ティロ・フィナーレ

仕事も遊びも子育ても。ゆるく斜め上へ向かって楽しむ為のブログです。

はてなブログProにして3日。やった事、やりたい事、やってる事をまとめておく。

f:id:noritama77777:20180709140337j:plain

 

先日ノリと勢いでPro契約をしました。

やったらやったでいろんな所の設定というか、調整というか、まあ平たく言うとメンドクサイのです。自分で忘れない為、みたいな意味合いが強いのですが今現在でやった事、やりかけている事、やりたい事をまとめておきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

なんでProにしようかと思ったかは、前回書いた通り。

【報告】プロブロガーになりました。初心者でも「はてなブログPro」にしてみる価値があるのかもしれないと思いました。

ブログのデザインを変えたかったのが大きかったのと、ブログ自体継続出来そうなイメージが固まったから。

 

 

ブログテーマを『マテリアルぽっぷ』へ変更

f:id:noritama77777:20180709142716j:plain

マテリアルぽっぷ - テーマ ストア

 

なんとなくカード型のレイアウトがいいかなと思ってた所に偶然出会ったコチラのテーマ。

控えめに言って理想のデザインでした。カード型のレイアウトにマテリアルデザイン(っぽい)外観。ボクみたいなWebシロウトでもなんとなく形になってしまいそうなニオイがしたので即決。

早速インストールして、まず手を加えたのはこんな感じ。

  1. 本文のフォント変えた
  2. 装飾のカラー変えた
  3. プロフィール欄見直した
  4. ヘッダ部分を画像に変えた

これだけでも自己満足出来るに値するんだけど、まさかの作者様よりアドバイスを頂きまして。

確かに画像の背景色とデフォルトの背景色がマッチしていなかったんだけど、まあいいやくらいに軽く考えていたのです。ボクの作業を追い越すタイミングでのアドバイス、マジで感謝です。

豆ゴロ様

豆ゴロ@副業ブロガー (@asgard_yumu) | Twitter

この場を借りてお礼を。 

装飾のカラーの変更とかプロフィール欄のカスタムとかは、豆ゴロさんのサイトで書かれている事を参考にしたら簡単にできました。

 

 

 

少しいじった所

f:id:noritama77777:20180709191025j:plain

 基本的なアレンジは豆ゴロさんのサイトで賄えているんだけど、細かい所は自分で調べたりしましたね。

 SNSフォローボタン

 前から使わせてもらってるデザインをちょっと変えてみたりして。
参考にしたのはコチラも超有名なゆきひーさん。

www.yukihy.com

 

フォントのサイズ、行間の指定とか

基本的には前のままがよかったので、バックアップしてるのをそのまま。

太字を蛍光マーカー風に

こんな感じになるようにしています

今回少しだけ見え方が変わる様に設定。参考にしたのはコチラ。

www.ringocatnote.com

 カラーと太さだけ少しアレンジしました。

 

囲み枠の種類をいくつか

POINT

こんなのとか 

コチラもドウゾ

こんなのも

使い勝手がよさそうなのも

今まであんまり使ってなかったんだけど、読みやすさを考えたら適度に囲み入れていくのもアリかなと思いまして。

saruwakakun.com

全部コチラでお世話になりました。超有名人。ボクなんかが接するのが恥ずかしいくらい。

 

ブログ村のリンク外した

あんまり深い意味はないけど、少しスッキリしたのではないかと。

 

やりたいけど出来ていない所

f:id:noritama77777:20180709191244j:plain

まだ調べ方が甘いのと、そもそもボク自身の知識が足りていないのと。
直せる余地があるのなら直したい。ヘルププリーズ。

 

一覧画像のサムネイルが拡大されたままで

f:id:noritama77777:20180709185817j:plain

特にスマホで見た時が顕著なんだけど、せっかく一覧表示が出来るProなのにどうしてもアイキャッチの画像がしっくりこないのです。
豆ゴロさんも薦めてくれたサイトも参考にしたんだけど。

はてなブログ「一覧形式」の画像をオリジナルのものに変える - IMUZA.com

まあ、もう少しやってみます。

 

記事タイトルと見出しのフォント変えたい

f:id:noritama77777:20180709190437j:plain
f:id:noritama77777:20180709190447j:plain

テーマの作者さんには失礼な話なんだけど、この部分のフォントを変えたいのです。
CSSの優先順位なのでしょうか、どうしても変えられないのです。

まあ、もう少しやってみます(2回目)

 

