ティロ・フィナーレ

ティロ・フィナーレ

雑学とか小ネタとかが好きです。あと、ペンギンとチキン南蛮が好きです。リアル生活は双子のムスメを持つ典型的なサラリーマンをしています。

【トラベラーズノート】6月という中途半端な時期にノートを買い替えようと思った理由

 

 

f:id:noritama77777:20170616161810j:plain

 

こんにちわ。

カッコつけて商談中にevernote使って色々やってたんです。

会社に帰ってデータ取り込もうと思ったら、なんにも残っていませんでした。

sai(@noritama77777)です。

3時間分の記憶を思い出しながらメモ書きまくっています。

コレは久しぶりにリアルにヤバいかも。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

さてと。

普段からこんなカッコつけた商談してる訳ではないですよ。

基本はノートに手書きでメモメモ。

時には付せんをペタペタ。

ボクが仕事で使うノートなんですけど、今までは1つだけ譲れないコダワリがあったのです。

 

ほぼ日手帳とかEDITとか

 

 

「1日1ページ」

コレが大前提。

なんでかって言うと、後で見返す時にいつの出来事だったのか一発で分かるから。

だから今の会社に入ってからは毎年このどちらかを使っていました。

 

 

f:id:noritama77777:20170616162623j:plain

ほぼ日手帳たち。

左2つはレギュラーサイズ、右の2つは大き目の「カズン」。

 

 

f:id:noritama77777:20170616162622j:plain

 EDITたち。

左のはレギュラーサイズ、右の2つはほぼ日でいう所の「カズン」的な大きさ。

 

これはこれで、かなり使い勝手は良かったんですけどね。

ここ最近、仕事で使うノートに対するスタンスが少し変わってきていまして。

去年のを見返してみたら衝撃の事実が。

 

1年の半分くらいのページが白紙。

 

別に仕事してない訳ではないです。念のため。

前みたく、毎日ノートをとるような業務が多くないって事に気が付いたんです。

ノートとるよりは仕様書作成したり。

お客さんとの打ち合わせでは、お客さんがその場でデータを作ってるからそれをもらって保管していたり。

 

意外と無駄が多かったのかな、って。

なので今年版は上の様なノートは買わなかったんです。

代わりにちょっと小洒落た普通のリングノートを使っています。

 

f:id:noritama77777:20170616173623j:plain

 こんなの。

 

コレ、頂きものなんだけど見た目はかなりいい。

だけどボク自身、ほぼ日とかに慣れちゃったからかもしれないんだけど、メチャメチャ書きにくいんだな。

リング部分が手首のとこにあたって気になるんです。

コレ、リングノートあるある。

 

コレが気にならないタイプのリングノートもあるらしいけど。

 

 

お気に入りの1冊を探したい

 

 

で、半年近くコレ使ってたんだけど、やっぱり1つきちんとした物を持っていた方がいいと思っていたので探してたんですね。ずっと。

 

モレスキンとか持ってたらカッコいいな」

 

 とか。

 

「FIELD NOTESとかもいいな」

 

 とか。

 

 仕事の合間にロフトとか見たり、それこそ文具のプロの方が運営されているサイトを参考にしたり。

で、ついに「コレだ」という物にめぐりあえたんです。

 

 

トラベラーズノート

 

 

コレ、画像見て一目ぼれです。

本革のカバーに入れ替え自由なリフィル。

ボク、「カスタマイズ」っていう言葉が大好物なもので。

 

f:id:noritama77777:20170619115423j:plain

加工方法や機能性を絞り込み、出来る限り無駄を削ぎ落としたシンプルなデザイン。それは同時に、使う人がカスタマイズしやすい形になりました。旅で見つけたチャームをゴムに付けたり、お気に入りのステッカーを表紙に貼ったりして、自分らしくカスタマイズしてください。使い込むほどに深くなる革の色艶とともに、あなたの個性がそこに織り込まれていくことでしょう。

出典:About TRAVELER’S notebook トラベラーズノートとは | TRAVELER'S COMPANY

 

 

トラベラーズノートのスゴイ所

 

 

 

まだ買ってもいないのに気が早いかもですが、この時点で既に言える魅力。

トラベラーズノートは「システム手帳」と「綴じ手帳」の間の位置づけになるみたいです。

システム手帳の様にバインダーで綴じるゴツい物ではなくて。

綴じ手帳(ほぼ日とかモレスキンみたいな製本されているヤツね)の様にページ数や書き込むスペースが完成されている物でもなくて。

 

薄めのリフィルを自分の好きな組み合わせでゴムでまとめる。

 

という方法でカスタマイズを可能にしているのです。

 

 

 

トラベラーノートのカスタマイズ

 

 

知らなかったんだけど、皆さん本当に好きなようにカスタマイズされていますね。

コレは参考になりそうです。

 

group.ameba.jp

 

ameblo.jp

 

blog.marswee.com

 

www.pinterest.jp

 

 

リフィルの組み合わせだけじゃなくって、革のカバーから好きなように出来るんですね。コレは妄想が広がって仕方ない。

ボクが購入を検討している物を紹介。

 

まずは書き込み用の追加リフィル。

 

 なくしそうなチケットとかこまごました物を収納するジップ付のケース。

 

 リフィルを増やす時にはこれでまとめるらしい。

 

 リペア用具もきちんと用意されています。

 

 「限定カラー」.....だと........

 

今のところレギュラーサイズの黒かブラウンを買おうと思っているんだけど。

調べれば調べるほど迷ってくるな。

 

購入したら改めて記事にしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:noritama77777:20170428163429j:plain

 

「パスポートサイズ」で大変な事を思い出した。

 

パスポート.....更新忘れてた.......やべ..............

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク