ティロ・フィナーレ

ティロ・フィナーレ

仕事も遊びも子育ても。ゆるく斜め上へ向かって楽しむ為のブログです。

パチプロ気取ってた学生時代の話

f:id:noritama77777:20180222130623j:plain

「パチンコは適度に楽しむ遊びです」

 適度ってレベルじゃないだろうよ、今の台の仕様はよ。

 

スポンサーリンク

 

 

今でもチョイチョイ嗜んでいるんだけど、パチンコ歴は結構長いのです。あんまり堂々と言える趣味じゃないけどね。

パチンコっていうかパチスロだけど。

興味ない人には何言ってるのか全く分からないと思うけど、今の台ってよっぽどのヒキが無いと初当たりまでにそれなりの投資が必要でして。それを取り返せるかどうかは、これまたヒキに頼る部分が割と大きくて。そりゃあ遊戯人口減りますわな。

1時間チョイで3万使って5分で終わってゲームオーバーとか、もうね、全然遊技機じゃない。適度に遊ぶってどの口が言ってんだって。

 

前置きが長くなってしまいましたが、大学生の頃はパチスロで結構なお小遣いを稼いでいたのも事実。その頃の話を思い出してみようかと。

 

 

 

当時のパチスロ事情

細かい説明は割愛するけど、パチスロってその世代によってゲーム性とか仕様とかが全然違うのね。今主流なのはATとかARTとか言われるシステムによって出玉を作るタイプ。コレ、適当に打ってると初当たりまでにエライ金がかかりかねない。で、せっかく当たっても大して増えない事もしばしば。天井狙い、ゾーン狙いとか、そういう知識がないとまず負ける。設定狙いなんていう正統派は夕方から打つにはちょっと厳しいんで。

でもね、ボクが学生の頃は1000円で、っていうかコイン3枚で確実に当たりが引けたんですよ。

 

それが「モーニング」

当時はさっき言った様な複雑な仕組みは無く、純粋にボーナスのみで増やす仕様だったんで。その機種とか設定によってマチマチだけど、要はコイン3枚(60円)で200~300分の1くらいの当たりを引けばOK。大体300枚チョイのコインが出てくるから5000円弱くらい(交換率とかがからむんだけどソレはここでは割愛)

で、モーニングとは何か。

「開店時に既に当たっている状態」

って事。パチンコと違って、当たりを引いても指定された図柄(7とかBARとかね)を自分で揃えない限りボーナスは始まらないから、パッと見は特に何もないように見える。だけどリーチ目って言われる「当たってますよ」って分かる出目だったり、あからさまな台だと、当たるとランプがついて教えてくれるのもあるから、そのランプがついてる状態になってたりして。

そしたら自分でコイン投入してレバーを叩いて揃える。そんだけで5000円。メッチャ簡単な作業でした。ただ、そういうお店って開店からしばらくはコイン流せないから、そのコインで打つ事になるんですよ。要するに、最初に1回当たりやるからしばらく打ってろっていうお店からのサービス的な物。モーニング台に設定入ってる事は期待できないから、増えればラッキーくらいのスタンス。

 

設定示唆、もしくは公開

パチスロには設定っていうもんがあって、その設定によって当たりの確率が違うのです。大体1~6まであって、6が一番確率が高い。だったら6打ちたいじゃんって思うのは当たり前の事で。

で、今では禁止されてるんだけど、当時はその設定を暗に教えてくれる事も多くて。台の上に何らかの札を刺すやり方が多かったかな、それがサイコロの目だったり魚の絵だったり(コレはパチンコ打つ人じゃないと分からないと思う)そういうので示唆してくれてたんです。

もっと露骨なのは「4」とか「上」とか「てっぺん」とか書いてある札刺しちゃうケース。まあこれはどこまでそのお店を信じるかっていう部分もあるから100パーじゃないんだけど。

 

 

ちゃんと早起きしてた大学生

モーニング然り、高設定然り、ちゃんとしたお店で打つ前提であれば、台を確保しさえすればまず負ける事は無かったのです。だからちゃんと早起きして開店前に並ぶっていう規則正しい生活を送っていたのです。”規則正しい”の方向が間違ってる事にはこの頃は全く気付かずに。

ボクは学校の近くのホールに通ってました。なんかの間違いで学校にいかなきゃならなくなった時に便利だし、一緒に通うツレもいたし。そもそもさっき言った札の信頼度もそれなりにあったし。

ただ、そういう意味での「優良店」だったからなおさらライバルも多くて。ヘタしたら並んだのに台がとれない事も少なくなくて。だから朝の並びって結構重要だったのです。

一緒に通ってたツレは、なんでボクなんかと友達になったのか分からないくらいタイプが違うヤツで。オラオラ系っていうか、まあ見た目がイカツイ。控えめにいってイカツイ。今出会ったら間違いなく道開けて彼の視界に入らない様にするね、間違いなく。

 

f:id:noritama77777:20180222130655j:plain

ちょっとしたトラブル

そんなイカツイ見た目のツレと一緒に並んでたから、結構目立ってたのは間違いないと思う。彼の名誉の為に言っておくと、イカツイのはあくまでも見た目だけ。中味は結構やさしくていいヤツで。さらにボクも知ってる1コ上のセンパイと付き合ってて彼女にはかなりの愛情を注いでたりもして。インカレのサークルにいたんで、その彼女は他の学校からもモテモテ、なんであえてソイツを選んだのかは今でも分からない。

仮にタニグチ君としておこう。実はボクにパチスロを教えたのはこのタニグチ。ちゃんと聞いた事はないけど、13歳の頃からパチンコ屋には出入りしてたみたい。確かにあの見た目とガタイだったら服装だけ大人ぶればそんな感じに見えなくもないし。

さらにモーニングやら設定札やら、そういう仕組みもレクチャーしてくれたのもタニグチ。規則正しい生活(台取る為の)をボクに叩き込んだのもタニグチ。もうね、その頃の僕はタニグチ色に染まりまくってた。

ある日、いつもの様にいつものホールに並びに行くと、先頭から3メートルくらいのスペースにマンガやら空き缶やらが置いてあって。今まではそんな事なかったし、そもそもこのホールは基本的には物での順番取りは禁止してたから、いつもは遠目から見てもどのくらい並んでるかが分かる感じだったんです。それがその日は違ってて。恐らくそのホールのウワサを聞きつけた新参者だろうけど、タニグチにはそんなの関係なくて。

いつもはジャンケンして負けた方が並んでる間に食べる朝メシを買いに行く事にしてたんだけど、その日はボクに買ってきてくれないかと。なんとなく彼のやりたい事は分かってたから小走りでコンビニへ。したら、ボクの考えのはるか斜め上を行く行動をしてたんだよね、タニグチ。せいぜい置いてあるマンガとかをどけて先頭に並ぶんだろうなくらいにしか思ってなかったんだけど。

どこから持ってきたのか、デカいポリバケツ(よく飲み屋の裏口においてあるようなヤツ)に置いてあったの全部突っ込んで駐車場の入り口に放置してた。多分デフォルトで入ってた生ゴミもあったと思う。そうこうしてるウチに他のお客さんも並び始めて、開店間際になって、その持ち主も先頭にいるつもりでダラダラやってきて。まあキレるよね。

レダコラー▽☆$%◆(!”7==

みたいな、言いたいことは分かるけど言ってる事は分からない宇宙語叫び始めて。正直に言おう。ボクはメッチャビビってた。だってそいつら、みんながみんな限界まで巻きました的なパンチあててるし。中学生の頃以来に見たからさ、教科書に載るような典型的なヤンキーなんて。

 でも僕は知ってたから、タニグチはそういうトラブルに動じるヤツじゃない。っていうかむしろ楽しんじゃうタイプ。何食わぬ顔で先頭に並んでたタニグチ、そいつらに向かって一言。

ゴミはゴミ箱にすてないとダメだぞ。

って。決してケンカ腰じゃなく、むしろ諭すような感じで。普段は三つ編みメガネ、実はナイスなボディっていう委員長的な言い方で。

f:id:noritama77777:20180220154022j:plain

羽川さんが言いそうな感じで。

結果、宇宙人はタニグチに突っかかっていったんだけど、タニグチは相手にしなくて(少なくともボクの見える範囲では)。

そうこうしてるウチに開店したんで後は店員さんに任せた。当時の店員さんって今みたいな感じじゃなくって基本的にはそういう筋の人っていう出で立ちだったからね、ソイツら多分店員さんに軽く、ホントに軽く説教されたと思う。店の中には入ってきてなかったから。っていうかあいつら間違いなくパチンコ屋に入っちゃいけない年齢だろうしね。

まあ、それ以外にも小さなトラブルはチョイチョイありましたけどね。中国人グループにトイレで囲まれて中国語で脅された話とか(全然小さくない)

 

タニグチとの別れ

 結局1年生の秋頃から2年生の年末くらいまで、タニグチと一緒にこんな感じで遊んでた。ウチの大学、1~2年生は郊外のキャンパス、3~4年生は都内のキャンパスになってまして。ボクは都内でもタニグチと一緒におんなじ事をやるつもりでいたんだけど、それは無理な事で。

タニグチ、3年生に進級する事なく学校ヤメてしまった。聞いた所によると家業を継ぐからって理由らしい。元々は卒業してすぐに継ぐ予定だったらしいけど、なにやら事情が変わって前倒しになったんだと。家業が何かは結局聞く事なく。なんかそこまで踏み込むのもアレかなって思ってたし。

 

ソロ活動

そんなこんなで、頼れる仲間もリラックスできるホームグラウンドも無くなった3年生の春。一応言っておくと、最低限の単位が取れるだけの授業は出てた。サークルにも入ってたし。サークル行事にも参加してて3年生になった時点でなぜか幹部にさせられてたし。ちょっとしたリア充

バイトもしてたから多少のお小遣いはあったんだけど、タニグチと一緒に行動してた時の方が余裕があったのも事実。大学生のお金の使いみちなんて、服買ってメシ食ってたまに合コン行って、の繰り返しだからバイト代だけで十分賄えてたのも事実。

でも5月には学校周りの中でも一番良さげなホールを見つけていたのも事実。

見つけた、とか言ったけど半分以上は自力じゃない。センパイにもタニグチ的な人が何人かいたので教えてもらっただけ。但し、一緒に打ちに行くノリではなかったから基本は一人でホールに行ってた。開店~昼過ぎ(授業出る時は11時くらい)までホール、メシ食って授業、夕方~夜までバイト、バイトの無い日はホール。そういうサイクルで毎日を過ごしていたクソ大学生なのです。

 

怖かった出来事

そんな感じでソロ活動メインだったんだけど、秋になる頃には店員さんにも顔覚えられてた。実際、ちゃんと設定入れてくるホールだったから少なくとも月ベースでバイト代の半分くらいの金額を稼いでいて。モーニングはなかったけど、例の設定示唆のクセがわかると面白い様に勝てまして。

そんなある日、客付き30パーくらいのシマでずっと隣で打ってるオジサンが話しかけてきまして。最初は目押ししてくれ的な話と思ってたんだけど、なんか様子が違う。そしてその時初めてそのオジサンの顔を見た。

 

コエエー

 

てっきり自営業かなんかで昼までのヒマツブシに打ってるオジサンの感覚でいたんだけど、現実は違くて。一言で言うなら、インテリヤ〇ザ。目がおっかねえ。

自分の言葉使いを秒速で敬語に直したね。

で、話聞いてみると、要はコンビ組まないかと。毎日箱詰んでるから目立ってたのかもしれないし、別の目的があったのかもしれない。カラダとか?

