ランキングトップになっています。対してベルギーはロメルルカクの4得点を筆頭に3試合で9得点という攻撃的なサッカーで1位通過しています。

その結果、日本の決勝トーナメントの初戦はベルギーになりました。ちなみにベルギーは3戦全勝の1位通過、グループリーグ3連勝はベルギーとクロアチアウルグアイの3チームのみ。ベルギーの強さは推して測るべし。

あと、今回初出場のパナマ代表ですが、本来いるべき選手が悲しい事件に巻き込まれてしまい出場出来ませんでした。

www.footballchannel.jp

 

グループH

f:id:noritama77777:20180629092422j:plain

 そして日本。初戦でコロンビアから大金星を挙げると、当初酷評していた各メディアはこぞって手のひら返し。なんだかなあと。「大迫半端ねえって」が流行語大賞とっちゃう勢いで街中で蔓延していました(今でも)

セネガル戦では常にリードされながらもなんとか追いついて貴重な引き分け。

この試合では川島のセービングについて、日本はもちろん各国のメディアがかなり厳しい批評がなされました、確かに見ていて危なっかしかった部分はあるけれど、今大会の日本のキーワードは「手の平返し」なんじゃないかなって思ってる(伏線)

そしてグループ内ではFIFAランキングが一番上位のポーランドが不調で、2戦終了時点で既にグループリーグ敗退が決まってしまいました。

日本の第3戦はそんなポーランドと。1勝は死にもの狂いでとりにくるだろうから日本にとっては厳しい戦いになるのは予想されていたんだけど、西野監督は先発を6人入れ替えるという戦術をとりました。日本は引き分け以上でグループリーグ突破が確定するので、自力での突破を目指したい所。突破の条件は⇒運命のポーランド戦。日本がグループリーグを突破する為の条件を5分で解説。

 結論としては2位で突破です。試合結果は0-1で敗けです。セネガルはコロンビアに0-1で敗けたので、得失点差/総得点/当該チーム同士の戦績、全て同率。

今大会から導入された「フェアプレーポイント」での争いになったんだけど、試合に敗けてるのに攻めずにボールを回して時間を稼ぐという奇妙な感じでした。残り時間でセネガルが点とったら全てが台無しになってしまう超危険なギャンブルを乗り越えての16強。色々言われてるけどボクはアリだと思います。この試合が持つ最優先の目標は「グループリーグ突破」なので。

試合自体は攻撃もあんまり噛み合っていない感じだったんだけど、川島の素晴らしいセービングが目立っていた気がします。

さっきの伏線を回収します。

川島スゲー、川島のおかげで助かった。やっぱり川島は必要だ」-の声の多いこと。何日か前まで「川島オワコン」的な扱いしてたクセに。

まあ終わった事は忘れてですね、決勝トーナメントを1つでも多く勝ち進んでいってほしいものですわ。

 

スポンサーリンク

 

 

日本の決勝トーナメント初戦は

7/2(27:00)のベルギー戦。

それに勝ったらブラジルかメキシコ。

それに勝ったらウルグアイポルトガルかフランスかアルゼンチン。

それに勝ったら........キリがないのでこのへんで。

まあアレだ、ガンバレニッポンって感じ!

 

ではまた。

運命のポーランド戦。日本がグループリーグを突破する為の条件を5分で解説。

f:id:noritama77777:20180628165851j:plain

 

 

 

間もなく日程の半分近くが終わろうとしているロシアワールドカップ。

戦前の評価を思いっきりひっくり返して日本は大健闘しています。

今夜のポーランド戦はグループリーグを突破できるかどうかが決まる大事な一戦なのです。 

4チームでの総当たりリーグ、順位の付け方が若干ややこしいので日本が突破するための条件を整理しておこうかと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

▼ とりあえず2試合が終わった時点での順位表。コレを前提として解説。

f:id:noritama77777:20180628174644p:plain

 

日本◯の場合

f:id:noritama77777:20180628170147j:plain

無条件で突破確定。(勝点7)

一位か二位かはセネガルVSコロンビアの結果次第。

 

日本△の場合

f:id:noritama77777:20180628170613j:plain

コレでも日本の突破は確定。(勝点5)

 

日本●の場合

f:id:noritama77777:20180628170742j:plain

こうなるとちょっと複雑になるので順番に。

日本は勝点4でグループリーグを終える事になるんだけど、セネガルVSコロンビアの結果によっては脱落の可能性も出てくるのです。

 

 セネガルの勝ち

セネガルが勝点が7で一位抜け。

コロンビアは勝点3のままなので日本が二位で抜け。

 

