ティロ・フィナーレ

ティロ・フィナーレ

仕事も遊びも子育ても。ゆるく斜め上へ向かって楽しむ為のブログです。

トラベラーズノートの観察日記(1) 【開封の儀】

 

f:id:noritama77777:20170620132226j:plain

 

こんにちわ。

sai(@noritama77777)です。

先週の日曜日は父の日でしたね。

ウチでは何故か2人のムスメにサンダルとスニーカーを買い与えました。

父の日ってこういう日だっけ?

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

さて、前回物欲を刺激されまくっていた例のノート。

 

kbd.hatenablog.com

 

あの後すぐにポチりました。

 

この興奮が冷めやらぬうちに開封の儀を行います。

 

 

 

トラベラーズノート(レギュラーサイズ/茶)

 

 

最初はパスポートサイズの購入を考えていたんですが、仕事で使う事を考えて大き目のサイズをチョイスしました。

大き目っていってもA5サイズをちょっとスリムにした程度なので、携帯性にはなんの問題もなさそうです。

それでは開封の儀をはじめさせて頂きます。

 

 

スターターキット+オプション

 

f:id:noritama77777:20170616161955j:plain

 

早速開封。

左端のが「スターターキット」

革のカバーとリフィルが1冊のセットです。

先々の事を考えて、リフィルを1冊追加。

それとジッパーポケットも。

革のお手入れも必要なのでラナパーも追加しておきましょう。

 

実は送料無料にする事を目的にしています。

 

 

スターターキットを開けたらこんな感じ

 

 

f:id:noritama77777:20170616161949j:plain

 

パッケージを開けると、綿っぽい袋に収納された本体。

使用上のご注意的な紙。

それとオレンジ色のゴムが入っていました。

これは多分後で必要になるから捨てちゃダメなヤツだと思う。

 

 

トラベラーズノートとご対面

 

 

f:id:noritama77777:20170616161948j:plain

 

念願のトラベラーズノートがボクの手元に来た瞬間である。

天然の革を使用しているので、細かいキズとか色ムラとかは気にすんなって書いてあった。最初は気にしちゃうんだろうけど。

 

 

f:id:noritama77777:20170616161950j:plain

 

内側はこんなん。

いい感じのラフさがカッコいいです。

中心のゴムでリフィルを留める事になります。

上からピローンって出てるのは多分しおりだな。

 

↓こんな感じでセット。

f:id:noritama77777:20170616161944j:plain

 

だんだん楽しくなってきた。

 

f:id:noritama77777:20170616161946j:plain

 

 替えのゴムは一緒に買ったジッパーポケットにしまっておこう。

 

f:id:noritama77777:20170616161954j:plain

 

大事にしたいのでワナパーも塗っておく。

 

f:id:noritama77777:20170616161952j:plain

 

ほんの少しだけ付属のスポンジに付けて塗りぬり。薄くのばしましょう。

 

f:id:noritama77777:20170616161953j:plain

 

一通り塗った。

思いのほか色が落ちてビビる。

 

最初はちょっと固いかな、というイメージですが、使い込んでいくうちに馴染んでいくハズ。

っていうか、この過程が革製品の醍醐味ですよね。

 

 

どうしても欲しいリフィルがないんだよね....

 

 中途半端な時期に買ってしまったので仕方ないんだけど、今年版のカレンダーリフィルが売り切れていました。

コレは正直イタい。

という事で自作する方向でいきます。

 

参考にさせて頂いたサイト様。

 

www.denki-kayou.net

 

tawashino.hateblo.jp

 

blog.marswee.com

 

 

今の時点で感じているデメリット

 

 メチャメチャテンションが上がっていますが、まだまだ完全カンペキな物とはなっていないんですよね。

現時点で感じているデメリットは3つ。

 

 

ジップポケットに物が入っていると書きにくいかも

 

開いた時に右側に来る位置にジップポケットを配置しました。

ココに物が入っていると、パタンと開いて書きこむ時に凸凹が気になりそう。

とりあえず、ジップポケットはカバーに固定しないで書く時には外そうかな。

 

 

リフィルがお高い

 

普通のノートに比べるとちょっと割高感は否めません。

何冊も買い揃えようと思ったら、ちょっと考えてしまうかも。

コレは、上記の様に自作するとか工夫の余地がありそうです。

 

 

シンプルすぎる

 

まあ、コレは逆にトラベラーズノートの売りなので、デメリットとは言えないかもしれませんけど。

収納ポケットが欲しかったり、ペンホルダーが欲しかったり、色々なオプションを付けていこうと思うとキリがないのかもしれません。

カスタマイズは楽しいけど、やりすぎず適度にしておいた方がいいかも。

特に最初は。

 

 

オンリーワンに育てる楽しみが一番の魅力

 

 と、ここまで書きましたが、実はまだ使ってもいないのです。

開封しただけ。

 

だから、使い始めたらいい所も悪い所ももっともっと見えてくるハズ。

そこでどうカスタムしていくか、コレが楽しいんでしょうね。

革の経年変化もそうだし、様々な付属品を取り換えたりいじったり。

大事に使っていこうと思いますので、定期的にボクのトラベラーズノートの観察日記を書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:noritama77777:20170428163429j:plain

 

今回「オリーブエディション」という限定カラーがあったのですが、過去には「ブルーエディション」というネイビー系のカバーがあった様です。

コレ、メチャメチャメチャメチャ欲しい。

........大人買いするか..................

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告を非表示にする

スポンサーリンク