正直に言うと、タニグチとのコンビが懐かしかったし一人で打つよりコンビの方が楽しいのは分かってる。でも、この申し出には最大限の敬意を払ってお断りしました。

 

だってコエエもん。

 

最初はキレられて連れ去られて何かされたらどうしよう大きな声出した方がいいかなもうここには来れないなっていうか店員なんでニヤニヤしてんだよああマック食いてえなCGF(うsklうぇおう273783rfg..........ってパニくったんだけど、意外とあっさり引いてくれたから。

ちなみにそのオジサンとはその後もたまに顔を合わせる事にもなるんだけど、普通に会釈するくらいの関係でした。結局あっちも一人で打ってたからコンビのオファーはことごとく失敗したんだろうなと。

っていう話。

 

大学卒業と同時にこの生活も終焉を迎える

結局卒業までこんな感じで、流石に3年生の後半くらいからは就職活動とかで忙しくなったので頻度は下がったけど。ホントに悔やまれるのは、大学4年間で稼いだ分、全く貯金出来てない事。まあ使ったよね。今思うと贅沢の極み。この後日本に未曾有の不景気の波がやってくる事なんて知らなかったから。

パチプロ気取ってた、とか言ってしまったけど全然そんな感じじゃなかったな。ただパチスロ好きのクソ大学生だっただけ。人様におススメ出来る趣味ではないんだけど、ちょっと懐かしんでみようと思った次第なのであります。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:noritama77777:20170802125446j:plain

 例のツレ、仮にタニグチ君って書いたけど、アレはウソだ。タニグチ君は本名なのだ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

『フリーランスになる=楽して稼ぐ』ってことじゃない。絶対違う。マジで。

 

f:id:noritama77777:20180214150117j:plain

ブログ、毎日書ける人尊敬する。あと、絵がウマい人も。

 

スポンサーリンク

 

 

ボクみたいにサラリーマンやりながら書いてる人、お料理レシピを紹介してくれてる人、日々の出来事をおもしろおかしくネタ的に書いてる人、見習わなくてはいけない部分が多すぎます。

中でもスゲーなーって思うのは、ブログでメシ食ってる人。いわゆるフリーランス系のブロガーさん。

広告収入だけじゃなく、ブログというツールを使って最大限の効果を引き出すっていうのはスゲーなーって。そんなプロブロガーに憧れてる人も多いと思うんだけど、正直ボクには出来ない。っていうか出来てもやらない。

なんでかっていうと、コワいから。いろんな意味で。

 

 

 

フリーランス

肩書としては「個人事業主」になるのかな。ボクの認識としては、会社とか組織に属して業務に従事するのではなく、自分のスキルとか労力を提供する事で対価(ギャラ)を得る職業。

ネット界でも有名な方がゴロゴロいますよね。

だけど、「ネットでチョコチョコってやってればお金が入ってくるってすごくね?」くらいのイメージでフリーランスに憧れている人がいたら、それは絶対にやめた方がいいと思うんです。

 

 

自分はこの会社で一生を終えるのか?

社会人になってしばらくしたらこういう自問自答をする人は少なくないと思います。やりたくない仕事、接したくない相手、行き帰りの満員電車、そんな毎日の繰り返しで時間ばっかりたってしまう事に焦りを感じているから。

そういう疑問はあって当然、っていうか無かったらヤバい。自分の生きていく道をきちんと考えている証拠だからね。気を付けなくてはいけないのは、<会社勤め=苦痛><フリーランスラクラク>っていうイメージで考えてしまう事。

フリーランスラクラク」って、誰か言ってたっけ?

 

 

“会社を辞める”= “仕事を辞める”じゃない

自分も何度か転職してるから、会社を辞めるという事を完全否定する気は1ミリもないです。むしろ自分のステップアップの為には必要な儀式だと思ってる。終身雇用なんてもうココ10年聞いてないワードだし。

ただね、「行きたくない会社なんて無理していく必要はないんだ」とか「会社に縛られる人生なんてツマラナイよ」とか、無責任に不安をあおる言い方にはちょっとだけ疑問も。

 

誤解されて炎上するとイヤなので、先に言っておくとですね、法の枠におさまっていないブラック的な会社だったり、自分だけではどうしようもなくなってどこをどう絞りきっても解決策が出てこない時だったり、リアルに命の危険を感じる時は何をおいても逃げる事が一番だとは思ってるから。

 

kbd.hatenablog.com

 

 

話がいったりきたりして申し訳ないんだけど、ラクする為に会社を辞めるってのはヤメた方がいい。みんなの知ってるカリスマ的なブロガーさんだって、ブログ1本でやっていくって決めた時にはそれなりの準備をしてただろうし。金銭的な準備、技術的な準備、人脈的な準備、それこそ他人には分からない準備がいっぱいあったハズ。