セネガルとコロンビアが引き分け

セネガルは勝点5で一位抜け。

日本とコロンビアが勝点3で並ぶのですが得失点差でコロンビアが上回るので日本は脱落。

 

セネガルが負け

コロンビアが勝点6で一位抜け。

日本とセネガルが勝点4で並び得失点差の争いに。

得失点差が同じ場合は総得点の多い方になるんだけど、消化した2試合の結果、得失点差、総得点共に並んでいます。

次の基準は当該チームの勝敗。だけどこれも引き分けているので同率。

ココで出てくるのが「フェアプレーポイント」「反則ポイント」と呼ばれる判断基準。

イエローカード⇒マイナス1

イエローカード2枚での退場⇒マイナス3

レッドカード⇒マイナス4

イエローカードをもらっている状態で更にレッドカード⇒マイナス5

 

2試合終わった時点では、日本がイエロー3枚、セネガルがイエロー5枚。日本の方が優勢ではあるんだけど。まあそこを気にして戦ってる場合ではないので。

可能性としては極めて低いんだけど、フェアプレーポイントですら同率になった場合、最終的にどういう決め方をするのか、恥ずかしながら知らなかったのです。

 

 

 

まさかの最終手段

ここまで必死に戦ってきたのに抽選で負けたら悔しさのぶつけ先に困りまくるのはなかろうかと思います。ルールなんで仕方ないとは思うけど、それこそPK戦で決めたらいいと思うのです。次の日の早朝にでも近場のグラウンドに集まってでも。

 

決勝トーナメントの組み合わせを見てると、2位抜けになった方のヤマに強豪が固まってる感じがします。フランス、ポルトガル、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、メキシコ。何が起こるか分からないとはいえ、H組に関しては1位抜けと2位抜けではこの後の戦いにものすごくデカい違いがありそうです。

得失点だの総得点だのポイントだの気にするのは一旦置いといて、勝てばいいだけなんでそこだけに集中して戦って欲しいと切に願います。

ボクは恒例の丼食べながらアルコールと一緒に観戦するつもり。

 

スポンサーリンク

 

 

【DON部】セネガル戦を見ながらの丼2つ(時刻は0:00をまわっております)

f:id:noritama77777:20180626164924j:plain

 会社でワールドカップの優勝国予想ゲームをしています。

優勝国単勝、一位総取りなのでできるだけ他人とかぶらない、なおかつ優勝のポテンシャルのあるチームをセレクトする事が重要なのです。

単勝であれば複数のチームに投票できるシステムなので、ボクは2口買っています。あ、チョコレートですよ、当たってももらえるのは。チョコですチョコ。チョコだって。

本命⇒スウェーデン

対抗⇒ポルトガル

すでにこの時点でスウェーデン危ういけど。

 

スポンサーリンク

 

 

前回コロンビア戦で見事に勝利した日本。ボクもちょっと乗っかってしまったんだけど「ハンパない」の乱立に少々辟易しております。「ハンパない」言ってればとりあえずOKっていう空気が、ちょっとね。

「ぱないの」とか言ってくれるとボクは嬉しいんだけど。分かる人だけ分かってくれればいいのだけれど。

f:id:noritama77777:20180626125929j:plain

 

2戦目はアフリカの強豪、セネガルとの対戦です。多分だけど、今回は「監督イケメン」でツイッタ―は盛り上がる様な気がします。

 

 

 今回は日本時間で0:00からなので、一度寝る事に。一旦普通に夕飯を食べたんだけど、観戦のお供の為にアルコールの摂取はガマンしておきました。日曜日の夕飯って割と早い時間になりがちで、この日も鉄腕DASHがはじまる頃には食べ終わっていたのです。

 「めかぶとろろ丼」をおかずに「豚キムチ丼」

f:id:noritama77777:20180626130143j:plain

さすがに早い時間に夕飯を食べていたので、試合が始まる事には小腹が空いてきて。飲みながらポテチでも食べればいいやくらいに考えていたんだけど、冷蔵庫の中には夕飯の残りが。

ムスメ達が食べた残りはボクが処理するのは暗黙の了解なのです。

「残ってるのもったいないから食べちゃおう」

「いつも中途半端に残しやがって」

とかブツブツ言いながら準備したんだけど、正直に言うと夕飯の片づけをしている時から狙ってました。夜食で食おうって。

だから久しぶりに着ようとしたスーツが着れなくなってるんだっていう事は考えない事に。

 

 

 

ネバネバは夏バテ防止に

f:id:noritama77777:20180626130247j:plain

別に身体が弱いってわけじゃないんだけど、ムスメその2は毎年この時期に少し体調を崩しがちなのです。暑さにあんまり強くないのかもしれません。

学校で「ネバネバした物を食べると健康になる」みたいな情報をキャッチしてきた様で、ヨメにネバネバ食材をリサーチしていたらしく。その日の冷蔵庫には「納豆」「めかぶ」「オクラ」「とろろ」が用意されていました。

