ティロ・フィナーレ

仕事も遊びも子育ても。ゆるく斜め上へ向かって楽しむ為のブログです。

どうして神様はどうでもいい時に限って僕を選ばれるのでしょうか

f:id:noritama77777:20171125134051j:plain

 

 

神様っているんですよ。コレは自信を持って言える。「神様」の定義をどこに持っていくかは人それぞれなんだけど、具現化している必要はないから。よく「お米には神様が宿ってる」とか言うじゃん。あと「笑いの神様が降りて来た」とか。そういう意味です。

なにをもって神様と呼ぶか、コレも人それぞれだと思う。ボクの考える神様っていうのは『人間の想像の範囲外で色々な事をコントロールしている』みたいな感じ。

遺伝子操作を神の領域って言ったりするのも理解できる。あとマラドーナの「神の手」ゴール。イヤ、あれはただのハンドだな。

 

スポンサーリンク

 

 

貧乏くじっていうかなんていうか、望まない時に限ってものすごく狭き門をクリアしがちな人っているじゃないですか。

誰もやりたがらないクラス委員、40人の一斉ジャンケンで見事に優勝(負けてやるハメに)してしまったり、迷って迷って思い切って買った6万のコートがその週末に唯一値下げしてて50パーオフになっちゃってたり。

まあ、どっちもボクの実績なんだけど、こういう運の悪さっていうのは多分生涯ついてまわるんだろうなって思ってたりもします。中学の時には既にその自覚があったので、逆に立候補してやったし、生徒会の役員に。そしたら選挙で落ちて逆に凹むっていう。なんか張り切ってたクセに支持されなかった、告っても無いのにフラれた、みたいな................なんかヤな感じ。

 

そんな神様のいじわるに日々翻弄されているのであります。大体週3くらいで。

 

 

 

スーパーにて

メチャ混んでいる日曜日の夕方。ムスメと一緒に買いもの行っててレジが長蛇の列。子供にカッコいいとこみせようとして、瞬時に列のさばきが上手そうな店員さんをロックオン。流れるようにその列に並んだ瞬間、「レジ休止中」の札。振り返ったらボクの後ろには誰もいないし。結局ムスメも飽きはじめて勝手に出口の所で遊んでた。

 

f:id:noritama77777:20171125134155j:plain

電車の中で

地方のローカル線ならまだ許せるんだけど(差別では無いです)通勤、通学で乗る様な電車内で缶ジュースとか飲んでるヤツ、仲良くなれる気がしない。せめて飲み終わった缶を持ちかえればまだ許せるんだけど、しれっと足元に置きっぱで降りていくヤツの多いこと。

そうするとどうなるか。

電車が揺れる度に缶は転がる事に。向いの人チームとコッチチームで缶けりの試合やってるみたいな感じになる。誰か拾えよって思ってるハズなんだけどね。ボクも含めて。で、5割以上の確率でボクの所に転がってくるのですよ。ボクにボール預けても決定力無いぞ、そんな大事な場面でボクにストライカー求めるなって。

この間、いい加減うんざりしたから思い切って拾って降りる時に持って出た時の事。後ろから肩叩かれて。オバちゃんが「あんたエライねえ」って言ってくれた。素直に嬉しかったですよ。「あたしも缶が転がってるのずっと見てたけど、誰も拾わないのよねえ、あたしの所に来た時も誰も拾わないのよ、ありがとうねえ」って。

こんな事で喜んでくれる人がいるという事に、なんだかほっこりしたのです。

 

f:id:noritama77777:20171125134214j:plain

 

おや。ちょっと待てよ。

オバちゃん、自分の所にも来たって言ってたな...........

オマエも拾わないタイプだったのかい...........

 

 

映画館のワナ

ムスメ2人と映画見に行ったとき。ちょっと古めの作りだったので座席指定じゃなかったのね。あんまり後ろ過ぎても見えにくいし、前すぎると首疲れるし。かといって中間のベストエリアは競争率高そうだし。

っていう事で、中間からチョイ後ろの端っこをチョイスして着席。端っこだから前にも横にもあんまり人いなくて居心地良さそうだったから。ムスメにもドヤ顔で「いい席とれたなあ」って自慢してたその時。

前に大きなお友達が4人。隣にキャラクターTシャツ着たアメリカン2人。将棋だったら詰みの状態。前には壁が、隣では常にしゃべってるアメリカンが。居心地の悪さったらなかったので、他の人に悪いなって思いながらそっと移動するハメに。

大人だけでプリキュア見に来る気持ちはいつになっても理解できん。

 

f:id:noritama77777:20171125134226p:plain

 

ヨメにも聞いてみた

ウチのヨメ、ボクが言うのもなんなんだけどホントに出来る子でしてね。周りからの評価も高くって、会社でヨメとの小競り合いのエピソードなんか話すと、コンマ1秒でボクが悪いという結果になってしまうくらい。嫉妬ですわ。

そんなヨメにもなんかエピソードないか聞いてみたら、一つだけあるって。

前の仕事の時、大急ぎで荷物を届けなくちゃいけない事があって、チャリンコで爆走してたら頭のてっぺんに何か落ちてきた感触があったと。

f:id:noritama77777:20171125134250j:plain

その時は急いでたし少し雨も降りそうな気配だったから気にせずに走り続けてて。そのおかげで無事に荷物は間に合ってミッションコンプリート。帰ろうとしたらそこの社長さんにシャワー浴びてけって急に言われたのでヨメは結構マジ気味に「ふざけないでください」って言ったらしい。社長もしつこくて「悪い事言わないからシャワー浴びてけ」って引き下がらない。ヨメも覚悟を決めて(そっちの覚悟じゃなくて、取引無くなってもいいっていう覚悟ね)、「あksbにsなおあなkj!!!!」って立ち向かったその時、社長から衝撃の一言が。

 

頭のてっぺんから耳の後ろ、鳥の糞べったりついてるぞ

 

ボクにも見せたことのない真っ赤っかな顔であやまったらしい。

結局タオルを4~5枚頂いて吹きまくるという事で事態を回収したという話。

 

 

他にも、ちょっと前までボクのパソコンだけなぜか古いOSだったり、ボクの自転車だけ撤去予告の張り紙されたり、日々選ばれし者の宿命を背負いながら毎日頑張っています。

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:noritama77777:20170802125446j:plain

結局ヨメのエピソードが一番面白そうだった。相変わらずやるな、ヨメよ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村