ティロ・フィナーレ

仕事も遊びも子育ても。ゆるく斜め上へ向かって楽しむ為のブログです。

【報告】プロブロガーになりました。初心者でも「はてなブログPro」にしてみる価値があるのかもしれないと思いました。

f:id:noritama77777:20180703133806j:plain

えっと、本日はお知らせというか業務報告というか戯言というか。

この度、ワタクシ、プロブロガーになりました。

 

スポンサーリンク

 

 

ウソです。
イヤ、ウソっていうか言葉のとらえ方というか、まあ平たく事実だけを言うとですね、

はてなブログのPro契約をしました。

って事。

 

 

前々から考えてはいたんだけど、お金使ってまでやる必要があるのか悩んでいたのです。
所詮趣味ブログ、コレ一本でメシ食っていこうなんておこがましい事は考えらないし、いつ飽きてしまうかも分からない。その上色々と設定変更するのもメンドクサイ。ネットの世界の端っこのさらに端っこでひっそりと生きていければいいや、みたいなスタンスで今まで書いていたのです。

「はてなブログ」に引っ越した理由も書いていたらしいです。あんまり覚えてなかったけど。

 

 

はてなブログProにした理由

f:id:noritama77777:20180704184323j:plain

さすがに有料だけあって優良な機能(韻ふんでみた)が盛りだくさんなのはすごく魅力的で。まあボクにはぶっちゃけ必要ないんじゃない、っていう物もあるけれど。

あえて理由を1つあげるとするならば、

意志表明

って事になりますね。

他人に、ではなく自分への意志表明。なんとなく始めたブログではあるんだけど、気が付いたら1年以上継続出来ていて、記事も100を超えていて、自分が何かを継続する事ってかなり珍しい事で。
せっかくここまで来たんだから中途半端に辞めるのはもったいないなと。あくまでも本業の傍らに自分の好きな事をダラダラと書いて、たまーに誰かにリアクションもらえたらそれで幸せ、くらいの対象だったんです、このブログ。

だけど、このまま無料で続けてたらフェードアウトする感じがしたので、自分を追い込む意味でも多少なりともリスク(課金)を負ってプレッシャーをかけていこうかなと。カッコつけてプレッシャーとか勢いで言っちゃったけど。事実はそんなに真剣に考えてはいないんだけど。
なんていうか、「お金をかけているんだからちゃんとやれよ自分」みたいなイメージで。仕事してメシ食ってムスメと遊んでヨメにいじめられて、っていう日常のルーティンの中に「ブログを書く」っていうフローが自然に入ってこれたらカンペキじゃんって感じ。

なんとなく儀式的に貼ってたアドセンスとかも、ちゃんと仮説と検証を重ねながら真剣に取り組んでみようかとも思ってたり思ってなかったり。
実はボクははてなに来る前は別の所でブログ書いていて、そこで独自ドメインをとってアドセンス申請をしていました。
だから無料の段階でもアドセンス貼れていたんだけど、はてなから始めるケースでは、そもそもProにして独自ドメインにしないとアドセンスの申請が出来ないんですってね。さっき初めて知ったというお恥ずかしい話もカミングアウトしてみたり。

 

 

 

はてなブログProにする事で得られる特典

f:id:noritama77777:20180705103201j:plain

そりゃあ大事なお金を払うんだから、それなりの特典っていうかメリットっていうか、それに見合う対価はあって然るべし。当然はてなブログProにする事で下記の様な特典がついてきます。

こんな感じで。

f:id:noritama77777:20180705105046j:plain


必要あるか?ってのも中にはあるけど簡単に解説しておきましょうか。

ブログが10個まで運営できる!

正直な所、そんなにいらないです。
無料でも3個まで運営出来るって事すらしらなかったし。そもそもボクはいくつも並行に管理できないからコレ1個にまとめた訳だし。それをカッコつけて『雑食ブログ』とか言ってるのです。全く浸透してないけど。
まあ先々の事は今は分からないけど、いつかこの恩恵が受けられる時がきたらラッキーかな程度で。 

重要度:

写真の保存容量がなんと10倍!

無料版だと毎月300MBまでしかアップロードできないのですが、Proになると3GB(=3000MB)まで容量が増やせます。
写真中心のブログを運営されている方には嬉しいメリットかもしれません。ただ、ボクの場合はステキ写真をメインにした物ではないし、そもそもGoogleフォトを使うケースの方が多いので、劇的なメリットはあんまり感じられないのかも。

重要度:

編集履歴がなんと50件までさかのぼれる!