以下、うんちく。

・オクラのヌメヌメには整腸作用があるので便秘の人には神食材

・めかぶに含まれる食物繊維の量は半端ない(←結局使ってしまった)

・納豆に含まれるナットウキナーゼは血液をサラサラにしてくれる

・とろろがあればゴハン3杯は余裕

最後のは無視してくれていいです。前に山芋のうんちく書いた時に、ちょっと絡まれかけた事があってトラウマになっているのです。【DON部】クソツマラナイ飲み会帰りのシメDON

 

肉+ハイボール=最強

f:id:noritama77777:20180626130531j:plain

基本的にお酒は冷たい物をグイグイいきたいタイプなのです。一時期はヨメの実家から頂いた梅酒(3リットル程度)を毎晩飲んでいたんだけど、遂にストックが切れてしまったのでハイボールにシフトしているのです。

ここまで触れていなかったんだけど、デカい方の丼はこの時間にはちょっと重めの豚キムチ。さすがに口の中がこってりしすぎるんだけど、強炭酸で割ったハイボールがメチャメチャいい仕事をしてくれているのです。

肉、肉、ゴハンハイボール、肉、肉、肉、ハイボール、肉、ゴハンハイボール(以下ループ)

食べるのも飲むのも進んでしまい、普通にメシ食ってただけでした。

ちなみに今回、アップルジュースを少しブレンドしてみたんだけど(例によってムスメの飲み残し)、居酒屋にあったら普通に頼んじゃうレベル。

川島もねえ、もう少しハイボールへの対応が丁寧だったらねえ、って無理やりダジャレもぶち込んでしまう程に。

 

スポンサーリンク

 

 

で、セネガル戦(エラそうに書いてしまうけど批判とかしないで下さい。凹んじゃうから)

f:id:noritama77777:20180626131609j:plain

https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20180623/781168.html

そういえば、2002年の日韓大会でもフランスに勝ってしまうというミラクルを起こしていたチームでした。

そこから久しぶりの出場なので知名度としては低いかもしれないけど、まあ強いですよ。もともとアフリカのチームって身体能力で無双しちゃうみたいなイメージがあるけど、最近では組織的な戦術を叩き込む監督を招く事でチームとしてのレベルが格段にアップしているから。

西野監督も一番要注意なのはセネガルって言ってたし。

結果としては2-2の引き分け。勝ち点1を分け合ったという事になりました。

これでグループリーグ突破は最終戦に持ち越されたわけですが、ココで決められなかったのは若干イヤなニオイもしています。

2連敗のポーランド、ドチャクソ攻めてくるだろうから。

まあ、ボクなんかが色々言っても仕方ないので、なんか適当な丼でも食べながら応援しようと思います。

 

トモダチ探し

過去のDON部みたいに明確なメニューがないから難しい所なんだけど。

豚キムチ」「めかぶ」「とろろ」「ハイボール」をキーワードに。(既にサッカー興味なくなっている)

 

akastubaki.hatenablog.com

 ホントはこれくらいの量が適正なのかもしれない。ボクはゴハンに合う物は盛れるだけ持ってしまう習性があるらしく。ボクも最後にキムチの素を投入する派です。

 

kazokunoshiawase.hatenablog.com

 乾燥めかぶなんてものがあるなんて。コレは白米に絶対合うはず。盛れるだけ盛ってしまおう。しつこいけど。

 

www.kato-hisaaki.com

 変化球(ってほどでもない)で白米以外にとろろを合わせてる方をチョイス。ウマそうだし考えてみたら今回の観戦の時には無理して米にする事なかったのかもしれない。

 

www.oishikerya.com

 ハイボールに限った話ではないけど、正しい飲み方で飲むとウマさが3割増し(当社比)になる気がする。

 

さて、次はポーランド

この時点で既にポーランド戦を観戦しながら飲むお酒を3つに絞っていたりします。先日参列した結婚式で飲んだ赤ワインがウマかったので第一候補はワイン。高いし次の日仕事なので軽めに、という事でレッドアイが第二候補。そして3つ目の候補はまさかのマッコリ。

なんでかっていうと、先週末に仕事で前に一緒に仕事していた韓国のエージェントの女性がウチの会社にきて、「オマエそれ家用だろ」ってレベルのマッコリ(想定1.5リットル)を1人1人に配ってくれたから。

っていうか、今日それが良かったのではないかと。キムチもあったのに。

 

ではまた。

 

スポンサーリンク