「最新記事」にサムネイルをぶっこみたい

f:id:noritama77777:20180709190757j:plain

まあ、もう少し(3回目)

7/17追記

完全にボクの確認ミス。
「画像を表示」みたいな所にチェック入れ忘れてた。ああハズカシイ。

 

スポンサーリンク

 

 

絶賛進行中案件

f:id:noritama77777:20180710011642j:plain

やりたい事とかやらなきゃいけない事は山ほどあるんだけど、ある程度優先順位をつけていかないとワチャワチャしてしまいそうなので。

 

過去記事のリライト

リライトって簡単に言ってしまったけど、正しいリライトの方法自体よくわかっていない状態なのです。
「アクセスの多い記事を中心にしてとりあえず1記事目から順番にキーワードを洗い出しながら」みたいな正攻法をやるほどにデータがないので、とりあえず1記事目から見直して、言葉使いとか誤字脱字とかを見直しつつ、より読みやすい文章になるように修正していこうかと。
どうしようもない記事も初期にはあると思うので、リライトして修正するよりは思い切って一度削除してから新しい記事を書くベースとして使った方がいいのかもしれません。
記事の「リライト」っていうよりは「リサイクル」って言った方がしっくりくるな。

 

画像も見直し

最初の頃は記事の内容に合うかどうかはあんまり気にしないでアイキャッチの画像を選んでいた傾向があります。
なんでもかんでも「ぱくたそ」さんから。
正直に言うと、ゆかちぃさんカワイイなあって思いながらそればっかり使ってた。

kbd.hatenablog.com

 さすがに人気の画像ばっかり使ってると、どっかで見た事ある感がハンパないなあって最近特に思います。
今回使わせてもらっているテーマでは、なおさらアイキャッチの重要性が大きそうなので大掛かりに変えてしまうのも手かなと。

kbd.hatenablog.com

 

カテゴリー整理

「雑食ブログ」をうたっている以上、記事の内容にはこだわらずに面白そうなものにはなんでも食いついていくスタイルはそのままでいこうと思っています。
だけど、最低限のすみわけはしておいた方がいいかなとも思っていて、その為にはカテゴリーの見直しが必要なのではないかと。
特に推せるテーマがない時にやってしまいがちなのは、「雑記」とか「日常」とか読んでくれる人が困ってしまうようなカテゴリーにしてしまう事。ひどい時には「未分類」なんてつけてしまう事も。
考えてみたら、一般人の雑記なんて誰が読むんだよって。
細かく分けること自体は別に抵抗はないんだけど、そういうボヤっとした区分けはできるだけ避けようと思います。

例えば「コラム」とかにしたらどうだろうか。なんか知的なイメージが付かないだろうか。

100のやりたい事リスト

最近ブロガーさんの中でよく見るヤツ。最初は流行ってるからってみんなやってるな、的に斜め上からみていたんだけど、ちょっとだけ気にはなっていたので目についたブロガーさんのをいくつか読ませてもらったのです。

azu3.com

www.imokotohon.com

www.underground-mogura.com

 

ボクもやろう。

秒で決断しましたね。発表する事よりも100個のやりたい事をひねり出して書き出す事に意義、意味があるんだって。

 

ブログに真正面から向き合いたい

さっき思いついた事。
この記事書いている途中にビビビってきた。今までのボクのブログ書きスタンスとしては、仕事しながら気分転換に(仕事してるフリしながら)適当に書いていたレベル。

今のボクは肩書きに○○ブロガーなんてつけられる資格はないと思っています。

ちゃんと設計図書いて、読んでくれる人の事思い浮かべて、世の中に堂々と発信できるレベルの文章を心がける。ここまで出来て初めてブロガーのはしくれとしてプロフィールに書くことができるのではないかと。

改めてブログの事を考えてみると、メリットしかないなって思うのです。
ライティングのスキルもつくだろうし、発信力の訓練にもなるから本業にも役立つし、普通に生活していたら絶対に接点がないであろう世界の人たちとつながることだって可能で。
さらに1から自分で立ち上げたブログを試行錯誤しながら成長させていくという事は、一つの事業を育てていくこととなんら変わりがないのです。
プロジェクトの立案⇒仮設、検証⇒修正⇒完成⇒メンテナンス⇒継続した事業

リアルワークと全く同じ。
ちょっと真剣にやってみようかと改めて思った次第です。

こんな感じで新生ティロ・フィナーレは今まで以上にゆるい感じのヒマツブシメディアとして進んでいくと思います。

生暖かい目で見守って頂けるとニヤニヤします。ボクが。

 

ではまた。