そういう所も含めて憧れているのであれば別にいいんだけど、上っ面のカッコいい部分だけを見てるのであれば一度立ち止まって考える事も必要じゃないかなって思うのですよ。

 

 

 

フリーランスは逃げ道じゃない

毎日会社に行くのがメンドクサイ。ムカつく上司に理不尽な説教されるのがイヤだ。取引先がワガママばっかりで大変。同僚がうっとおしい、いなくなればいいのに。給料が少ない。などなど、会社勤めにはホントにたくさんのイヤな事がある。

途中にボク自身の心の声も入ってしまったけど、コレはもうしょうがない事。

「自分はこんな会社でやりたくもない仕事をこの先何十年もやるのか?」

「それはイヤだ」

「そうだフリーランスになろう」

こんな短絡的な考えでいたらフリーランスとして頑張ってる人に失礼じゃないかな。フリーランス、えらい大変ですよ。

ボクにも自称フリーランスの知り合いいるんだけど、話聞くと会社勤めの方がはるかにラクだって思うくらい。

まず、フリーランスって事は決められた仕事が無い。仕事が無いって事はギャラも無い。仕事すら自分で作らなくてはいけないから。そして基本は全ての事を自分でやる必要がある。会社だったら、営業がいて総務があって経理があって、デカいとこなら社食だってある。何か問題起こしたら上司のアドバイスももらえる。

そういう全てのタスクを自分でやらなきゃいけないのです。一番メンドくさそうだったのは、ズバリ確定申告。会社員なら年末調整っていうステキな仕組みがあるから基本は会社任せ。コレも自分でやらなきゃいけない。領収書とっておく事すらボクには出来ないと思うんだよなぁ。

だからって訳ではないけど、「フリーランスになる」っていう事をラクな方へ逃げる為の口実にして欲しくないんです。

 

 

フリーランス」って言ってれば意識高いって思われる間違った風潮

いや、いいんですよ。別に。内輪でアハハウフフやってる分にはね。

ちょっと成果が出始めたくらいの人がやってしまいがちで、見ていてちょっとアレなのが、フリーランスにならないなんてバカなの?」っていう決めつけ。

人にはそれぞれ自分の生活ペースって言う物があるから、イチ個人が成功したからといえ、それが万人に当てはまる法則ってことはないのです。まあ、言ってるだけならまだいいや。特に害はないし、そういう生き方を否定する権利も根拠もボクにはないからね。そんなエラそうな人生送ってないし。

ただ、怪しげなサロンとかセミナーとか、有料のツールの使い方には気を使った方がいいとも思うんです。だって、そういうのって定価がないから言い値で通っているのが現実。「これからの働き方はこれだ!」とか「会社での不毛な人間関係は無意味だ!」とか、やっぱりここでも決めつけてたりして。

もちろんその人からしたら、それだけの価値がありますよって事で設定してるんだろうけど、その費用対効果に本当に満足できてる人ってどんだけいるんだろう?どっちかっていうと、そういう決めつけをする事によって、方向性に迷ってる人が引き込まれるケースの方が多い様な気もしないでもない。

もちろん必要な人には超役立つものだとは思うけど。ボクはそこまでして意識高い系にならなくてもいいかな。

この項目もいわばボクの決めつけなので、あまり深読みしないで頂きたい。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

フリーランスという働き方

なんだかフリーランスを否定してる感じになってしまったかもしれないけど、こういう働き方ってこの後はスタンダードになっていくと思うんです。ゼッタイ。マジで。

企業が体質改善をしようと思ったらまず手を付けるのが人件費の見直し。コレは中小でも大企業でも一緒。誰でも出来る仕事は機械化されていくだろうし、より専門的なスキルを持っている人は引き合い多いだろうし。

そういう意味ではフリーランスとの契約をメインとした業務体系っていう事が普通の事になるだろうと。一日中ネット見てて年収1000万とか、大企業ではまだまだ残ってるみたいだけど、そういう事は間もなく淘汰されていくハズ。

少なくともフリーランスを謳う以上、何かに特化したスキルはあるハズだし、プロジェクト単位での契約になればそこだけに集中して時間を使う事が出来るし、なんていうか分かりやすいシンプルな構造だと。

ボクは一応「企画営業」っていう立場でお客さんへの提案、営業、サンプリング、バルク生産、アフターフォローといった一連の流れを日々やっているんだけど、悲しい事にイチ会社員なので、他の事も並行してやらなくてはいけないのです。最近は無いけど過去最高の同時進行は、サンプルバルク合わせてまさかの12案件。まあ3件くらいは正直あきらめたよね。

 

ボクのダメダメ経験は置いといて、少なくとも企業⇔フリーランサーの関係はそういう事にはならないから。

きちんとした意識を持ちさえすれば、フリーランスっていう働き方は全然アリじゃないかなって。

ロボットには無いスキルを身につけるか、そうじゃなかったらロボットのベストパートナーになるか、そんな感じのフリーランサーが重宝される時代がそんなに遠くない未来にやってくると思ってる。

 

なんか話がまとまらなくなってきたので強引に。

要するにボクが言いたかった事は

フリーランスになるって簡単なことじゃないぞ

・会社は辞めてもいいけど仕事は辞めるな

フリーランスの需要は絶対に増える

・ネットで稼げるのうらやましい

 

最後のはちょっとアレだけど、まあ概ねそういう事。

 