はてなブログでは「編集履歴」機能っていうのがあって、ちょっとしたバックアップ的な使い方が可能です。無料版では5件前までの編集履歴を保存してくれるんだけど、これがなんと50件まで保存できるのです!

えっと、、、、、いらないかな、、、、

50回前の修正を確認しなくては、なんてシーンが全く想像できないです。正直どんな使い方をしている人がこの機能の恩恵を受けられているのか教えて欲しい。

重要度:

ブログメンバー機能(複数人で管理できる)

必要ない!次!

多分この機能を最大限に活かせるのって、外注ライターさんを抱えたメディア系のサイトとかではないかなって思います。だけどそういうサイトって、そもそもワードプレスで運営してる方が多いのではないのかなと。

重要度:

 

ここまで見てると全然Proにするメリットが無い様な気もするんだけど、もう少しお付き合いして頂きたい。

 

 独自ドメインが設定できる!

さっき書いた様に、はてなブログでアドセンスの申請をしようと思うのならコレは必須。だけど既にアカウントを持っているとか、そもそもアドセンスいらねーよって人だったら単純に好みの問題かと。独自ドメインとるのにもお金かかるし。
ボクはとりあえずは独自ドメインにするのは次の段階でいいかなって思っています。
思いのほかブログ熱が下がらずに「よっしゃWPいくか」みたいになった時に引っ越しがスムーズなので、そういう雰囲気になったらでいいかな。

重要度:★★★

 キーワードリンクの自動オフ

はてなブログを始めた頃には特に気になる部分、いくつかのワードに下線が引っ張ってあってコレをクリックするとWiki的な別ページへ飛ばされます。
無料版を使っていた時から感じていたはてなブログの一番のデメリット。なんの意味があるのか理解できなかったし、Proにすれば(お金払えば)外してあげますよって言われてるみたいで、あんまりいい気持ちはしなかった。
記事によっては半分以上のワードに下線が付いていて、記事が読みにくい物になっていたので、CSSを使って下線が見えない様にしていました。

重要度:★★★

ヘッダとフッタを非表示に出来る

f:id:noritama77777:20180705121008p:plain

コレは地味に嬉しい。
無料版だとどうしても「はてなさんの家に居候させてもらっています」感がぬぐえない所なんだけど、コレを非表示に出来ると「はてなさんに家賃を払って自分の部屋を借りています」くらいにはレベルアップする。
で、独自ドメインとればアパートの賃貸から戸建て(まだ借家だけど)へステップアップ。最終形態としてはワードプレス+自前でサーバー用意+独自ドメインのコンボで土地付き一戸建てに。
まだそこまで考えてませんけど。
ただ、このヘッダからダッシュボードにいくクセがついているので慣れるまでは戸惑うかもしれないなあ。

重要度:★★★★

広告非表示

コレな。かなり重要なポイント。お金払う価値があるってもんですよ。
どういう事かというとデフォルトで入っている広告を消せる⇒開いたスペースへ自前の広告を入れる⇒あわよくば収入に⇒幸せな世界、みたいなイメージ。
自分のブログに自分以外の広告が入ってるのって、すごくもったいないと思いますよ。さらにデフォルトで入っている広告スペースが一番いい場所らしいし。
あと、使用するブログテーマによっては、デフォルトで広告が貼られているとデザインが崩れてしまうものもあるとの事。
っていうか、ボクがProにしようと決めたのは、このテーマを使いたかったという部分が大きいのです。

マテリアルぽっぷ - テーマ ストア

重要度:★★★★★

スマホ版のカスタマイズ

最後にコレ。っていうか半分以上この特典が決め手。
Googleも「モバイルファースト」を推奨している事から分かる様に、今では大半の読者さんのアクセスはスマホからだと思います。なのにですよ、無料版だとカスタマイズの制限があるので、見てる人からしたら多少なりともストレスはあると思うんですよね。
今まではPCのデザインをレスポンシブして無理やりごまかしていたけど、ココはカスタム欲がムクムクと湧き上がってくる所でもありそうで。
自分では何にもできないからセンパイ方のカスタム術を頂くだけなんだけど。

重要度:★★★★★★★★★★

 

Proにするタイミング

f:id:noritama77777:20180705135232j:plain

これは人それぞれなので、自分のタイミングでいいと思います。別に永遠に無料版でも問題はないと思いますし。
ただ、ある程度ブログをストレスフリーで継続していきたいのならProに契約した方が便利だよってくらいのとらえ方ですね。
ボクが考えられる「Pro化するタイミング」はこんな感じ。

 

収益で元が取れる見込みが出来た時

1日あたりのPVが200~300で安定してきて、アドセンス等の広告収入とProにかかる経費とがペイする見込みがあれば、実質出費はそれ程負担にはならないです。
ボクも今ココです。

