ティロ・フィナーレ

仕事も遊びも子育ても。ゆるく斜め上へ向かって楽しむ為のブログです。

2018年ロシアワールドカップ/グループリーグ結果のまとめ/通ぶる為の小ネタ

f:id:noritama77777:20180629191429j:plain

 

 

長い1か月のお祭りも前半戦が終わりました。

ここからはマジもんのガチもんの戦いが続く決勝トーナメントです。さすがにグループリーグ全試合は見られなかったけど、時間と体力の許す限り観戦したつもり。詳細な解説は専門のサイトさんにおまかせするとして、最低限のうわっつらの結果と考察、それと通ぶる為の小ネタをまとめてみました。

豆知識的な感じでドウゾ。

 

スポンサーリンク

 

 

グループA

f:id:noritama77777:20180629091924j:plain

1位:ウルグアイ

2位:ロシア

開催国ロシアの圧勝で幕を開けた2018年ワールドカップ。

前評判通りの2チームが無難に決勝トーナメントへ進出したっていう感じです。正直組み合わせに恵まれた感は否めないと思いますが、ロシアには開催国というプレッシャーもあっただろうし。

ウルグアイスアレスは所属するバルセロナではメッシと組む程の素晴らしい選手ですが、過去にはかなりのお騒がせ実績もあるのです。

www.soccer-king.jp

 

グループB

f:id:noritama77777:20180629091948j:plain

1位:スペイン

2位:ポルトガル

 初戦でいきなりスペインとポルトガルが対戦。3-3の引き分けでお互いに勝ち点1を分け合うという結果になりました。組織のスペインと個のポルトガルっていう印象でしたね。

ロナウドは1人で4得点の大活躍。順調に勝ち進めば得点王も見えてくる位置につけています。

アジアでは最上位のイランとアフリカ予選では無失点のモロッコ、この2チームがどんだけかき回せるのか注目していたんだけど、番狂わせはおきませんでした。

 グループC

f:id:noritama77777:20180629092014j:plain

1位:フランス

2位:デンマーク

フランスは2試合終了時点で無難に突破を決めていて、ペルーが2連敗していた為、2位争いはデンマークとオーストラリアに絞られた。という状況で迎えた最終節。

デンマークのフランスとの対戦は今大会初のスコアレスドロー(37試合目)でしたが、これによってフランスの1位突破とデンマークの2位通過が決定しました。

フランスの『10番』っていうのはプラティニジダンベンゼマがつけていた伝統的なエースナンバーなんだけど、今回10番を付けているムバッペは19歳という若さ。ペルー戦で決めた得点はワールドカップ史上最年少得点の記録なのです。

そして、アジアでは日本がしょっちゅう苦しめられているオーストラリアが1勝も出来ずに姿を消してしまいました。

グループD

f:id:noritama77777:20180629092029j:plain

1位:クロアチア

2位:アルゼンチン

クロアチアの強さが際だったグループでした。初戦でナイジェリアを2-0で下すと、そのままの勢いでアルゼンチンにも3-0の圧勝。突破が決まっている3戦目も2-1でアイスランドに勝利して文句なしの1位抜け。

逆にアルゼンチンのヤバみが話題になっていましたね。初出場のアイスランドにまさかの引き分け。そのままクロアチアに負け。3戦目の結果次第ではグループリーグ敗退の可能性も十分にある中、やっと出たメッシの得点等でなんとかナイジェリアに2-1の勝利。コレによってアルゼンチンが2位通過する事に。

個人的には、アイスランドの堅さ(メンタル的な事じゃなくて守備的な意味の)がスゲーなって。

 

 

 

グループE

f:id:noritama77777:20180629092044j:plain

 ブラジルの突破は確実視されていたんだけど、初戦のスイス戦ではまさかの引き分け。ブラジルは前回大会から連続して9試合連勝していたんだけど、この記録がここで途切れました。

注目は2位争いでした。スイスとコスタリカの試合は2-2のドロー。ブラジルがセルビアに勝利して1位抜けを決めた事によりスイスが2位で突破する事になりました。

ネイマールコスタリカ戦の後に号泣してたのが印象的でした。あの人クラスでも重圧みたいな物に苦しめられる事もあるんだなと。当たり前だけど。

 グループF

f:id:noritama77777:20180629092058j:plain

 組み合わせ決まった瞬間、「うわあ」って思いました。毎回必ず発生する”死のグループ”がここで登場。

ボクの優勝予想はスウェーデンなのです。【DON部】セネガル戦を見ながらの丼2つ(時刻は0:00をまわっております)