それでは、また。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

バレンタインデーだからといって浮かれる年ではないのです

 今週のお題「バレンタインデー」

f:id:noritama77777:20180209181250j:plain

 もうね、ヨメもムスメもいる身なので2月の14日に浮かれて外出する感じでは無いのです。

 

スポンサーリンク

 

 

大人になってからは義理チョコシステムに悩まされ続けているので、なくなればいいのにってずっと思ってた。今年のゴディバのあの広告はグッジョブ以外の言葉が見つからないのです。ナイスゴディバ

なんてことを考えていたら、まだバレンタインに一喜一憂していた頃が懐かしくなったんで。

 

 

ファーストチョコ

ボクが初めて家族以外からチョコをもらったのは小4の時。もうね、マンガみたいなエピソードなんだけど、前年に転校してきた女の子にもらいました。転校してきた直後からボクのグループで遊ぶ事も多くて。今まで同じクラスにいた女子とはちょっと雰囲気も違くて。ちょっと言い方アレかもだけど、いい意味での馴れ馴れしさが男女関係なくあるコでした。社交的っていったらいいのだろうか、一瞬でクラスに溶け込んで、一瞬で人気者に駆け上ってた。

そんなコからいきなりチョコをもらう事になるんだけど、前兆的な雰囲気はまったくなかったのでビビりまくってしまって。当時の小学4年生なんて、そういうのにものすごく照れる時期だから。

普通に広場で遊んでたらそのコを含めた女子3人組が急に乗り込んできてですね。小さい箱渡されて。あ、コレって、って気がついた時にはもう帰られてて。もらったのはボクだけだったんで周りからからかわれる事がイヤでイヤで。ちょっと逃げてたかも。本心は嬉しかったんですよ、マジで。普通にクラスではしゃべってたりする相手だった事もあって、その後しばらくはほんの少しだけギクシャクしてたけど。

ただ、二人で遊びに行くとか付き合うとか、そういう色気づいた話に発展する事はなく、親から言われて一応クッキーかなんかをお返ししたくらいで。

 

そして翌年。

なんと2年連続でチョコもらってしまうのです。おんなじコから。コレは子供なりにも「キタぞ、マジだぞ」って。さすがに5年生にもなると他にもチョコのやりとりがあったんで、ボクだけからかわれる事は無かったけど。

こうなると、このコに対する主導権は自分にあると思うじゃん。いつでもコッチがその気になったら付き合えるじゃん、小学生にして彼女モチなんてすげーじゃん、、、、、

ボクは完全にチャンスを逃していた

5年生からはクラス替えがあって、このコとは違うクラスになっていまして。とはいえ、クラス変わってもチョコくれるって事はマジだなくらいに調子乗ってたんです。

そして6年生。もう周りの女子は絶対誰かしらにはチョコあげる空気で。ボクのツレもお互いに「アイツは絶対オマエに来るよ」とか言い合ってたりして。合コン終わりの男だけの反省飲み会みたいな感じ。

当日。学校から帰るといつもの様に近くの公園に集まって野球かなんかしてまして。いつもと違うのは公園の外に目を向ける瞬間が多いこと。気にしまくってんだ。で、予想通りパラパラと公園の外からツレを呼ぶ声がして、ツレはニヤニヤしながら戻ってくるというお約束パターンが何ターンかあって。

そうこうしているうちに気が付いたら薄暗くなってきていつもなら解散する時間。

ボク、呼ばれてません

その時まず何を思ったかっていうと、「あのコ事故に巻き込まれてはいないだろうか」って。勘違いも甚だしい。ただただ2年間のチョコをムシした結果飽きられただけで。後から聞いたらそのコは違う男子に学校の帰りに渡してたそうで。

コレはボクの中でも上位に入る黒歴史。もらえる確約も無いのに勝手に解釈してカッコつけて。なんなら、ツレにはお返しする時に3対3でデートしようぜくらい言ってたし。

翌日そのコにあった時、こっちはかなり頑張って「全然気にしてないぜ」的な空気を出したんだけど、相手はそんな事すら気にしていなかったのが情けなかったなあ。このコとは中学生、高校生と成長するにつれて進路も変わり、会う事もなくなって今に至るのです。

ちなみにこの前の正月に実家に行ったとき、そのコの家(実家)の前通ったら駐車場になってた。切なさ、っていうか、あーそうなっちゃってるんだってコンマ1秒くらい思った事は誰にも言ってない。

うん、気持ち悪いな。

 

 

思春期のバレンタイン

もうね、中学生とか高校生とかになると思春期全開で、チョコもらってからかわれるとか、アホかと。正直欲しくて欲しくて震えてましたよ。ボクの周りだけなのかもしれないけど、勝手に渡しやすいシチュエーションを作ってたりして。渡しやすいとか言ってるけど、渡してくれる相手に心当たりは皆無。都合のいい思い込みなのです。若さってこわいわ。

普段はすぐに帰るクセに、その日だけは特に用もないのにいつまでもダラダラ学校に残ってたりするヤツもいたし、部活終わりで着替えてる時には「みんなと一緒だったら声かけにくいよな」なんて勝手に変な気をまわしてそれとなく人気の少ない廊下に出てみたり。意味なく「そろそろ帰ろうかなあ」なんて気持ち大きめの声で独り言言ってみたり。

後半2つは自分の事。まあ全部空回りしてたんだけど。

あと、当時は直接渡すパターンの他に、机とかにそっと入れておくパターンもまだまだ多くて。大体2月の10日を過ぎたあたりから机の中とかロッカーとか、ユニフォームかけてるハンガー周りとか、メチャメチャ整理しがちでした。コレ、ボクの代のサッカー部のほぼ全員がやってた。

ただし、その半分以上の人間が結果としては、ただただ身の回りを整理整頓したというだけで終わることになる。ボクもだけど。また空回りしてたけど。

高校の時はバイト先の1コ下のコとちょっとだけいい感じになってたので、余裕ぶちかましてたなあ。自慢でホントに申し訳ないんだけど、その年はちゃんともらったし。手作りだったし。その日まで彼女が自分で着けてたマフラーも一緒にもらったし。

その1週間後にフラれたし............

