ティロ・フィナーレ

仕事も遊びも子育ても。ゆるく斜め上へ向かって楽しむ為のブログです。

今からでもドヤ顔できるワールドカップの小ネタとかトリビアとか雑学とか

f:id:noritama77777:20180619185257j:plain

前にも言ったかもだけど、子供の頃はサッカー少年でした。でも中学校がピークで高校では入部2週間でヤメました。こいつはついていけないぞって。大学でリベンジ狙って体験入部(体育会じゃなくて同好会系のゆるい方)したものの、こいつはついていけないぞって(2回目)。都合のいい解釈をすると、自分のキャパとか能力をちゃんと把握していたという事で。

まあ、オレには無理だー、疲れるしっていうのが本音でした。

 

スポンサーリンク

 

 

さて、ワールドカップ。

自分でやるのは簡単に挫折したボクですけど、見るのは今でも好きでして。この時期は寝不足覚悟。次の日の仕事は気にしません。いつも眠そうにしてたのがここで効いてくるから。

幸いヨメもサッカー好きなんで、貴重な夫婦の共通話題が毎日の様にある夢の1か月なのです。

日本代表を応援するのも世界のスーパープレイを見るのも楽しみなのだけれど、ちょっとした小ネタとかトリビアとかを知っておくと通ぶれるから。知ってる人もいるかもですが、これを見てワールドカップ、サッカーに興味を持つ人が増えてくれると嬉しいです。

 

日本はワールドカップの招待を断った事がある

f:id:noritama77777:20180619112605p:plain

日本の初出場は1998年のフランス大会です。「ジョホールバルの歓喜」「外れるのはカズ、三浦カズ」ね。16回目のワールドカップで念願の初出場を果たしているんだけど、実はせっかく出れる権利があったのに辞退した事があるのです。

1930年のウルグアイ大会、記念すべきワールドカップの第1回大会です。当時は予選がなく日本は協会から出場の打診があったのですが、なんと断ってしまいました。理由は交通事情との事。仕方ないといえば仕方ないんだけどもったいないなあ。

 

アジアで最初にワールドカップ出場した国

f:id:noritama77777:20180619113653p:plain

韓国でもサウジでも、もちろん日本でもなく。1938年にインドネシア(当時は「オランダ領東インド」)がアジア勢として初めての本戦出場をしています。

ちなみにこの大会の時のアジア枠は「1」で、予選に参加していたのはインドネシアと日本だけ。1回勝てば本戦出場だったんだけど、日中戦争の為に日本がエントリーを取り消した事でインドネシアがそのまま出場したのです。

ナシゴレン食べながら戦ってたのかな。

 

全試合無得点だけど優勝できなかった

f:id:noritama77777:20180619114624j:plain

2006年ドイツ大会。スイス代表は1次リーグで韓国に2-0、トーゴに2-0、フランスと0-0の引き分けという素晴らしい結果で決勝トーナメントに進みました。ベスト8をかけたウクライナとの1戦。お互い譲らずに0-0の引き分けでタイムアップ。PK戦の末0-3で敗退してしまいました。

4戦戦って1点も取られていないのにベスト16止まりという悲しみ。

 

選手でも金、監督でも金

f:id:noritama77777:20180619121559p:plain

名選手は名監督にはなれないと言われる事がありますが、選手としてワールドカップで優勝した後に監督としてもチームを優勝に導いたレジェンドが2人います。

ブラジルの「マリオ・ザガロ」、ドイツ(西ドイツ)の「フランツ・ベッケンバウアー」。どちらも名前は聞いた事あるのでは。

ちなみに今大会のフランス代表の監督は「ディディエ・デシャン」。選手としては優勝経験があるので、今回フランス代表が優勝するような事になったら3人目のレジェンドになるという事です。

 

 

 

優勝トロフィーは選ばれた者しか触れられない

f:id:noritama77777:20180619121118j:plain

ジュール・リメ杯」っていうのが正式名称。

このトロフィー、ルパンが標的にしないのが不思議なくらい貴重でプレミア感満載の物。実際に触っていいのは、優勝した実績のあるチームのメンバーと国家の元首(自国にある時だけ)なのです。

だから、ペレはOKだけどジーコはダメ。ジダンはOKだけどプラティニはダメ。イニエスタはベタベタ触ってもいいけどラウルは指一本触れられないのです。

ちなみに女子代表がワールドカップで優勝した時の事、首相官邸に代表メンバーとトロフィーがやってきたんだけど何がどうなったのか当時の官房副長官(仙石さん)がいきなり触ってしまうという暴挙に出たという残念な伝説も残っています。

 

トロフィーは2つある

f:id:noritama77777:20180619152253p:plain

トロフィーって優勝した国が次回まで所有権を持つ事になっています。だけどこのトロフィー、実は金メッキのレプリカなのです。オリジナルの所有権はFIFAにあるので、表彰式が終わるとすぐに回収されて厳重に保管されてしまいます。

理由は↓で。

 

トロフィーは2回盗まれている

f:id:noritama77777:20180619153943j:plain

さっき、ルパンが云々って言ったけど、アレ嘘だから。実際にトロフィーは盗難にあっているのです。しかも2回。

1回目は1966年の展示期間中。金銭目的で盗難にあってしまいます。犯人は捕まったのですが肝心のトロフィーが行方不明だったんだけど、ある家の犬が自宅の庭に埋められているトロフィーを発見、っていうミラクルで無事に戻ってきたのです。リアル「ここほれワンワン」かよ。