 記事数がある程度たまった時

「ある程度」が何記事なのかは自分で線引きをすればいい。
100記事で手応えを感じる人もいれば、300記事書いてもまだ不安がある人もいて当たり前。
この段階になると、リライトだったりSEO対策だったり考えてもいいと思うのでProの機能が便利に感じられると思います。

「ブログを書く事」が生活の一部になった時

ボクもこの状態になりつつあります。
街を歩いていたり、普通に仕事してたり、家でダラダラしていたり、普通に生活している時でも何かネタになりそうな物を探している自分がいて。
会社で書類作成をしているフリしながらブログ書いてたり、プレゼン資料を作ってるフリしながら使えそうな画像を集めたり、ブログに関わる事が日常の中で自然になっているのであれば、無駄にはならないと思います。
良い子(良い大人)はマネしない方がいいと思うけど。

 

これはごく一部の考えなので、必須ではないです。
一番大事なのは、自分で考えて自分で決める事。

Proにしたいと思った時がProにするべき時

ですよ。マジで。

 

スポンサーリンク

 

 

はてなブログとワードプレス

f:id:noritama77777:20180705143450j:plain

そしてブログが生活とか頭の中の大半を占める様になったのならば、はてなを卒業するのも選択肢に出てくると思います。
よく「はてなブログとワードプレス、どっちがいい?」みたいな比較がされているけど、個人的には別にどっちでもいいと思います。
最終的には記事の内容がよければ、正当な評価は得られるのでね。
何を目的としてブログを書くのかで使うべきプラットフォームは変わってくるって感じ。

はてなブログのメリット

・初心者でも割とスムーズに入っていけるやさしさ
・最初は無料で始められる
・「はてぶ」の存在は意外と大きい
・最初からドメインパワーの恩恵を受けられる(SEOに強い)

はてなブログのデメリット

・無料版のままだと制限多過ぎ
・気が変わってワードプレス等に移行する時にメンドクサイ
・あくまでも「はてな」から借りているだけなので、何かあった時の保障が無い
・人気のテーマを使っていると他人とかぶる事が多い=個性がだしにくい

ワードプレスのメリット

・カスタム楽しい
・100%自分の物になる
・WEBスキルがUPする(実際にWPでサイトを発信していた事をアピールして転職時に有利になった知り合いがいます)

ワードプレスのデメリット

・費用がバカにならない(サーバー、ドメイン、ブログプラットフォーム)
・最初の内はSEOがメチャメチャ弱い
・ある程度の知識が必要
・守ってくれる会社がないので全て自己責任

 

初心者でとりあえずブログってもんをやってみたい
カスタマイズとかはある物でいいので、記事を書く事をメインにしたい
という人ははてなブログ

まとまった収入をもたらすブログ、アフェリエイトサイトもやってみたい
デザイン、カスタマイズには絶対に譲れないこだわりがある
規約に縛られないで自由にやりたい
という人はワードプレス

がそれぞれ合っているんじゃないかなって思います。初心者的な意見で恐縮ですけど。

 

最後は自分のモチベーション

f:id:noritama77777:20180705143559j:plain

ボクはこの時点ではてなブログのProに移行しているんだけど、それがゴールだとは思っていません。唯一無二の正解だとも思っていないので、みんなに「なんではてなブログProにしないの?バカなの?」って言うつもりは1ミリもないです。
逆にワードプレスでゴリゴリのアフェリエイトやっている人におんなじ事言われたら「うるせー、人にはそれぞれのスタンスがあんだよ」って言ってやります。

要するに、ブログは誰に強制されて書く物じゃないし、その書き方とか運営の方法とかも好きにやればいいって事なんじゃないかなって思うのです。
自分のモチベーションが高いのなら経費をかけてでも気合を入れてやればいい。もしモチベーションが無くなっちゃったのなら辞めるのも自由だし。

モチベーションをあげて、そしてそれを維持する為には知識を増やす事も必要だし、孤独な環境に陥りがちな状況を打破するような仲間の存在もいいかもしれません。

ボクが今回はてなブログのProに移行したのは、ブログが楽しくなっている事に気が付いたから。

当面はコンスタントに記事を書いて、多少は外部との交流も視野に入れながら今以上に楽しんで行こうと思っています。

1日1記事はゼッタイ、とか変な縛りをつけないで自由にダラダラと。元々このブログにつけていた「知らなくても別にいいけど知ってたらちょっと嬉しいヒマツブシメディア」っていうキャッチコピーのまんまで進む所存でゴザイマス。

 

ではまた。