 順当にドイツ1位のスウェーデン2位かなと。っていうド素人予想は初戦でボッコボコにされることになるのです。

ドイツ、まさかのメキシコに0-1で敗戦。今思うとこの時点でドイツはちょっとおかしかったのかなと。「前回の優勝国はグループリーグを突破できない」というワールドカップの負のジンクスはまだまだ生きていたみたいで。2戦目には我がスウェーデンに2-1で勝利しますが、運命の第三戦、格下も格下の韓国に対して0-2で負けてしまうという大事件が勃発。ドイツは初めてのグループリーグでの敗戦となってしまいました。

2戦目まで見た感じだと「メキシコ半端ねえ」っておもってたんだけど、その半端ねえメキシコに3-0で勝った我がスウェーデンはもっと半端ねえのではなかろうか。

ちなみに我がスウェーデン(我が我がうるさい)が韓国と戦った際には今回から導入されたVRA判定で獲得したPKで勝利しています。

 グループG

f:id:noritama77777:20180629092405j:plain

 イングランドのハリーケインが2試合の出場にもかかわらず、5得点を挙げて現時点では得点ランキングトップになっています。対してベルギーはロメルルカクの4得点を筆頭に3試合で9得点という攻撃的なサッカーで1位通過しています。

その結果、日本の決勝トーナメントの初戦はベルギーになりました。ちなみにベルギーは3戦全勝の1位通過、グループリーグ3連勝はベルギーとクロアチアウルグアイの3チームのみ。ベルギーの強さは推して測るべし。

あと、今回初出場のパナマ代表ですが、本来いるべき選手が悲しい事件に巻き込まれてしまい出場出来ませんでした。

www.footballchannel.jp

 

グループH

f:id:noritama77777:20180629092422j:plain

 そして日本。初戦でコロンビアから大金星を挙げると、当初酷評していた各メディアはこぞって手のひら返し。なんだかなあと。「大迫半端ねえって」が流行語大賞とっちゃう勢いで街中で蔓延していました(今でも)

セネガル戦では常にリードされながらもなんとか追いついて貴重な引き分け。

この試合では川島のセービングについて、日本はもちろん各国のメディアがかなり厳しい批評がなされました、確かに見ていて危なっかしかった部分はあるけれど、今大会の日本のキーワードは「手の平返し」なんじゃないかなって思ってる(伏線)

そしてグループ内ではFIFAランキングが一番上位のポーランドが不調で、2戦終了時点で既にグループリーグ敗退が決まってしまいました。

日本の第3戦はそんなポーランドと。1勝は死にもの狂いでとりにくるだろうから日本にとっては厳しい戦いになるのは予想されていたんだけど、西野監督は先発を6人入れ替えるという戦術をとりました。日本は引き分け以上でグループリーグ突破が確定するので、自力での突破を目指したい所。突破の条件は⇒運命のポーランド戦。日本がグループリーグを突破する為の条件を5分で解説。

 結論としては2位で突破です。試合結果は0-1で敗けです。セネガルはコロンビアに0-1で敗けたので、得失点差/総得点/当該チーム同士の戦績、全て同率。

今大会から導入された「フェアプレーポイント」での争いになったんだけど、試合に敗けてるのに攻めずにボールを回して時間を稼ぐという奇妙な感じでした。残り時間でセネガルが点とったら全てが台無しになってしまう超危険なギャンブルを乗り越えての16強。色々言われてるけどボクはアリだと思います。この試合が持つ最優先の目標は「グループリーグ突破」なので。

試合自体は攻撃もあんまり噛み合っていない感じだったんだけど、川島の素晴らしいセービングが目立っていた気がします。

さっきの伏線を回収します。

川島スゲー、川島のおかげで助かった。やっぱり川島は必要だ」-の声の多いこと。何日か前まで「川島オワコン」的な扱いしてたクセに。

まあ終わった事は忘れてですね、決勝トーナメントを1つでも多く勝ち進んでいってほしいものですわ。

 

スポンサーリンク

 

 

日本の決勝トーナメント初戦は

7/2(27:00)のベルギー戦。

それに勝ったらブラジルかメキシコ。

それに勝ったらウルグアイポルトガルかフランスかアルゼンチン。

それに勝ったら........キリがないのでこのへんで。

まあアレだ、ガンバレニッポンって感じ!

 

ではまた。