ヤメだヤメヤメ。

 

くだらない思い出話はもうヤメだ。泣きそうになるから。

 

スポンサーリンク

 

 

最近のバレンタイン事情

昨日、ムスメとバレンタインの話してたら、世代感じたので。

ボクの小学生の頃はそこまで男女が仲良くなくて、女子と2人で会ってたりしようもんならからかわれる事が確定するくらい。だけど最近の小学生はスゲーなって思うんです。ムスメ達の話聞くと、やっぱ時代だわなって思うんです。

 

友チョコ

はじめて聞くワード。なんだ友チョコって。

なにやら女の子同士でプレゼントしあうらしい。しかもこの友チョコ、グループ内では強制参加らしく、ある意味今後の付き合い方にも影響するみたい。ウチのムスメ達も学校の仲良しグループ、習い事のグループ、近所の遊び仲間グループ、それぞれに対して用意してる。

こんな感じで大人になってもママ友グループで苦労するんだろうなって少し心配にもなった。

 

本命チョコ

で、高学年にもなるとさすがに気になる男の子の一人や二人はいるもんで。よくウチのムスメとも遊んでくれてる近所のお友達に聞いてみたら、きちんと本命チョコという最終兵器も用意がされていて。渡すシチューションとかも念入りに考えてるみたい。

 

(登場人物は小学生です、念の為)

女子、放課後ソッコーで帰宅。この日の為に買ってもらったお気に入りの服に着替える。チョコはジャスコとかコンビニとかのビニール袋に無造作に入れる。相手の男子がどこで遊んでるかはリサーチ済なので(っていっても小学生の行動エリアなんて知れてるし)そのまま突撃。

突撃といっても、すぐに呼び出すんじゃなくて解散するまで待ってるらしい。んで、解散して家に帰る所を狙って渡すんだと。あくまでも『ついで感』を出すのがコツなんだと。だからコンビニ袋に入れてるんだと。こういう所はまだまだ小学生だなって思いました。

だけど「あんたのために買ったんじゃないからね。義理チョコ買うついでに買っただけだからね」っていうセリフを付け加えるあたり、ツンデレ属性の片鱗を垣間見たりも。

一応服装だけはお気に入りのを着てるあたりがまだカワイイけどね。

 

今の職場はバレンタインだからといって特別な事するわけじゃないんで、気が楽でいいです。

何年か前まではホワイトデーにはサダハル・アオキのケーキだったりピエールマルコリーニのチョコとか買ってたけど。金額どうこうじゃなくて、あのホワイトデー売り場の雰囲気が苦手でしたね。義理チョコに対するリターンを狙ってる感じが。

そういう意味でも今年のゴディバはマジでグッジョブ。

 

そんな感じで。

それではまた。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「業務用」という異常にテンションのあがるワード

f:id:noritama77777:20180209174636j:plain

 ボクのテンションがあがるワード。

第一位は「三連休」。第二位は「食べ放題」。この間までの第三位は「二度寝」だったんだけど、入れ替わりでベスト3入りしたワードがあるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

ちなみにウチのヨメのテンションがあがるワードは「この春の新色」「日本未発売」らしい。ハタチそこそこの女子かよ。

 

 

業務用

このワード、ものすごくテンションあがるのはボクだけだろうか?なんか、その道のプロが使用する本物、みたいなイメージがあってカッコいいなって。

ゴハン屋さんの厨房にある様なデッカイ冷蔵庫とか、美容院でしか触れる事のない最終兵器みたいなドライヤーとか、そういうの。じゃあ家にいるか?って言われたら別にいらないんだけど、見てるだけでアガルんです。どっちかっていうと男子の方が分かってくれるんじゃないかなって。

あと、毎年年末が近づくとついつい買ってしまいそうになるのが、業務用の掃除用具。用具っていうか道具、道具っていうか、もうむしろ秘密兵器。

 

 

まあ、買ったところで一回使って物置行きっていうのはなんとなく気がついてる。

飲み屋さんにあるビールサーバーが欲しくて欲しくてたまらなくて、シール集めまくって手に入れたヤツ、テンションあがりまくって記事まで書いたんだけどね。

 

kbd.hatenablog.com

 

結局最初だけキャッキャ言って使って満足してるし。アレ、掃除が超めんどくさいんだよ。

 

 

業務用スーパー

最近、良く見かける業務用スーパーがものすごく楽しくて。ついつい買いすぎてしまう事もしばしば。

まず、商品がデカい。業務用だから当たり前なんだけど。キムチとか焼肉のタレとかドレッシングとか、キロ単位当たり前で。気を付けないと消費仕切る前に期限切れてゲームオーバーになりがち。でも買っちゃうんだよなあ。

 

f:id:noritama77777:20180209164353j:plain

 ▲1kgパックのサラダとか

 

f:id:noritama77777:20180209164629j:plain

▲週3で ボクの会社でのランチで登場するパスタとか

 

