ティロ・フィナーレ

仕事も遊びも子育ても。ゆるく斜め上へ向かって楽しむ為のブログです。

『フリーランスになる=楽して稼ぐ』ってことじゃない。絶対違う。マジで。

 

f:id:noritama77777:20180214150117j:plain

ブログ、毎日書ける人尊敬する。あと、絵がウマい人も。

 

スポンサーリンク

 

 

ボクみたいにサラリーマンやりながら書いてる人、お料理レシピを紹介してくれてる人、日々の出来事をおもしろおかしくネタ的に書いてる人、見習わなくてはいけない部分が多すぎます。

中でもスゲーなーって思うのは、ブログでメシ食ってる人。いわゆるフリーランス系のブロガーさん。

広告収入だけじゃなく、ブログというツールを使って最大限の効果を引き出すっていうのはスゲーなーって。そんなプロブロガーに憧れてる人も多いと思うんだけど、正直ボクには出来ない。っていうか出来てもやらない。

なんでかっていうと、コワいから。いろんな意味で。

 

 

 

フリーランス

肩書としては「個人事業主」になるのかな。ボクの認識としては、会社とか組織に属して業務に従事するのではなく、自分のスキルとか労力を提供する事で対価(ギャラ)を得る職業。

ネット界でも有名な方がゴロゴロいますよね。

だけど、「ネットでチョコチョコってやってればお金が入ってくるってすごくね?」くらいのイメージでフリーランスに憧れている人がいたら、それは絶対にやめた方がいいと思うんです。

 

 

自分はこの会社で一生を終えるのか?

社会人になってしばらくしたらこういう自問自答をする人は少なくないと思います。やりたくない仕事、接したくない相手、行き帰りの満員電車、そんな毎日の繰り返しで時間ばっかりたってしまう事に焦りを感じているから。

そういう疑問はあって当然、っていうか無かったらヤバい。自分の生きていく道をきちんと考えている証拠だからね。気を付けなくてはいけないのは、<会社勤め=苦痛><フリーランス=ラクラク>っていうイメージで考えてしまう事。

フリーランスはラクラク」って、誰か言ってたっけ?

 

 

“会社を辞める”= “仕事を辞める”じゃない

自分も何度か転職してるから、会社を辞めるという事を完全否定する気は1ミリもないです。むしろ自分のステップアップの為には必要な儀式だと思ってる。終身雇用なんてもうココ10年聞いてないワードだし。

ただね、「行きたくない会社なんて無理していく必要はないんだ」とか「会社に縛られる人生なんてツマラナイよ」とか、無責任に不安をあおる言い方にはちょっとだけ疑問も。

 

誤解されて炎上するとイヤなので、先に言っておくとですね、法の枠におさまっていないブラック的な会社だったり、自分だけではどうしようもなくなってどこをどう絞りきっても解決策が出てこない時だったり、リアルに命の危険を感じる時は何をおいても逃げる事が一番だとは思ってるから。

 

kbd.hatenablog.com

 

 

話がいったりきたりして申し訳ないんだけど、ラクする為に会社を辞めるってのはヤメた方がいい。みんなの知ってるカリスマ的なブロガーさんだって、ブログ1本でやっていくって決めた時にはそれなりの準備をしてただろうし。金銭的な準備、技術的な準備、人脈的な準備、それこそ他人には分からない準備がいっぱいあったハズ。

そういう所も含めて憧れているのであれば別にいいんだけど、上っ面のカッコいい部分だけを見てるのであれば一度立ち止まって考える事も必要じゃないかなって思うのですよ。

 

 

 

フリーランスは逃げ道じゃない

毎日会社に行くのがメンドクサイ。ムカつく上司に理不尽な説教されるのがイヤだ。取引先がワガママばっかりで大変。同僚がうっとおしい、いなくなればいいのに。給料が少ない。などなど、会社勤めにはホントにたくさんのイヤな事がある。

途中にボク自身の心の声も入ってしまったけど、コレはもうしょうがない事。

「自分はこんな会社でやりたくもない仕事をこの先何十年もやるのか?」

「それはイヤだ」

「そうだフリーランスになろう」

こんな短絡的な考えでいたらフリーランスとして頑張ってる人に失礼じゃないかな。フリーランス、えらい大変ですよ。

ボクにも自称フリーランスの知り合いいるんだけど、話聞くと会社勤めの方がはるかにラクだって思うくらい。

まず、フリーランスって事は決められた仕事が無い。仕事が無いって事はギャラも無い。仕事すら自分で作らなくてはいけないから。そして基本は全ての事を自分でやる必要がある。会社だったら、営業がいて総務があって経理があって、デカいとこなら社食だってある。何か問題起こしたら上司のアドバイスももらえる。

そういう全てのタスクを自分でやらなきゃいけないのです。一番メンドくさそうだったのは、ズバリ確定申告。会社員なら年末調整っていうステキな仕組みがあるから基本は会社任せ。コレも自分でやらなきゃいけない。領収書とっておく事すらボクには出来ないと思うんだよなぁ。

だからって訳ではないけど、「フリーランスになる」っていう事をラクな方へ逃げる為の口実にして欲しくないんです。

 

 

フリーランス」って言ってれば意識高いって思われる間違った風潮

いや、いいんですよ。別に。内輪でアハハウフフやってる分にはね。

ちょっと成果が出始めたくらいの人がやってしまいがちで、見ていてちょっとアレなのが、フリーランスにならないなんてバカなの?」っていう決めつけ。

人にはそれぞれ自分の生活ペースって言う物があるから、イチ個人が成功したからといえ、それが万人に当てはまる法則ってことはないのです。まあ、言ってるだけならまだいいや。特に害はないし、そういう生き方を否定する権利も根拠もボクにはないからね。そんなエラそうな人生送ってないし。

ただ、怪しげなサロンとかセミナーとか、有料のツールの使い方には気を使った方がいいとも思うんです。だって、そういうのって定価がないから言い値で通っているのが現実。「これからの働き方はこれだ!」とか「会社での不毛な人間関係は無意味だ!」とか、やっぱりここでも決めつけてたりして。

もちろんその人からしたら、それだけの価値がありますよって事で設定してるんだろうけど、その費用対効果に本当に満足できてる人ってどんだけいるんだろう?どっちかっていうと、そういう決めつけをする事によって、方向性に迷ってる人が引き込まれるケースの方が多い様な気もしないでもない。

もちろん必要な人には超役立つものだとは思うけど。ボクはそこまでして意識高い系にならなくてもいいかな。

この項目もいわばボクの決めつけなので、あまり深読みしないで頂きたい。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

フリーランスという働き方

なんだかフリーランスを否定してる感じになってしまったかもしれないけど、こういう働き方ってこの後はスタンダードになっていくと思うんです。ゼッタイ。マジで。

企業が体質改善をしようと思ったらまず手を付けるのが人件費の見直し。コレは中小でも大企業でも一緒。誰でも出来る仕事は機械化されていくだろうし、より専門的なスキルを持っている人は引き合い多いだろうし。

そういう意味ではフリーランスとの契約をメインとした業務体系っていう事が普通の事になるだろうと。一日中ネット見てて年収1000万とか、大企業ではまだまだ残ってるみたいだけど、そういう事は間もなく淘汰されていくハズ。

少なくともフリーランスを謳う以上、何かに特化したスキルはあるハズだし、プロジェクト単位での契約になればそこだけに集中して時間を使う事が出来るし、なんていうか分かりやすいシンプルな構造だと。

ボクは一応「企画営業」っていう立場でお客さんへの提案、営業、サンプリング、バルク生産、アフターフォローといった一連の流れを日々やっているんだけど、悲しい事にイチ会社員なので、他の事も並行してやらなくてはいけないのです。最近は無いけど過去最高の同時進行は、サンプルバルク合わせてまさかの12案件。まあ3件くらいは正直あきらめたよね。

 

ボクのダメダメ経験は置いといて、少なくとも企業⇔フリーランサーの関係はそういう事にはならないから。

きちんとした意識を持ちさえすれば、フリーランスっていう働き方は全然アリじゃないかなって。

ロボットには無いスキルを身につけるか、そうじゃなかったらロボットのベストパートナーになるか、そんな感じのフリーランサーが重宝される時代がそんなに遠くない未来にやってくると思ってる。

 

なんか話がまとまらなくなってきたので強引に。

要するにボクが言いたかった事は

フリーランスになるって簡単なことじゃないぞ

・会社は辞めてもいいけど仕事は辞めるな

フリーランスの需要は絶対に増える

・ネットで稼げるのうらやましい

 

最後のはちょっとアレだけど、まあ概ねそういう事。

 

それでは、また。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村