ティロ・フィナーレ

仕事も遊びも子育ても。ゆるく斜め上へ向かって楽しむ為のブログです。

【DON部】市場直送の海鮮丼⇒家で冷蔵庫直送の海鮮丼のコンボをかました一日

f:id:noritama77777:20180613140425j:plain

 

月イチでボクの身にふりかかる災害。

そう、「納期遅れ」という天敵。当たり前だけど遅れようと思って遅れてる訳ではない。そもそもの納期設定に無理があるのは自覚しています。だけど別嬪さんのデザイナーのコに「なんとかあと1週間はやまらないですかあ」なんて言われたら即答してしまうのは自然な事で。

「なんとかしましょう」ってドヤ顔で言った瞬間、その案件は生産管理のオジサンに引き継がれて、結果その1週間早い設定の納期には間に合わず。納期前日に経緯の説明と謝罪、及び善後策を講じる事になるのです。

何がヤバいかって、この流れがテンプレになってる事。

そもそも無理な納期で受けなければいいって話だし、遅れる事はもっと早く分かってるんだから早い段階で先方に相談しておけば対策を立てる事も出来るんだし。

最近では設定納期に対して1週間以内だったらOKみたいな感じで勝手に思い始めてる。オマエ何様だよって思われてるんだろうな。

 

スポンサーリンク

 

 

外食でも8割くらいは丼物

f:id:noritama77777:20180613110658j:plain

今回納期遅れしてしまった商品は、お客さんの各店舗のブログでも「新商品入荷します!」の告知をしてしまっていて、更にECサイトでも予約が入っているという期待の大きな物でして。

いつもだったら謝って謝って謝り倒して納品日を調整してもらっているんだけど、さすがに今回のはそうもいかない状況で。全量は無理としても、最低限必要な数だけでもギリギリ間に合うスケジュールを組むように指令が下りました。

出来ることはただひとつ。

商品センターへ持ち込む直納。さすがに全量は勘弁してもらって最低限必要な数だけキャリーケースに突っ込んで。片道二時間の小旅行です。

まあ、若干楽しみながらではあるけれど午後2時過ぎに目的の駅に着きまして。

上の画像は駅の構内で「本日直送」「新鮮な海鮮が卸価格で」という魅力的な言葉で吸い寄せられるように入ってしまい、何の迷いもなくオーダーしてしまった『本日のお勧め海鮮丼』(980円)。

 カツオとブリとネギトロがメインの一品。ゴハンは無料で大盛りに出来るという事なのでお願いしていたり。画像ではよく分からないかもしれないけど、丼の高さが結構あるのでかなりの量のお米を頂きました。大体丼物自体、普通のお茶碗一膳分よりは多いのが普通なんで、どのくらいのお米を摂取したかは押して量るべし。

思いがけずに美味しい丼に出会えていい気分のまま、キャリーケースに突っ込めるだけ突っ込んだ例のブツを無事に納品する事ができたっていう話です。

(納品より先にメシ食ってる事には触れて欲しくない)

 

 

 

あの海鮮丼が忘れられない

f:id:noritama77777:20180613110155j:plain

さすがに毎回毎商品こんな事もしてられないんで、もう少し納期管理、生産管理、お客さんとの適切な交渉を心がけようと思いました。何年この仕事してるんだよって話ですけど。

この日は無事に納品が出来たっていう事で満足したので、いつもよりちょっと早く帰宅。いつもならヨメが作ってくれる料理の残りを片付けるというディナーが多いんだけど、今日はギリ一緒に食べられそう、という淡い期待は家に着いた瞬間に打ち砕かれるのです。家に電気が付いていなかった時点でイヤな予感はしていたんだけど。

 

隣のご家族とキッザニアに行くって言ってたわ.......

 

スポンサーリンク

 

 

もうね、老化の加速が止められないんです。朝言われた事完全に忘れてるし。老眼も出て来てるし。

という事で冷蔵庫に残っている食材を確認した所、鮭の切り身、塩辛、キュウリ、鮪のパックを発見したのです。昨日の夜にスーパーで買ったお刺身食べたって事を完全に忘れてたのも残念な老化の影響なのです。

ボクはウマい物なら何日でも連続で食べられます。だからカレーも3日連続で食えるし。だからこそ3日目のカレー最強説も出てきたんだし。

昼の海鮮丼の思い出が色あせないウチに再現しようという想いだけで作ってみた一品。鮭を焼くのだけちょっとメンドくさかったけど、あとは基本のっけるだけだから所要時間10分かからないくらい。キュウリなんか包丁使わないで手で引きちぎってるし。

市場直送と冷蔵庫直送の違いはあるけれど、言いたい事は一つだけ。

海鮮丼サイコ―!

(ホントは寿司の方がすきー)

 

スポンサーリンク