あとはでっかい袋にバッサー入ってるふりかけだったり、成城石井とかだったら1ケタ違う値段であろう瓶入りのピクルスだったり、目に付くものをどんどんカゴにいれてしまう業務スーパーマジックにいつも引っ掛かっているのです。

 

 

牛乳パックスイーツ

前々から興味はあったんだけど、勇気が出なかったコチラ。

f:id:noritama77777:20180209165309j:plain

テレビとかネットとかでもちょいちょい取り上げられている「牛乳パックスイーツ」。土曜日の午後にムスメと買い物に行った時、アイコンタクトで買おうって事にして。80パーくらいの確率でヨメには反対されるのが分かってたから。

ザ・業務用って感じでテンションあがるわー、でも家で盛り上がるのは自分だけだろうなーって覚悟はしていたんだけど、まさかのヨメ大絶賛。でもこれはムスメ達の世渡り的なスキルが覚醒した事が大きな理由だったのです。

ボクはカスタードプリン推しだったんだけど、ムスメの強いプレゼンに負けて抹茶プリンにしたのが功を奏したらしい。既に権力者にとりいるスキルを持っているムスメ達。

 

f:id:noritama77777:20180209170208j:plain

▲写真がヘタクソでちょっとグロい。

 

普通にウマかった。欲を言えば黒蜜とか用意しておけば更にウマかったハズ。

家族4人でも食べきれなかったので、残った分は翌日に持越し。持ち越した分は適当な量をカップに入れて牛乳加えてレンチンしてかき混ぜる。そう、抹茶ミルクなのです。こんだけの量があるから色々な使い方が出来るのも業務用ならではじゃないかなと。

ちょっとシャレオツ感出したかったら、一回加熱して溶かした物をシャレオツな食器に流し込んで冷やし固めたらいいし。

 

ちなみに現在のラインナップはこんな感じ。

f:id:noritama77777:20180209171102j:plain

▲カスタードプリンにバニラソフトを乗っけたい。

 

 

ってことでウマそうにまとめられてる方々を紹介して終わりにします。許可とってないから怒られたら消す。

 

 

バニラソフトはこうしたら絶対にウマい。ムスメにもドヤれる。

sapic.hatenablog.com

 

プリンの再就職先としてはカンペキ。

www.yoyunoyocchan.tokyo

 

あえてゼリーでは無く「ジュレ」とか言いたい。

ptskunx.hatenablog.com

 

この手があったか!

oniini.com

 

全く持って関係ないけど、ボクの一押しガールの中村静香さんはドロリッチ出身なんだぜ。

 

kbd.hatenablog.com

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:noritama77777:20170802125446j:plain

 そういえば小学校の時の卒業文集に将来の夢を書くコーナーがあったんだけど、「プールでプリンを作って泳ぎたい」って書いてたキ○シタ君。夢は叶ったんだろうか?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

平成の30年の歴史を振り返ってみる(平成26年~30年)

f:id:noritama77777:20180130171535j:plain

 

 

今回でこのシリーズも最終回。もうここまで来ると懐かしさっていう感覚はあんまりなくて、昨日の出来事くらいの感覚になってたりもする。昭和生まれはそういうもんですよ。結婚して10周年記念日も1か月たってからリアルに気づいたしね。当時ヨメが少しの間冷たかったのはそういう事だったのか。

 

スポンサーリンク

 

 

 

平成26年(2014年)

f:id:noritama77777:20180130150203j:plain

ボクの思い出としては、初めて韓国に行った事。仕事でだけど。向こうでアテンドしてくれてた会社の女の子可愛かったなあああ。日本に行きたいデスって言ってたから、来ることあったら連絡ちょうだいねってLINE交換したんだよなあ。アレ、3年以上たっても来ないなあ。

 

 

STAP細胞のねつ造問題

一時はノーベル賞級の発見とまで言われて世界を騒がせたSTAP細胞。「リケジョ(理系女子)の星」としてマスメディアから持ち上げられた小保方晴子さん。なにやらきな臭いウワサ、ゴシップも出ているみたいだけどね。事の真偽はボクには分からない。分かるので小保方さんがピンク大好きだってことくらい。

 

 

「笑っていいとも」放送終了

遂に終わってしまいました。いつかは終わりが来ることは分かってるんだけど、いざ終わるって決まったら現実味が全然なかったなあ。ボクも一時期アホみたく「髪切った?」とか「んなこたぁない」とか言いまくってたなぁ。

31年半もやってたってのがスゴイんだけど、これでもタモリさんの番組で最長じゃないって事がさらにスゴイ。そうだな、タモリ倶楽部があったわな。

 

 

FIFAワールドカップブラジル大会

スタジアムの工事が間に合うのかどうなのか、ギリギリまでヤバかったらしいけどなんとか無事に開催されたようで。日本代表はというと、本田、長友、香川、岡崎、長谷部、サプライズ選出の大久保等、かなりのタレントを揃えたハズだったんだけどなあ。キャンプ地の選定、その後の対応があんまり良くなく、コンディションの調整がウマくいかなかったみたい。コートジボワールギリシャ、コロンビアと同組に入ったグループリーグで2敗1分けという成績で終わってしまいました。それにしても、ドイツ強過ぎんだろ。

 

 

記録的大雪の被害

今この記事を書いている数日前にも、大雪で結構大変だったからね。タイムリーな話題ですわ。子供たちは雪合戦したりカマクラ作ったり、積もりまくった雪で楽しそうだったけど、ゴメン、もうお父さんは雪でテンションあがる年じゃないんだよ........