その後トロフィーはブラジルに永久譲渡されるんだけど、2回目の盗難はその後に起こります。1983年の事、当時のブラジルは経済的にも政治的にも混乱していて犯罪も多かったんですね。トロフィーを保管していた協会ですら鍵がかかっていなかったとか。容疑者は逮捕されたんだけど、トロフィー自体はなんと未だに行方不明。公式には「現在も捜査中」となっているけど、まあね(お察し)

こういう歴史があるので、トロフィーのオリジナルはFIFAの所有権のもとに強固な警備がされているのです。

 

スポンサーリンク

 

 

優勝した経験のある国は○ヶ国

f:id:noritama77777:20180619155011j:plain

優勝した事のある国って何か国くらいのイメージですかね?ブラジルは何回か優勝してるし、イタリアも強かったし、まあ15か国くらいかな、と思ってたんだけど実は意外と少なくて。

・ブラジル(5回)

・イタリア、ドイツ(4回)

ウルグアイ、アルゼンチン(2回)

イングランド、フランス、スペイン(1回)

これだけ。8か国だけなんです。っていうかブラジル5回も優勝してんだな。

 

歴代大会を3行で

f:id:noritama77777:20180619185257j:plain

過去20回の大会のキーワードを3行でダダダッと。これだけ覚えておけば通ぶれる、かも。

第1回(開催地:ウルグアイ

優勝:ウルグアイ

参加国は13チーム

ほとんどが南米、ヨーロッパの参加は4か国のみ

第2回(開催地:イタリア)

優勝:イタリア

初の大陸予選

当時のイタリアはファシズム真っ只中

第3回(開催地:フランス)

優勝:イタリア

2大会連続のヨーロッパ開催には反論が多く、ウルグアイとアルゼンチンが出場を辞退

初の開催国と前回優勝国の予選免除

第4回(開催地:ブラジル)

優勝:ウルグアイ

第二次世界大戦の影響で中断されていた為、12年ぶりの開催

マラカナンの悲劇」

第5回(開催地:スイス)

優勝:西ドイツ

FIFA創立50周年という事もあり本部のあるスイスでの開催

ウルグアイがワールドカップで初の敗戦

第6回(開催地:スウェーデン

優勝:ブラジル

初のテレビ中継

ペレの登場(17歳)

第7回(開催地:チリ)

優勝:ブラジル

2年前の大地震からの奇跡の開催

「悪魔の化身」ガリンシャ

第8回(開催地:イングランド

優勝:イングランド

ラフプレーが多くみられた為、次回からカード制を適用する事に

ボビーチャールトン、ベッケンバウアーの登場

第9回(開催地:メキシコ)

優勝:ブラジル

ブラジルが3度目の優勝でジュール・リメ杯の永久所有権

その後盗難の被害

第10回(開催地:西ドイツ)

優勝:西ドイツ

オランダの「トータルフットボール

2次リーグ制の導入

第11回(開催地:アルゼンチン)

優勝:アルゼンチン

クライフの出場ボイコット(軍事政権主導の大会への抗議的な側面も)

アルゼンチンの不安定な政治情勢の中での開催には賛否両論

第12回(開催地:スペイン)

優勝:イタリア

ブラジルの「黄金の中盤」(ジーコファルカンソクラテストニーニョ・セレーゾ

幻の得点(フランスVSクエート)

第13回(開催地:メキシコ)

優勝:アルゼンチン

マラドーナの為の大会『神の手』『5人抜き』

プラティニを中心としたフランスの「シャンパンサッカー」

第14回(開催地:イタリア)

優勝:西ドイツ

西ドイツとしては最後の大会(東ドイツとの統合が控えていた為)

ベッケンバウアーが選手、監督共に優勝するという偉業を達成

第15回(開催地:アメリカ)

優勝:ブラジル

オウンゴールをしてしまったコロンビアの選手が射殺されてしまう

初の決勝戦がPK決着。それまで毎試合得点をしていたロベルト・バッジオが最後に外してしまうという幕切れ

第16回(開催地:フランス)

優勝:フランス

日本が初のワールドカップ出場

前回出場すらできなかったフランスがジネディーヌ・ジダンの活躍で初の王者に

第17回(開催地:日本と韓国の共同開催)

優勝:ブラジル

アジアでの開催、2か国での共催、共にワールドカップ史上初めて

フランス、ポルトガル、アルゼンチン等の強豪がグループリーグで敗戦するという番狂わせが多くみられた

第18回(開催地:ドイツ)

優勝:イタリア

フランスVSスペインでの人種差別発言が物議を醸す

勝戦ジダンがレッドカードで退場。ジダンの現役ラストマッチだった。

第19回(開催地:南アフリカ

優勝:スペイン

「グループリーグの初戦に負けたチームは優勝できない」というジンクスをスペインが初めて打ち破る

イニエスタの芸術的ボレーで決着。スペインが名実共に無敵艦隊に。

第20回(開催地:ブラジル)

優勝:ドイツ

ブラジルが7-1という歴史的な大敗。ブラジルではショックのあまり自殺してしまう人も。

ドイツはグループリーグから決勝戦まで無敗での優勝。

 

という事で。

とりあえず小ネタは仕込んでいただけましたでしょうか。

ただいま6月19日の19:00過ぎ。もう少しで日本の初戦がはじまります。どこかのお店でワイワイ見るのもよし、ひとりでチビチビ飲みながら見るのもよし。

4年に1度のお祭りです。楽しみましょう。

 

ではまた。