朝の通勤が憂鬱だし、玄関前の雪かき大変だし、そもそもスコップは壊れたままだったからホームセンターにダッシュしたら売り切れてた。デカいゴミ箱で何往復もするハメになったりスノーブーツ含めて、ボクの全靴はビショビショになって会社に履いていく靴がなくなってしまったり。

その時の教訓が今年に少しは活かせたと思うのがせめてもの救いかもしれない。

 

 

その他の出来事

 

 

平成26年の流行語

 

 

平成26年のヒット商品

 

 

平成27年(2015年)

f:id:noritama77777:20180130153847p:plain

 

イスラム国による日本人拘束事件

ISILによる日本人拘束事件 - Wikipedia

無責任な推測とか興味本位でのアウトラインだけを適当に書く事は遠慮しておきます。

 

 

Windous 10の無料アップグレード提供

会社のPCは今でも7を使っています。しばらくの間鬱陶しかったわ。起動の度に「え?なんでアップグレードしないの?バカなの?」くらいの勢いでアナウンスが流れてて。サードパーティの機器とかさ、仕事で使ってるソフトとかが完全に対応していない以上、簡単にできねーよって思いながらムシしてた。新しいモノ好きの同僚はソッコーでアップグレードしてかなりドヤってたけど、翌日青い顔して戻す方法を調べまくってた。

 

 

その他の出来事

 

 

平成27年の流行語

  • 爆買い
  • トリプルスリー
  • 安心して下さい、穿いてますよ。
  • 一億総活躍社会
  • エンブレム
  • 五郎丸
  • SEALDs
  • ドローン
  • まいにち、修造!

 

 

平成27年のヒット商品

 

 

平成28年(2016年)

f:id:noritama77777:20180130155346j:plain

 

 

舛添要一東京都知事の辞職

コレ、マジなら許せないんですけど。一応ボク、東京都民だからね。会議費で計上した千葉のホテル、家族旅行だったとか、湯河原行くのに公用車使ってたとか、海外出張費が歴代の知事に比べてかかりすぎてるとか。

東京都への貢献とか実績はあるかもしれないけど、公私混同がちょっと行き過ぎてんなって思うのはボクだけではないハズ。

 

 

電通への強制捜査

前年に電通の新人女性社員の方が、激務と過労に耐え切れずに自ら命を絶ってしまうという痛ましい出来事がありまして。これに対して電通という会社の中身が良くも悪くも明らかになってきます。

異常ともいえる働き方(深夜の呼び出し当たり前、毎日接待、飲み会でのねじまがったルールなどなど)が当たり前になっているにもかかわらず、それをおかしいな、と思う社内環境じゃなかった事が問題なのかなと。ヨソサマの会社の事なんで部外者がああだこうだ言うべきでは無いんだけど、一つだけ。

自分で考えられるマックスのラインを越えてしまうのなら、辞める事は逃げる事ではないんですよ。

コレ、難しい問題なんだけどね、こうやって言うとさ、「大変だから会社辞めよう」とか「自分は会社に使われるよりも一人で動いた方がいい」とか「この先何十年も同じ事を繰り返すのなんてバカらしい」とか、マックスのラインを超えてもいないのに簡単に逃げ道を探しちゃうコとかも擁護する事にもなりかねないから。

説教じみて申し訳ないんだけど、こういう甘えた考えはナシにして頂きたい。少なくともニュースで見る限りでは今回の電通で起こった出来事については、決して甘えた考えがあったわけでは無いと思うのです。

 

 

ポケモンGO

もう2年前になるんだ。ものすごいブームになったソーシャルゲームです。ボクも公開された瞬間に入れました。けど、一回やっただけでその後は触っておりません。今でもスマホ片手にスポットに集まってる人たちは見かけるけど、まだ流行ってんのかな?

敵を増やしちゃうかもだけど、正直言ってジャマ。

 

 

その他の出来事

 

 

平成28年の流行語

 

 

平成28年のヒット商品

 

 

平成29年(2017年)

f:id:noritama77777:20180130163025j:plain

 ラストに近づいてまいりました。もう去年の話なので、覚えてる事を箇条書きにすればいいんじゃないかなって思い始めてきた。めんどくさくなってきた、って訳してもらってもOK。

 

という事で箇条書き

 

 

平成29年の流行語

 

 

平成29年のヒット商品

 

 

平成30年(2018年)

f:id:noritama77777:20180130164436g:plain

そして今この生地を書いている現在。平成30年です。

天皇陛下生前退位が決定されたため、平成という時代はもうすぐ終わりを迎える事になるのです。現時点で報じられている内容だと、2019年の元旦から新元号になる様、調整が進められているとの事。30年という節目という事もあるし、なにより元旦から元号が変わる事で世間の混乱を軽減しようとする配慮もなされている様です。

小耳に挟んだ情報だと、新元号はある程度画数の少ない漢字を用いる方向らしい。流石にこのご時世に「寛永」とか「嘉永」とかだと親しみわきにくいかもしれないし。

まあ、どんな名前になるにしても大事に歩んでいきたいと思うのです。マジでな。

 

スポンサーリンク

 

 

 

kbd.hatenablog.com

 

kbd.hatenablog.com

 

kbd.hatenablog.com

 

kbd.hatenablog.com

 

kbd.hatenablog.com

 

kbd.hatenablog.com

 

f:id:noritama77777:20170802125446j:plain

今月、このシリーズしか書いてない。怠惰を貪りすぎたぜ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク